« January 2011 | Main | March 2011 »

February 2011

February 28, 2011

Johnny Winter

 じょ、ジョニー・ウインターが来日するらしい!

 ● M&I on line

 う~む、初来日!
 とっくに来たことがあると思ってたが・・・初!でした。

 というわけで、とにかく一回観ておこうか・・・。
 チケット取りましたよ(笑)

 さてさて、どんなライブを見せてくれるんでしょう?
 全盛期を過ぎたとはいえ、そこはほれ、ブルースマンのアジで乗り切ってくれるでしょう。。。

 ドタキャン無しでたのむゼぃ、わはは。


 あ
 関係ないけど、面白い動画を・・・。


  Bob Marley Baby
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 16, 2011

ろっく

 Asakusa_rock

 左から

 ● 唄神 (うたいがみ)
 ● 奏神 (かなでがみ)
 ● 噺神 (はなしがみ)
 ● 戯神 (おどけがみ)
 ● 演神 (えんじがみ)
 ● 踊神 (おどりがみ) Sorry, mienai .....

 浅草六区に祭られている『六芸神』である。

 さて、歴史を紐とけば・・・・カタイな(笑)
 ま、江戸時代中期から昭和初期の頃まで、浅草は興行、演芸の中心地であった。
 今では見る影も無いなが。。。
 そして、その隆盛を取り戻そうと、六人の神が舞い降りてきたのだ。

 その名の通りの神であるからして、その御利益は芸事に通づる者に与えられる。
 それぞれの神が舞い降りた舞台は、必ずや成功すると信じられている。
 
 ふむ。

 我が舞台への降臨を願い、静かに手を合わせる・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 10, 2011

一家に一冊 ?

 な、なにぃ?!
 「ギター好きなら一家に一冊」 だとぉ?


 Guitarbook2


 と、まぁこんな背表紙の帯をみつけ、手にしてしまったわけだ。
 
 ◆ ブルース・ギター大名鑑 写真でたどる名器とブルースの歴史 (P‐Vine BOOKS)

 こんな本、出てたんですねぇ。
 原書は「The Blues Guitar an Illustrated History」 by Rick Batey という事。
 ほー。
 ふむふむ。
 ん?
 あそ。

 Guitarbook

 あぁ「ステラ」の項がちょっと興味深かったかな。
 ま、内容は特に目新しいものは無いが、ブルースの歴史とか簡潔にまとめられていているので、ブルースに興味を持ち始めた人にはちょうど良いかも。
 でもま、楽しく読めるし、改めて感心したり・・・・
 で、またギターが欲しくなってくる!
 たいへん危険な本でもある・・・(笑)
 
 あー、ステラかギブソンの古いヤツ、欲しいな~。


 


| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 04, 2011

Clip-on Tuner

 Headtunner2


 最近、手に入れたチューナー。
 ギターのヘッド部に挟めばOK。 
 うん、便利だよね。
 出番待ちの楽屋等、結構うるさくてギターの音が聞こえなかったりするもんです。
 音叉も聴こえづらいし、シールドを繋ぐのも面倒。。。。
 よし。
 これで問題解消だ。

 んでもね。
 これを付けたままステージに上がるのは、ちょっと抵抗があるのだ。
 だってねぇ、カッコ悪いじゃん。
 たまにいますよね、プロでも。 こういうのステージでも平気で付けてる人。
 なっとくできません、おれ。

 いいですか。
 ギターにはそれぞれ「デザイン」というものがあるのです。
 各メーカーのデザイナーさんたちが、操作性や見栄え、ロゴの位置等・・・
 そりゃぁ考え抜いて決定したデザインなんです。
 数十年前から変わらないヴィンテージ・スタイルだったり、思いを込めた斬新なものまで。
 ええ、大事な部分ですよ、ココは。
 
 こんな場所に、無粋な調律機などぶらさげて人前に立つなんて。
 意匠家への冒涜です (笑)
 ロゴも見えなくなるので、今後、メーカー側からのクレームがつく事も考えられる?
 ん?
 あまり使いすぎると、このロゴ部分が傷むよな、擦れて。
 古いギターだとダメージも大きいかもな。
 
 まとにかく
 ステージでは絶対使わない!
 と、思ってるしだいです。。。。。。


| | Comments (8) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »