« まつり | Main | 大晦日 »

August 12, 2016

Conversation with the Blues

 邦題 : ブルースと話し込む

 泣く大人も黙るポール・オリバー氏の1965年の著書。
 新邦訳版が再販となったので、さっそく。。。
 ルーツ系の音楽史本などは、手に入る限り目を通すようにしているが、これはまだだった。

 Conversation_blues

 なかなか翻訳本が無かったりするんですよね。
 出版されてもすぐに絶版になったり。
 手に入るうちに買っとかなきゃ(笑)
 
 これは、まぁイタンビュー集ですね、ブルースマンたちの。
 でも、今となっては大変貴重なお言葉が・・・当時はご存命だったブルーズマンの方々。
 まー良くこれだけ話し込んできたもんです、感心します。

 信頼を寄せる某ブログでも話題になって?ましたが、ブルースマンたちの喋りが、なぜか方言が多い、と。
 Cafesolog
 いや、マンス・リプスカムのとこか?
 
 でも、こういう翻訳って、そこが面白みでもある。
 たしかに読みづらい部分はあったけど(笑)
 
 たまに自分でも英語の歌詞を和訳してみるんですよ。
 そのときに思うのは、作った人や歌ってる人の事・・・。
 たとえば ” I ” (私)をどう訳すか。
 もちろん女性と男性では違うし、年齢のこともある。
 この人ぁ「ボク」とは言わないよなぁ、やっぱ「俺」か?
 「わたくし」じゃ語呂が悪いし、「あたし」? 「おら」? 「拙者」はないよなー。
 とかね、見た目とか、色んな情報による人柄、そして出身地など・・・。
 
 あ、あと思い出したけど、昔「コンバット」ってアメリカの戦争モノTVドラマ。
 あれの登場人物、出身地によって訛りがあった。
 これが秀逸で、ほんとに違和感無く楽しめた。
 口の動きにも合わせなくちゃならないでしょ? よく考えられて翻訳されてました。 
 訳者はきっと大変だったろうなぁ。 いやきっとスゴイ人に違いない。

 あれ?
 話がずれた?
 でもま、気になってた本だったので、面白かったです。
 あー、まだ読みたいのがあるんだよなぁ。。。
 


|

« まつり | Main | 大晦日 »

Comments

信頼を~なんて…。ウソばっかし…。
これじゃ、僕ひとり悪もんじゃん(笑)。

英詩の和訳の件ですが、この本にも和訳された歌詞みたいなのが
けっこう載ってるでしょ。
で、何回も読み返すんですが、なんだか今一つ意味が通じてこないというか。
注釈でも入れといてくれればなあと思うんですが。
は? そんなことはない?って。
やっぱ、僕ひとり悪もんじゃん。

Posted by: かふぇそ | August 12, 2016 at 21:38

■かふぇそ さん
あー、怒ってる。。(笑)
いや、こういうところをズバっと指摘できるのがCafesologの信頼の素と思ってますが。
俺なんかもう、違う話題に逃げちゃってるし・・。

掲載されてる歌詞の件ですが、ぼくは殆ど飛ばして読みました。
その曲を聴きながら、というか思い出しながら読むのが面倒になって。
気になった曲は後で読み返してみようかな・・なんて。
たしかに注釈は必要ですね。
ま、言ってしまうと、全体的に読みづらい文章の本でした(笑)

Posted by: ken-G | August 13, 2016 at 15:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/64049354

Listed below are links to weblogs that reference Conversation with the Blues:

« まつり | Main | 大晦日 »