« April 2010 | Main | June 2010 »

May 2010

May 31, 2010

保有率

 Ohred001_2


 さて先日、新聞にこんな記事があった。

 - Yomiuri Online -
 
 なるほど、人口100人あたりの自転車保有率トップは埼玉だと・・・・。
 うむ、2位の大阪とは僅差だ。
 いや、3位東京、4位京都、5位千葉までは拮抗していると言って良いだろう。
 他では何でも負けているサイタマだ。 こんなトコロでしか勝機はナイ、頑張ってもっと自転車を買おうぞ。
 って、こんなの張り合うか? っての!
 
 そう言えば、最近多いよな、チャリ。
 あ、俺も最近のうちだな、、、、あはは。
 まぁ埼玉は都心への通勤圏だからな、駅まで自転車ってのが多いんですよ。
 それに平地部も多いし。
 
 で、それに伴い自転車のマナーの問題も増えているようだ。
 マナーというか何というか、ヘッドフォンかけて乗ってたり・・・危ないんだよな。
 あ。これこれ↓
  産経ニュース
 なるほど、Fender のギグバッグか。(関係ナイ!)
 んま、それよりも置き去りにされた自転車のが気になるんだよなぁ。
 放置率もトップだったりして・・・!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 26, 2010

a small parts broke down ?

 ったく、寒くなったり暑くなったり。
 こう変化が大きいと体調も悪くなりますねぇ。
 っと、気候のせいにはしてはイケないが、ここのところ突然の不調が我が身を苦しめる・・・。
 なんだか良くわからないが、今まで経験の無いほどの不調なのである。
 なにかが狂った・・・オカシイ。 
 でもま、精神的な病ではなく、たしかに身体的不調なのではあるが。
 ううむ、トシもトシだしな、しょーがないか。
 たまには自転車にでも乗って、気晴らしなのだ。

 Chari_mayjpg

 久しぶりに引っ張り出したレッド・ベリー号・・・・パンクしてた。
 でぇい、こんなトキに、キミまで俺をっ、ナメてるのか!
 いくら空気を入れても一向にタイヤは膨らまない。 というか、入れるそばから抜けていく。
 なんじゃいコラ。
 調べたらバルブのムシが逝かれてた。
 うむ、こんな小っちゃなパーツだが、これがイカれただけでタイヤの空気が抜け、あげく自転車としての機能は停止する。
 人間のカラダもこんなもんで、ナニかちょっとした小さな不具合がきっかけになり不調を来たすのかもしれない。
 まいいか。
 
 んで、ここでタイヤのヒビ割れも発覚し、交換も止む無しと覚悟する。
 が、とりあえずムシを直して・・・・無事エアチャージ完了。
 よし、行くゾっ! 
 って飛び出したは良いが、どこに行くってこともない。
 ただ漠然とフラフラと走ってみる。
 天気が良いのはいいが、やっぱりこのあたりにゃぁ面白い場所もない。
 まぁアレだね、天気が良いって事だけでもタノシイ気分にさせてくれるから、それで充分ではある。
 さてと、週末にはタイヤ&ホイールの交換でもすっかな。

 BGMはDuke Ellingtonのピアノ曲で行こうと思う。
 ナゼだ?
 それは秘密だ。

 Piano Reflections

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 20, 2010

おまけ では無いっ

 Gretsch
   Gretsch Duo Jet

 いやぁ~、でっかいタバコですね。
 ええ、そりゃもう咥えるのが大変でねぇ・・・。
 でぇ? ボケるなって。

 いやいや、良く出来てます。
 以前フェンダーのギター・フィギュアってのが出てたけど、今度はグレッチのギターなのだ!
 しかし、今回のは「ガムのおまけ」としてでは無く、純粋にギターの模型。 これを販売してるのだ。
 うむ、ある意味健全である。
 その効果があってか、どうかは分からないが、そのクオリティーは数段上の仕上がりになったものと思う。
 ね、細かいディティールもしっかり出来てるし、ボディ塗装の質感なんて、かなりイケてると思うんだよな。
 で、相変わらず箱の中身はシークレット(笑) なので、数種のギターのうちナニが出てくるかは分からない。
 今回はコレ「Gretsch Duo Jet 」なのでありました。
 本当はこれのシングル・カッタウェイモデルがあれば欲しかったんだけど、今回はラインナップされてなかった(残念)
 カントリー・ジェントルマンも無いな~。
 と、思っていたら・・・全8機種のラインナップのうち、ひとつがシークレット・モデルとなっていた。
 おっと、これは一体なんなんだ? う~ん、誰かのシグネイチャー・モデルだろうか?
 グレッチと言えば・・・・やはりチェット・アトキンスか? いやブライアン・セッツァーか?
 いやいや、カントリーの大御所たちの使用も多いギターだからなぁ。
 オフィシャル・サイトを覗いてみたら・・・なんだ、公開してるじゃない。

 ◆ Official Site : GRETSCH Guitar Collection

 う、うわっ、募、菩、母、墓、いんや、ボ・ディドリーさんのギターだ!
 うううむ、あの四角い、板っぺらみたいな赤いやつだ。
 んでも・・・。 これ欲しい(笑)
 聞けば、かなりのレア度で封入されてるらしい。
 そうとなると余計に欲しくなる。
 でもまぁ、弾けるわけじゃないし・・・まぁいいか。
 気が向いたら、もういっこ買ってみよ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 17, 2010

ブルース・フェス 青森

 去年の夏は青森までドライヴし、ブルース・フェスティバルを観に行った。
 ま、高速道路が千円、と言うことだけでのドライヴ決行だったが、ちょっとキツかった。
 新幹線は今年の12月に青森まで開通か。。。。7月には間に合わないのか、をいっ!
 そう、今年の夏も青森ではブルース・フェスが催されるのだ。
 で、今年の出演者は? っと、気になってたら・・・・。
 な、な、なんと、青森のフェスティバル主催者の"安潟みなとまつり実行委員会"さんからコメントを頂いてしまった。
 わーいっ、大変だ。

