« May 2010 | Main | July 2010 »

June 2010

June 29, 2010

piezo pickup

 んも~っ。
 ただオトが出りゃ良いってもんじゃない。
 もっと、こう、なんて言うんだ、ギターのオトが欲しいんだな。

 Piezo

 以前からハム・ノイズが気になってたアンダー・サドルのピエゾ・ピックアップ。
 これを交換した。
 ま、これは大した問題も無く済んだんだけど・・・。

 このギターにはこの他にコンタクト・タイプのピエゾ・ピックアップもステレオで出力されるようになっている。
 んが、これが上手く鳴ってくれないのよ・・・・とほ。
 ステレオ・ミックスできるようにプリアンプに通してるんだけど。
 どうも気に入らないのだ!

 つまりだ
 ピエゾくささが残ってしまうのだ。
 せっかくのギブソンだもの、もっとそのマヌケなサウンドを出したいんだ。
 マーティン系のキレイな音なんて欲しくない。
 コイツの音が・・・・。
 ってねぇ、やっぱ無理?
 しょせん、ピエゾはピエゾなのか。
 
 最近はマグネット式でも良いものが出てるらしいが、そんなもん付けるんだったらエレクトリックを弾くよ。
 コンデンサー・マイクってのも良いらしいが、どうもイマイチ相性が悪い。
 で、
 ピエゾで何とかならないかと、頑張ってみたものの・・・・。
 特にコンタクト・タイプの取り付け位置ときたら・・・・けっこうシビアだ。
 ちょこっと位置を変えただけでとんでもない音になってしまう。 もうミリ単位の作業だ。(大袈裟!)
 ううむ、敏感なピックアップだ。

 さあ どうするかなぁ・・・・。
 マイクで拾うか?
 でも自由がきかないからなぁ。
 
 ん~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 26, 2010

Capotasto

 最近、めっきりアコースティックづいてしまった感のあるワタクシである。
 べつに拘っているワケではないので、いつでもエレクトリックできるのではある。
 というか、特に弾き方も変えてる意識はないので、出てくるサウンドが違うだけ・というハナシもある。
 まとにかく、現在在籍してるバンドの方向付けが、今のところアコースティックというだけの事なのだ。
 これも、演っていくうちに変わって行くだろうし、そしたらどんなギターを持ち出すことになるか?・・・タノシミでもある。

 Capo

 なんとなく、新しいカポを買った。
 使い易そうだったから・・・・んでも、実際使ってみて、大してソノ効果はないように思えた。
 ま、こんなもんでしょ。
 でも、質量の軽い材質なので、サウンドに与える影響は少なくない。
 ぼくは ネック、ヘッド等は軽い方向のサウンドが好みなので、これはありがたい傾向であった。

 やっぱり、ギターという楽器は面白いもので、演奏する人のスタイルや好みに合わせて幾らでも自由に対応してくれる。
 「自由度」という点に関しては他の楽器の追従を許さないのである。
 チューニングも気分しだいで自由に変えられる。 鍵盤系には無理なお願いだ。
 コード・ボイシングもギターでしか表現できないサウンドがある。 もし、無理なストレッチが上手くいかなければ、カポを使えばよい。
 携帯性も問題ない範囲だ。
 イザとなれば、燃やして暖をとることも可能だ・・・・やるかっ?
 そして、唄える。
 唄いながら、演奏できるってのは管系では残念ながら無理なのである。 ま、一部スキャットで演ってしまう達人もおられますが。 基本的には無理。
 やっぱ、いいね。 ギターは。 わはは。






 眠いよ。
 でも、心地よい睡眠不足なんだな。 今のところ。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

June 15, 2010

I can't sleep

 Syuusin

 ワールド・カップが始まってしまった。
 なかなか寝られない日々が続く。

 よしっ。
 幸先よく、我が日本代表は一勝をあげたぞ。
 これからも強い相手が行く手をはばむが・・・。
 ぜひ頑張ってもらいたいもんだ。

 なんだか"通"ぶった輩が、自国のチームを酷評し、
 やれ
 どこぞの国のサッカーは個人技がナニナニ ~
 とか
 かの国のフットボールはフィジカルがどーした ~
 などなど褒め称えてるのを良く聞く。
 だがせめて自国のチームを応援して欲しい。
 確かに、フットボールの歴史がある国々のチームは魅力的だし、つよい!
 でもさ
 
 ね
 日本人が応援しなくっちゃ、他の誰が日本代表チームなんかを応援するってぇの?
 がんばれ~!

 出来れば優勝だ! 
 いや優勝するのだ! わははー!
 















































































































 あ、 寝てた・・・。

  

| | Comments (7) | TrackBack (0)

June 08, 2010

June

 Ajisai


 毎年この季節になると、玄関先の紫陽花が一斉に色づき始める。
 今はまだ中心部に白い色が残り、あと一歩といったところだが。。。この感じもまた良いのだ。
 はてさて、この「色」だが・・・・。
 紫陽花には赤っぽいのや青っぽいの、紫色だったり、その花によって色々な色がある。
 で、昔むかーし聞いた話では、土壌のph度で色が変わってくる、と言うこと。
 つまり、鰌が賛成。 いや土壌が酸性かアルカリ性で花びらの色が赤系か青系に振り分けられる、と。
 僕ぁてっきり・・・そう、リトマス試験紙のように酸性だと赤、アルカリ性だと青、だと思ってたんですが、どうやら違うらしい!
 あ、知ってた? 
 ほんじゃ俺だけ? 知らなかった? あらら。
 ううむ。 じゃ、知らなかった俺だけに書いておこう。
 これって、アルミニウムのせいなんだってよ。
 だからね、土壌の成分のアルミがね、酸性が強い土壌だと溶けやすいんだと。
 それを吸ったアジサイくんは青っぽくなるんだってよ。
 アルカリ性だとさ、アルミが溶けにくいからよ、花は赤っぽいんだってよ。
 ほらね、リトマスとは逆なわけだ、わはは。
 あー、知らなかったね。 良かったね、わははー。
 んでもね、先日見たアジサイさんは同じ株から生えてた花が青と赤の二種類あったんだな。
 これはどーいうワケ?
 わからない?
 お、俺が分かるわけないじゃない。
 ま、世の中には解明されてない不思議がまだまだいっぱいある訳で・・・。
 い? そーいう事とは違う?
 まぁ分からないから面白いのよ、な。

 

Continue reading "June"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »