« 電気 | Main | まつり »

June 04, 2016

Effects

 性懲りもなく、またやってみた。
 といっても、以前にやったときから、ずいぶんと経っているが。

 たまたま手に入れた古い「Cry Baby」、おなじみのペダル・エフェクトであった。
 んでも、ちょっと、なんだか、気に入らない。

 手持ちのコンデンサーやら、キャパシタ、抵抗など探してみたら、なんとかイケそうな!
 で、ちまたで言われる「モデファイ」・・・ま、つまり改造した。

 Wah

 ん~、なかなか良い具合にワウってきました。
 いいね。
 茶色い Fasel のインダクターって、初めて見たなぁ。
 でもま、いつもの感じになったのでヨシ!です。

 まぁ思うんですけどね。
 この”音”ってヤツですか?

 ワウにしろ他のエフェクトだったり、ギターのピックアップだったり。
 交換しても、概ねお客さんには気づいてもらえない。
 へたすりゃバンド・メンバーだって気づかなかったり・・・。

 そんなモンなんですよ。
 それでもイイんですよ。

 あくまで弾き手側の問題なんです。
 ちょっとした変化、これが大事だったりするんです。

 たとえば、エフェクトだったら、ほんの少しの抜けの良さ、だったり。
 ちょっとだけ増えた低音、倍音成分、だったり。
 ワウ・ペダルの踏み代の加減だったり。

 たとえば、楽器本体だったら、アタックの立ち上がりだったり。
 減衰の仕方だったり。
 タッチ、ピッキングのニュアンスだったり。

 もうこれは、弾いてる本人しか判断できない変化なんです。
 でも、キモチ良く弾くためには、これが非常に大事なことなんですよね。

 気持ちよく弾けてれば、ミスも少なくなるし、ミスもミスで無くなる場合もある。
 アドリブなどでは、思いもよらない展開にいってしまう事もある。
 弾きながらも、色々と刺激を受けちゃうわけなんです。

 たぶん、聴いてる人には、以前と変わらぬ音だったりするわけで(笑)
 判ってくれるのは、そういう経験をしたことがある、自身も弾き手の人くらいかな?
 
 んでも、いいんです。
 少しづつ、自分のオトができれば良いなと思うわけです、ハイ。

 それでは
 ごきげんよう。

|

« 電気 | Main | まつり »

Comments

弾かないヒトやけどワカル気がするなぁ

オーディオもそんな感じかやな。

Posted by: ドクた、 | June 04, 2016 at 23:59

■ドクた、さん
う~ん、これは難しいところですね。
確かに、弾かない人でも分る人はいると思います。
でもそれは、弾き手の感じてる”差”とは違う感覚だと思うんです。
いや、良い悪いじゃないですよ、単純に感じ方の差と申しましょうか?

んで、デジタル化された最近のモノより、
アナログ回路のものの方が、その”変化の差”的なものが顕著なような気がするんですが・・・。

Posted by: ken-G | June 05, 2016 at 13:52

50年代のジャズ・ギタリストでマンデル・ロウって人聴いてると
ギターという楽器だけでなくアンプとか電気を通して出てくる
自分の音にかなり神経使ってるな・と・・・

録音技師のセンスか?
いやー やっぱしご本人のセンスやなぁ
(と・思ってしまうのであります)苦笑。

Posted by: ドクた、 | June 09, 2016 at 09:01

■ドクた、さん
おー、さすがドクた、さん。
そーなんですよ、電気ギター(楽器)というのは、
やっぱり音の出口までトータルで考えなければいけないと思います。

そのマンデルさん、、気になります。
お勧めアルバムってありますか?

Posted by: ken-G | June 11, 2016 at 13:54

先日から探してました(マンデルさん)
やっとこサ・ありました
(送ります)。

Posted by: ドクた、 | June 11, 2016 at 15:27

いいですね~。トロピカルフィッシュ。
見ているだけでワクワクします。

エフェクターを収集している、ギターも弾けないドラマーが
いるんだとか。

気持ちはわかる気もします・・・

Posted by: ちろ | June 18, 2016 at 00:47

■ちろさん
お久しぶりです!
ワクワクしますか?! あはは!
そーいえば、オペアンプの古いのがあるんですが。
使うのならあげます。
艶アリJRC4558 Dです。
いらない?
あそ。ww

Posted by: ken-G | June 19, 2016 at 13:26

ご無沙汰してます。
いただけるのであれば喜んで~!

Posted by: ちろ | June 19, 2016 at 19:52

■ちろさん
必要な機材をお持ちなら差し上げます。
このサイトの、右サイドバーにあるメールリンクからメール下さい。
ではでは。

Posted by: ken-G | June 22, 2016 at 16:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/63730494

Listed below are links to weblogs that reference Effects:

« 電気 | Main | まつり »