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  【浪岡会場】
  □ 場所:青森県青森市浪岡 道の駅「なみおか」
  □ 日時:7月22日(木) 18:00~

  【青森会場】
  □ 場所:青森県青森市 「青い海公園」
  □ 日時:7月23日(金) 17:30~
        7月24日(土) 16:30~

  □ 問合:安潟みなとまつり実行委員会 tel.017-734-1311
     Web Site : Japan Blues Festival 2010 in Aomori
     
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 
 という事ですよ、皆様!
 今から準備すれば大丈夫ですよ(笑)
 食いモンも美味いしね。
 あとは・・・去年のような天候ではなく、快晴を望む!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 13, 2010

Harlem Hamfats

 ■The Harlem Hamfats

Harlemham1 と、いう訳で
 『ハーレム・ハムファッツ』を聴いている。
 やっぱ良いですね、楽しいですよ、あはは。
 
 メンフィスのミニーさんと別れたばかりのカンザスのジョー。
 そしてコイツにはミュージシャンとして才能ある弟、チャーリーがいる。
 抜け目ないA&Rマン J. Mayo Williams 氏はこいつ等に目をつけた。
 ある日の午後、シカゴのクラブでリハーサルをするジャズ・バンドがいた。
 ニューオリンズからやってきたトランペッター、モランドとクラリネットのランド。そしてドラマーのウィリアムス。
 メイヨー・ウィリアムスは彼らに声をかけ、すぐに話はまとまる。
 さっそく、ジョー&チャリーのマッコイ・ブラザースと共に、ピアニストのマルコムの家でセッションが始まり、レント・ハウス・パーティーが始まった。
 後にベースのハリスが加わり、ここに『Harlem Hamfats』が誕生する。

 と、まぁ、俺の英語読解力がどれほどか?信頼できないが、英文ライナー・ノーツの一部には大体こう書いてあった。
 辞書をひくのも面倒なので、分からない単語は飛ばして訳す。という小学生並みの所業だ。
 うむ、しかしまぁこんなもんでしょう。

 まとにかく、ブルース系のマッコイ兄弟とニューオリンズ系ジャズバンドのシカゴでの合体。
 思いもよらないマジックが、すばらしい音楽を提供してくれたのです。
 ま、当時はブルースやらジャズやらと、明確にカテゴラズされてなかった時代だったんでしょうね。
 だからミュージシャンたちも、何の拘りも無く楽しく演れるんでしょう。
 このあたりの色々と混じりあったサウンドもたまりませんねぇ。
 でね、やっぱジョーさんのボーカルがまたハマってるんですよね、これ。

 「ハーレム」と言っても、彼らはシカゴ発。
 当時『ハーレム』と言う言葉には「黒人」「都市」「洗練」というJazzに通ずる意味合いがあったそうです。
 反対に『ハムファッツ』と言う言葉には「南部の料理」とか、要するに田舎っぽいニュアンスが込められた言葉だったらしいですね。他にも猥褻なイメージもあるらしいけど・・・。
 そうです、まさにジャズとブルースのイメージをもったパーフェクト・ネーミング。 と、この名を考え出したメイヨー・ウィリアム氏が言ってますか?
 これもライナーからの引用ですので、あしからず。

 異なる性質を奏でる一流のミュージシャンたちが、ひとつになった時。
 互いの意見を尊重し、また自らも主張する事ができる時。
 音楽家たちは一瞬の内に同じオトに溶け込み、すばらしいソノ音を発する。
 その根底には「音楽」という同じキーワードがあるだけで。

 我がサッカー日本代表も、こうあってもらいたいですね・・・。
 トホホな状態だからなぁ・・・

 ◆Harlem Hamfats 試聴 Amazon

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 10, 2010

Perfect Sunday

   Sungosedown
   [ Sun goes down, from my room ]


 今日は午前中に自転車を整備してぇ、午後からはちょと走って・・・っと。
 ま、いろいろと細かい用事もあるし・・・。
 あぁ忙しいなぁ。

 え?
 あ、あらぁ~、目が覚めたら14:00!だった。
 な、なんということだ。
 寝すぎた。
 これじゃナンにも出来ねぇ~っ。
 うわっ、ヤバ。 あと3時間後にはスタジオの予約がぁ・・・汗。
 ギター、ぎたー。
 
 あー、もうっ。
 なんでだよ・・・
 一日は短い。 無駄な時間を使ってしまった。
 いや、まてよ。
 そんだけ寝れたんだからな、睡眠も無駄って事ぁない。
 うむ、考え方によっては、「充実した一日」だったのかも知れない。
 そーいう事にしておこう。 

 んだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 03, 2010

Android って?

 をいっ、ふぇ、ふぇんだーっ。
 こんな事してる場合か? もちっと本業をしっかりやった方が良いんではないか?
 とはいえ、ちょっと気になるブツだな、遊べそうだし(笑)
 でもな~、携帯電話にまで・・・やりすぎだろ。
 日本発売は無さそうだが、出ても買わないな、きっと。
 どうせなら
 「Stella」 「Kalamzoo」 「National」 ぐらいのギター・ファンの心をくすぐるものが良い。
 どんだけファンだって?! (笑)
 あ
 「Epiphone」 なんて、電話らしい名前のギターだってあるのに。
 ここは是非日本の au さんあたりに頑張ってもらって、 このフェンダー・フォンに対抗できるブツを提供してもらいたいもんだ。
 たのむぞ!


   T-Mobile my Touch 3G

 

 バディさんから電話って?

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »