« Back Stage Heroes | Main | Epiphone »

October 08, 2009

彫刻ギター

 その重さ、約10㎏・・・重量級ギターである。
 しかしそこには日本の伝統工芸のひとつである彫刻が施されているのであった。
 神社などの欄間に彫られる彫の深い彫刻が特徴の『井波彫刻』をPRしよう・・・って事で作られたらしい。

 ココ↓
 井波彫刻

 ん~、さすが、美術品としては素晴らしいものだと思う。 が、はたして楽器としては・・・?
 タケシさんも弾きづらそうだし・・・(笑)
 ココ↓
 KNB News (動画が見れる)
 
 おぉ、ボディ材はアルダーとな!
 なるほど、ベースにはアッシュと。
 ううむ。
 お、音はいったいどんな・・・?

 いや、まぁそんな事ぁとりあえず置いといて、とにかく彫刻ありき、の一品なのである。
 しかし
 肩ぁこりそうだな・・・。 

 ◆関連ニュース

|

« Back Stage Heroes | Main | Epiphone »

Comments

頭の軽い俺には、こんな重いギターは弾けないね。
持った瞬間に、重さで頭と足が逆になりそうだい。

しかし、一年掛けて、100万とか150万。
採算が取れるのかね?

このギターは、刀の変わりに床の間に飾ると良いかも知れぬ。

おぎ

Posted by: ogitetsu | October 09, 2009 at 21:29

◆ogitetsuっさん
 な、なりそうだい。 ってね・・・あはは。

いやこれは採算の問題ではなく、ただのPR目的で作られたものですから販売する気は無いと思われます。
もっとも、売れないと思いますが(笑)
話題になればそれだけでOKだったんでしょうが、イマイチでしたね。
お、
床の間にギター!
良いかも!!

Posted by: ken-G | October 10, 2009 at 09:37

想像してみた
おコメ10kgに紐?をつけて、、(爆
背負ってみようか
めっちゃ重いですよね~

それにしても、すごい事を考えたものだわ

で、床の間にもギター飾れるって、、
ギター好きな人にはたまらないかもw

刀は危険だけど
このギターなら、、

でも10kgを立てかけておくわけですよぉ
地震対策もちゃんとしないと
ある意味、危険かもw

Posted by: | October 11, 2009 at 13:40

◆橙っさん
ううむ、お米10㎏を背負うと・・・
でもギターですからね、どちらかと言うと首に掛けて前方にぶら下げるイメージでお願いします。
え? 首が折れるて?
それでは、ブリッジを首でささえる訓練を一日一時間ほど行って下さい。そうすれば約半年程で10㎏に耐える逞しい首が完成します。
あ、逞しくなりたくない?
あそ。

ま、どっちにしてもキケンなギターである事は確かです。
わはは。


Posted by: ken-G | October 11, 2009 at 21:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/46433750

Listed below are links to weblogs that reference 彫刻ギター:

« Back Stage Heroes | Main | Epiphone »