« March 2011 | Main | May 2011 »

April 2011

April 29, 2011

 Jiten001

 久しぶりの自転車。
 天気も良かったし、風もない。
 タンパ・レッド号は勢い良く風を切る。

 と、
 走りだして10分も経たないうちに雲行きが・・・怪しく・・・なって・・・。
 うわっ、雨。
 空は真っ暗・・・一瞬のどしゃ降り。
 雨具は持ってない。
 もっともリアには飾り程度のものは付いてるが、コイツには泥除けも付いてないぐらいだ。
 だーっっ。
 ちょうどコンビニが・・・・非難、いや避難。
 
 ふぅ。
 タバコに火を点けたと思ったら、もう止んできた。
 5分ともたない にわか雨 だった。
 なんだよ?
 吸い終わったタバコを灰皿に投げ捨て、再出発。

 あれ?
 ぽつり、ぽつり。
 ま、また?
 どしゃーっと降ってきた。
 で、また避難。
 
 と、こんな感じで、ちっとも進まない一日であった。
 時間の割には・・・。

 

Continue reading "縦"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

April 23, 2011

2000GT

 2000gt

 数ある"2000GT"の中でも、国産車でNO.1と言えるのはこの車ではないだろうか?
 YAMAHA製DOHC直列6気筒エンジンを優美なフォルムのボディが包み込む。
 内装もYAMAHAが担当。 
 ローズウッド製のパネルが数多いメーター類をしっかりとホールド。
 ステアリングもローズウッドだ。
 当時のヤマハ楽器製造部門が調達した良質の木材を使用している。(ハカランダか??)
 ほどんどの工程が手作業で製作さてたというからオドロキだ。
 う~む、どこから見ても美しい。
 自動車というのはこういうものだ。
 
 あら?
 間違った?


Continue reading "2000GT"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 16, 2011

Johnny Winter Live !

 Zepptokyo

 April 15th 2011

 腰の曲がった初老のおっさんが、ヨタヨタとステージの袖から現れた。
 知らない人が見れば、これから起こる壮烈な出来事などまったく想像できなかっただろう。
 そのおっさんは、中央に置かれた椅子に腰掛けおもむろにギターを抱える。
 さあ、ショーの始まりだ。

 うわ~、なんだこりゃ。。。
 これは70近いオッサンが演ってるものなのか?
 細かい事は言ってもしょうがない。
 とにかく、その存在感と勢いはすごかった。
 それに
 こんな状況の日本に、来づらかっただろうに・・・
 良く来てくれました、感謝!
 
 おお~、最後にファイアーバードで登場。
 やっとスライド・プレイが飛び出す!

 Dust My Broom !

 Highway 61 Revisited !

 余計なインターバルやお喋りは一切ナシ。
 一気に演ってしまった・・・・。
 すごいなぁ
 う~ん、想像してたよか、ずっと良かった。
 
 良かった。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 12, 2011

余震?

 をいっ!
 もういい加減ヤめてくれ!
 
 Jishin

 またまたCDたちが崩れ落ちた。
 まぁ、前回よりはマシだが、地震がちっとも収まらない。。。
 毎日のように続く余震。
 というか、余震かよ、これ?っと思うほどの揺れも多発。
 震源域も少し近づいてきた?
 ボクらはまだ良いが、被災者の方々は生きた心地もしないだろう。
 ここらで留まってくれれば良いんだけどね。
 他の場所で誘発しないかが懸念される・・・。

 っと、
 なんだかんだ言ってもしょーがない。
 来るもんは来るんだ。
 いっらさいませ~。
 何度来たって、何度潰されようが、ボクらは立ち上がるのだ!
 
 そして、ライブが立て続けに決まった。
 もちろん被災地復興を支援するためのチャリティ・ライブだ。
 実はこのテの催しはニガテなのだが。
 んでもナンにもやらないでいる訳には行かない!
 微力ながら協力いたします。
 は~、忙し・・・。

 さてと、まずはCDを元に戻すか・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2011

開花

 2011oo1


 毎年この時期になると、花が咲き始める。
 同じ場所で、変わらない色で開きだす。

 たまには違った色で咲いても良さそうなもんだが
 そういう訳にはいかないようだ。
 時にはシーズンを変えて満開になっても良いと思うのだが
 そういう粋なまねも出来ないようだ。

 まぁそれが変えることの出来ない自然のサイクルってもんだ。
 誰にも変えられない
 変えちゃいけないもんなのだ。
 
 春になればサクラが咲く
 ぼくらはそれを楽しみにしているだけなんだ。
 ま、すぐに散っちゃうけどね。
 
 そしてまた今年も
 咲いた。

 来年も、またその次も、ここで咲くのだろう。
 同じ場所で、同じ色で、同じ時期に。
 そうでなければイケない。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »