« Puncture | Main | 出会いと 別れない »

November 11, 2013

Play with a Bass

 Paul McCartney が来日してるって事とはまったく関係ない。(笑)
 んが、
 ベースを弾くのがメチャ面白く感じてる今日この頃です。。。

 Bass2


 最近、ライブでベースを弾く機会があった。
 ちょっとしたデモ作りなどでは良く弾いていたのだが、バンドに入って弾くってのはあまり演ってなかった。
 初めはちょっとギコチなかったが、慣れてくるとだんだん面白くなってた。
 他のメンバーさんたちはどう思ってるかは知ったこっちゃない。

 うるさいヤツだ。

 良く間違うヤロウだ。

 なんと言われようが楽しいのだから、まったくタコの耳で念仏を聴く馬だ。
 タコに耳があるかは知らん。それに、たとえもちょっとオカシイという噂もある。

 とにかく、面白くってしょうがない。
 ギターを弾いてるだけじゃ分からなかった、感じなかった事がみえてくる。
 それだけでもタノシイ。
 なにしろ、楽曲のノリをコントロールできる一部であるのがうれしいのだ。
 これはヤバイ。
 このまま"べーしすと"になってしまう、かもしれない・・・。
 えくそしすと ではない。

 

 
 

|

« Puncture | Main | 出会いと 別れない »

Comments

ふぅ~む・フェンダーのエレベを腰をくねらせ
プレイしてるケンさんを想像してみた・・

似合ってるじゃンッ!
(って・なんで僕が関東言葉を発したか)
ソレが不思議とゆーかギモンに感じてる。delicious

Posted by: ドクた、 | November 12, 2013 at 01:28

◆ドクた、さん
あ、そうですか?
最近、やっぱ俺ぁベース弾きが本来のスジだったんじゃないだろうか?
って思ってるんですよ。
そらぁおもろいでっせ。
と、興奮して関西弁になるのは皆様のおかげだと思って、嬉しく思ってます。
おおきに。

Posted by: ken-G | November 13, 2013 at 21:20

ベース楽しいですよね。
あっしも何回かライブでもやったことありますが。
ブルースセッションだとギターよりもベースのほうが楽しいかもしれないと
思うこともあったり・・・

ま,自己満足なだけですけどね。笑

Posted by: ちろ | November 17, 2013 at 21:10

◆ちろ さん
なんかね、良いノリが出るとメチャ楽しいんですよ。
ギターでは無理なグルーブってのかな?
なんだろ。。。
とにかく面白くなってきた。

人がどう感じてるかは別として・・・(笑)

Posted by: ken-G | November 18, 2013 at 12:20

大昔、とあるブルースのバンドでベースを弾いていたことがあります。
技が無かったので、とにかくリズムだけはキープしようとしっかり勤めた俺です。
ギターは弦が6本、ベースはゲンが4本。
指は5本(詰めていなければ)。
と言うことで、ベースの方が理屈には適うな…。

Posted by: おぎてつ | November 27, 2013 at 23:29

■オギテツさん
いいとこに気が付きましたね。
そうなんです、ギターって指と弦の数って合わないです。
ハウンドドッグ・テイラーくらいしか弾きこなせる人はいません(笑)
なので、ぼくはこれからギターも4本弦でイこうと思います。
1,2弦、もしくは5,6弦を外そうと思ったんですが、
この際、真ん中の二本を外すってのはどうでしょう?
ダメ?
なら、2弦5弦では?
あ、さらに・・ヤめとけ?

はい。
スライドにします・・。

Posted by: ken-G | November 30, 2013 at 00:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/58558426

Listed below are links to weblogs that reference Play with a Bass:

« Puncture | Main | 出会いと 別れない »