« January 2015 | Main | May 2015 »

February 2015

February 14, 2015

Retro Strings

 なんだこりゃ?
 RETRO・・・レトロって。。。

 Martin_retro

 まぁ、ウワサにぁ聴いていたが、これが問題のレトロ弦である!(笑)
 見た目がレトロってたらヤバイよな。
 錆びてたりして・・・(笑)
 音も使い古した弦のような・・・・逝ってたらヤだなぁ。
 どういう「レトロ」なんだよっ、もう!(笑)
 そもそも、『Retro(レトロ)』ってぇ定義も、まぁ曖昧なところがあるが、弦の場合、どうなんだろう?

 なになにぃ?
 Martin Acoustic Strings Retro
 パッケージの表には『ギターの真の声を引き出す』みたいな事が書いてある。
 んで、暖かなビンテージ・トーン、メロウで素早く、長持ち、ウッディなサウンドを引き立てる、と。
 なんでもアリだな(笑)
 をっ、これはニッケル合金。
 なるほど、ブロンズ系とは違ってエレクトリック用みたいな銀色をしてる。
 張ってみたが・・・・見た目が! 超違和感。

 で、音ですよ。
 うん、やっぱ昔のオト、狙ったんでしょうね。
 レコード等で聴く、古いカントリー・ブルーズなんか、明らかに現代の弦とは異質のオトしてますもんね。
 アノ音って、ギターや弾き手だけの問題じゃないと思ってます。
 録音機材のマイクの性能ってのもありますが、どう割り引いたって弦の関わる影響は少なくないと思います。
 ま、当時の弦ですから、性能や精度なんて、現代のモノとは比べ物にならないくらいチープなものだったハズです。
 でも・・・あのトーンが、たまらなくイイんですよねぇ。。
 あ、 レトロ弦だ。
 さっそく、Gibson J45 に張ってみた。(Martin 持ってないんで)
 そう、弾いた感じは、タッチがちょっときついかな? ブロンズ系に比べたら。若干ですけろ。
 音はねぇ、悪くないっすよ。 
 ちょっとギラつき感はあるけど。
 そう、思ったよりコモってない、抜けた音ですが、低音が物足りない気がする。
 ピックで弾くより、指で弾いたほうが、断然いいな。
 まぁ、これはやっぱ、「好み」だよなぁ・・・。
 見た目の違和感が、ちょっとアレですけどね(笑)
 
 しばらく試してみようかと思います!

 オマケ動画 ↓ ↓


Continue reading "Retro Strings"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« January 2015 | Main | May 2015 »