« March 2009 | Main | May 2009 »

April 2009

April 25, 2009

 去年の暮れ頃、KXに入れたフィルムがまだ使い終わってない。
 24枚撮りの白黒だった・・・はず。
 約15枚撮った。 が、もうナニを撮ったかも覚えてない。
 フィルムは無事なんだろうか? こんだけ入れっぱなしにしてると、やっぱ悪くなっちゃうのか?
 よし
 明日は天気も良さそうだし
 どっか行ってナニか撮ろう。

 Kx

 とかなんとか言っちゃても・・・
 予定は予定で、予定通りいった事ぁないのだ。
 
 しかしなんだね。
 このブログも「ブルース」やら「ギター」やらの事を中心に、ってサブタイトルに謳ってるのに、最近ちっともソノての話題がありませんね?
 ありませんね? って、訊くのかいっ!
 
 ええ、まぁ、その日の気分でテキトーに書いてますか?
 書いてますか? って、また訊くんかいっ!

 じゃなくてね、やっぱこうなんて言うか・・・ネタ切れですか?
 ・・・・・。

 ギターの写真でも貼っとこ。

 Dobro001


 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

April 22, 2009

Quality ?

 最近、ちまたでは高音質CDというのがウワサになってるらしい。
 いやホントに噂かどうだか知らないが、自分はちょっと気になってた。
 いったいどんな仕組みで『音』が良くなってるのだろうか・・・。
 とりあえず、音を聴いてみない事には・・・うん。 で、聴いてみた。

 Shmcd

 ふむ、なるほど。 
 ほぉぉ、そうくるか。
 おぉっ? なんと・・・。
 いやいやいやぁ~。

 と、
 たしかに一聴した限り、良い感じだ・・・。
 しかし、これは単にリマスターし直し・・・か? 
 う~ん。
 オフィシャル・サイトをのぞいてみる。

 ここ 『SHM-CD』 や 『HQCD』 やら 『Blu-Spec CD』 など。
 ふ~ん、そういうことか。
 簡単に言えば、良質の素材への変更と精度の改善。ってところか。
 まぁ、読み取りエラー率は良くなるハズだよな、こりゃ。
 でも、音楽CDの規格って決まってるんだよな、サンプリング周波数は44.1kHzでビット数は16bitって。
 つーことは、この範囲内でナニかが起こってる・・・ってだけか。
 まぁこの仕様で、悪くなるって事ぁないだろうが、それによっての大きな音質の向上はあるのだろうか?
 ちょっとギモンなのであった。
 しかも各社揃って並ぶように発売・・・Why?
 ま、確かに、音は良いカンジだから・・・いいか?
 今までのが良くなかったからね。
 
 次はなんだ?
 え? 
 24bit CD ?
 地上デジタルCD? (なんだそりゃ?)
 もーなんでも来なさい。
 規格変更? さー、いらっしゃい! 
 もう慣れましたよ。

  ・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 14, 2009

Random Walk

 Walkmantbone

 思いつくままに
 適当に
 手当たり次第に
 ぽんぽんと
 オンガクを取り込んでみた。

 テープ時代とは桁違いの音質に今さらながら驚く。
 このうすっぺらな物体の中で、いったいナニがどうなってるんだろう。
 いや、まいった。
 持ち歩きオンガク用としては充分すぎるほど充分だ。
 ま、それだけと言えばそれだけだが。
 んが、しかしだ。
 これはいったい・・・・。

 このWalkmanには「おまかせチャンネル」というシャッフル機能がある。
 取り込まれたオンガクを機械が自動的に判別してジャンル分けし、それをランダムに流してくれるという機能だ。
 ま、自分で取り込んだ曲だが、ナニが流れてくるか分からない。という面白さはある。
 で、そのジャンルには

 ●朝のおすすめ (昼、夜、と時間によって自動に変わる)
 ●アップビート
 ●スローバラード
 ●クラシック
 ●アクティブ
 ●ソファラウンジ
 ●リラックス
 ●全曲シャッフル

 などという、良く分からない(笑)選別がある。

 ふむふむ、なるほど。 しかし、どうやって機械が判別してるのだろう?
 一曲一曲の違いをどうやって・・・。
 ま、とにかく聴いてみるしかない。
 ん? ん? ん?
 ど、っどひゃ~、やっぱり・・・こうなるか。

Continue reading "Random Walk"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 11, 2009

