« the sound from a each generation | Main | Ara River »

March 29, 2009

Portrait in Jazz

 似ている とか 似てない とか、そんな事ぁどうでもいいこった。
 ようは描き手の想いが思いっ切り詰まっているかどうかだ。

 Cabbook

 と、まぁエラそうな事えるほどじゃないけど・・・。
 とにかく、その絵からは言いようも無いほどの・・・えと・・・なんだ・・・その・・・ほら・・・。
 ま、そういうことだ。

 和田 誠さんというイラストレーターが、自身の想いを込めて描いたJazz ミュージシャンたち。
 そのポートレイト一枚一枚に、村上春樹さんがまたこれに輪をかけて想い入れのあるエッセイを綴るというかたちである。 
 
 ボクにとって、まだまだジャズは未知の世界。聴いたことの無い人が多いのだが、なぜかここに登場するミュージシャンたちには親しみまで感じてしまう。
 とにかく、"絵"が音を想像させてくれる。いや、こっちが勝手に想像してしまうだけで、それが本当にそのミュージシャンの音とリンクするかは・・・実際に聴いてみないと分からないのだ・・・わはは。
 そんでもって村上氏のエッセイも、< カタイことは抜きにして、まぁ楽しく聴こうよ >的なノリで、自身とのエピソードなども楽しい。
 村上氏はジャズ以外の音楽にも造詣が深いので、偏った見方(聴き方)(書き方)をしてない印象だ。
 うーん、聴きたいものが。。。。どんどん増えてく。。。。
 
 しかし、どれだけ聴いてるんだヨ、この人たち。


 ◆Portrait in Jazz(新潮文庫)
 
 これで Blues版もあったら良いのになぁ・・・
 

|

« the sound from a each generation | Main | Ara River »

Comments

おっ 表紙がビックスじゃあ~りませんか
(中古で360)
う、うう~む・・・3日ほど考えさせていただきます。

Posted by: ドクター | March 30, 2009 at 20:26

◆ドクターさん
うん、文庫本だから安くていいですよね。
しかし
360えんで 3日も考えるか~っ!

んでもですね、送料を考えると・・・?
ご近所の古本屋を探した方が賢明かもしれません。
もしくは
なにかCDを買うトキ、ついでに新品を購入するのがベストかと。
では
そーいうことで。

どーいうことだ?

Posted by: ken-G | March 31, 2009 at 00:51

ブルース版なら
僕が絵を描くから、ケンさんが文章書いてくれ。

でも、選ぶとしたらどのミュージシャンがいいのかな?
戦前、戦後の2部に分けたいね。

おぎ

Posted by: ogitestu | March 31, 2009 at 11:10

◆おぎてつさん
いいいい
いや、僕が絵を描いて、おぎてつさんがエッセイでしょ。
もちろん水墨画ですから
おぎてつさんは筆書きです。

巻物にしますか?
それとも
屏風絵に・・・・。
あはは~ 面白そうだ。

Posted by: ken-G | April 01, 2009 at 00:35

ブルース奇人伝とでも名付けましょうか。
巻物として、1巻、2巻。

そうかあ、ケンさんも絵を描くのだな。
それでは、書き手、描き手を交互に替えるという手もあるな。
僕は水墨画ではなくて水彩画で書きましょうね。

藤子不二雄みたいだな。ブルースのQ太郎でも良いかぁ!

オギ

Posted by: ogitetsu | April 02, 2009 at 00:28

◆ogitetsuさん
ふ、藤子不二雄・・・(笑)

バレましたか?
ボクが描くとマンガみたいになっちゃうんですよ。
いや
マンガ以下だな・・・・
とほほ

Posted by: ken-G | April 03, 2009 at 01:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/44507076

Listed below are links to weblogs that reference Portrait in Jazz:

« the sound from a each generation | Main | Ara River »