« Play with a Bass | Main | 賀正 »

December 09, 2013

出会いと 別れない

 Harmony002
                          【 Harmony Rocket H59 】

 
 それは突然に訪れた。
 ちょっとしたパーツを買いに行った楽器店でのことだった。
 店に入ると、壁に掛かる一本のギターに吸い寄せられていく。

 試奏を終える。
 すばらしい音色がスゴク気に入って、こころが漫ろに。。。
 そして少し迷ったが、手に入れてしまったのだ。
 人は 衝動買い と言う。

 1964年製、薄型ボディのフル・アコースティック。
 じゅうぶん乾燥しきってる感じで、軽ーい響きを奏でてくれます。
 ピックアップはDeArmond製のが三つ。セレクターが 1・2・3・All ってのが面白い。
 All ってさ、、、あはは。
 このやっつけ的なデザインもカワイク思えてくる。
 まぁ、こまかいトコ突っ込めば、色々と難点もあるんだけどね。
 それもまた個性と思われてくるから不思議だ。
 
 思えば、同年代の Fender や Gibson は全てに完成度の高いものだったんだな。
 半世紀以上も基本は変わらず生産され続けているのはその証だ。
 まぁ品質は落ちたと思いますが。。。(材料の問題だけではないような?)

 しかし、この手のギターくんたちも侮れないのである。
 本当のB級楽器たちは壊れてしまったり、使いづらかったり、で、淘汰されてしまったのではないか?
 一部のAクラスB級楽器たち(笑)は、愛され、弾き続けられ現在まで生き延びているわけだ。
 そんな楽器と出会ってしまうと・・・!

 そして、出会いがると別れもある。 と、良く言われてますが。
 楽器の場合、いや自分の場合か?
 大体が、自分の所有してない部類のものを増資するので、今までの物とは間単にサヨナラしません!
 ま、興味の無い人から見れば、みーんな同じ「ギター」であるかも知れないですけど。
 色カタチ(一部カブる)、音色などなど、全て違うものなんですヨ。
 したがってぇ・・・・・増える一方。

 あはは、どーすんのヨ もう。

 ※参照 http://harmony.demont.net/guitars/H59/150.htm


|

« Play with a Bass | Main | 賀正 »

Comments

うハッ (カッコええ~!)
衝動買いするケンさんってステキ!
新しい出会いに
おめでとーゴザイマス。

Posted by: ドクた、 | December 09, 2013 at 22:29

◆ドクた、さん
ありがとーございます。
て、褒められてんのか?(笑)
そうなんんです
出会っちゃったんです。
もう、しばらくはコレですね! わはは!

Posted by: ken-G | December 10, 2013 at 12:09

うわー,ノブがいっぱい・・・
自分には操作できる自信がございません。
まぁ,そんなこたぁ気にしないで弾くタイプの
ギターだとは思いますが(良い意味で)。笑

状態がとっても良さそうに見えるのは気のせいでしょうか???

Posted by: ちろ | December 10, 2013 at 23:07

ken-Gさんお久しぶりです
ギターかっこいいですね!!
音源もぜひ!
どんな音か非常に興味があります.

ところで,ALLってのがいいですね.
直列でつなげて,ハンバッカーの
1.5倍のパワー
いかがでしょう?

Posted by: アオシマ | December 11, 2013 at 08:42

■ ちろ さん
とりあえず、コントロールはすべて フルにしときます。
どうせ使うのは一個だけです。
ボリュームが動かせればOKだと思ってます。
うん、状態はね、まぁまぁってとこでしょうか。。
ボディ関係は全部、一回バラして清掃、再組み付けしました。
あ、電装関係もちょこっとイヂりました。
一番のウリは、やっぱ音です。。うはは。

■アオシマさん
お久しぶりです!
元気でギター弾いてましたか?
音源ですか・・・
ちょっと考えてます(笑)
で、残念ながらコイツは並列ですね。
Allだとちょっとパワーが落ちるかんじですが、なかなかアジのある音しますよ!
テスコくんは直列でコントロール不能なんですよね・・(笑)

http://in-step.air-nifty.com/tt/2005/05/_teisco___185f.html

Posted by: ken-G | December 11, 2013 at 21:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/58726478

Listed below are links to weblogs that reference 出会いと 別れない:

« Play with a Bass | Main | 賀正 »