Pink River

Pinkriver 咲いたと思ったら、もう散ってる。
 川面が花びらでピンクに変わる。
 正確に言うと、ここは川ではない。
 江戸時代に作られた用水路なのである。
 なので
 "川面(かわも)"ではなく"水面(みなも)"と言うべきなのであろうか?
 ま、どっちでも良いか。
 とにかく
 桜の花はあっという間に散ってしまう。
 また次の春に散るために。
 
 っとね。

 

| | Comments (9) | TrackBack (0)

April 06, 2009

向かい風

 苦し紛れに、ウォークマンでRockを聴いてみた。
 しかし筋の肉の悲鳴を紛らわすには、まったく効果がない事がわかった。

 April

 さらなるバージョンアップを遂げた『れっどべりー号』を駆り、久しぶりに少し遠くまで走ってみたのだ。
 か、風が・・・
 なぜが自分が進む方角から向かってくる。
 狙ったように向きを変え、向かい風になってジャマしてくる。
 くっ、くっそ~、負けるもんか。
 必死に抵抗する。 が、
 キモチはそう思っても、カラダは言う事を聞かないものだ。
 みるみる足腰が張ってくる。
 てきとーに休みながらダラダラと走り、やっとの思いで帰れた・・・は~ぁ。
 明日は筋肉痛だな。
 いや、最近一日くらいおいてから痛くなる・・・これは・・・?
 
 それはそうと、ヘッドフォンステレオを聴きながらの自転車は危険だと確認した。
 あたりまえだけど、周囲のオトが聞こえなくなる。
 さらに音楽に集中してしまうと、注意力も散漫になり、もっとヤバイ。
 後ろから来た車とか、まったく気付かないこともあった。
 好きな曲を聞きながら、ふらふらと自転車乗るのも気持ちイイんだけどね。
 これからは注意します。 そうします。


 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 03, 2009

Ara River

Nanohana1_2 この季節になると、川の土手一面に黄色い花が咲き乱れる。
 遠目に観ると雑草が変色してるみたいに見えるが、それぞれが小さい花のかたまりなのである。
 菜の花っていうんですかね。
 とにかく、どっこでも咲いてる感じだ。 とくに土手沿いに多いかな。
 
 ちょっと荒川土手をおりてみる。
 おー、あたり一面が黄色に光ってるなー。
 ほほう、やはり菜の花だ。(笑)
 うわっ。
 なんだ? 
 あま~い香りが漂ってきた。
 なんだ? あ、これって花のにほい?
 こんなに匂うんだ? 知らなかった・・・。
 なるほどね、これだけありゃ俺でも感じられるほどの香りを発するか・・・。
 
 そういえば、最近知ったのだが、埼玉県は河川面積が日本一多いのだそうだ。 つまり『川』が多いってことなのだが、いまいちピンとこない。
 ま、言われてみれば・・・多いかな?
 そうそう、日本一川幅が広いのも埼玉県内(鴻巣市)を流れる区間の荒川なのだそうだ。
 なんとソノ川幅 2,537メートル。約2.5キロ!
 ん? オカシイ?
 そうなんですよね。 どうみたってそんな大河には見えないんです。
 よくよく聞いてみると・・・国土交通省の定義によると、これは河川敷を含めた両岸の堤防間の距離を「川幅」としているそうです。
 んだからして、両岸の堤防と堤防との距離が日本一なのです。 言い換えれば『堤防幅日本一』なのであります、あはは。
 
 関東平野の真ん中、巨大な関東デルタ地帯を流れる川の数々は、昔からよく氾濫し災害をもたらしていたそうで、江戸時代から大規模な河川工事などが施工されていたそうです。
 山々から流れ出てきた豊かな水源は、この関東平野に流れ込むと急激に勢いを落とす。 なにしろ河口(東京湾)まで延々と続く平野は勾配が殆ど無いのだ。
 だらだらと流れる川は氾濫しやすいため、作られた堤防などは幅を広くし、貯水効果も持たせるようにしてあるのだそうだ。 なるほどね。
  
 たしかに、河川敷が広いことは広い。
 野球場やサッカーグランドはどこの河原でも見かけるように当然あるし、田畑も多い。
 ゴルフ場や自動車教習所、モトクロスやレーシングカートのサーキットもあるな。
 飛行場やヘリポート。 挙句に、このような飛行船の寝床にもなっているのでした・・・。


 以上 - Discover Saitama - を お送りいたしました。

 ※参考 ●荒川上流河川事務所


 オマケ写真 ↓

Continue reading "Ara River"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »