« M for Mississippi | Main | 冬 »

January 17, 2009

オト

  Yuki_g003


 一枚の携帯電話で撮られた写真が、メールで送られてきた。
 それは、ボディに不釣合いなヘッドデザインをした、なんだかカッコ悪いアコースティック・ギターの写真だった。
 送り主は、友人のフクちゃん。
 フォーク系全開ロック?をアコースティックで弾き語るオトコだ。
 この写真のギター。なんでも、最近のお気に入りだそうで、スバラしく良い音がするというのだ。
 ふむ、Yamaha か・・・・。
 なんとも興味を惹かれないギターだ。 自分だったら絶対に弾こうともしないだろう。 だいたい"オト"も想像がつくし・・・・。
 やっちゃったな・・・イケないギターを手に入れたようだ。 と、思いつつも、彼をキズつけないように配慮し返事を送る。
 すると、『このギターでライブを演るので、良かったら来て~』と、再着信が・・・。
 ううむ。
 

 で、行ってきました。
 が、しかし、予想を見事に裏切って、ホントに良い感じの"オト"が出てたのだった!
 うっわ~、どうして?
 そういえば、彼はネックがヘッド部で折れたものを木ネジでとめ修理したGibson J-200を使っていた事がある。 かなりのツワモノであるが、出てくるサウンドはけっして悪いものではなかった。
 おかしい・・・・と思い、自分も弾かせてもらったが、とんでもなく悪い"オト"しか出てこない。
 なぜだ?

 そう・・・
 楽器というものは不思議なもので、いくら高価な楽器でも弾き手に合わないと所謂"良いオト"は出てこないと思う。
 逆にいえば、粗悪な作りのものでも、弾き手に合っていれば"良いオト"は出る。という事だ。
 特に粗悪なものでもないが、彼の場合、ソレにちゃんとした音を出させる、俺とは違うナニかがあったのだ。きっと。
 そして何よりも、その楽器を気に入って、愛情込めて弾けば・・・ちゃんと"オト"は響いてくれるのだ。絶対。

 どんなカタチであれ、愛情込めて使えるもの・・・
 名器とは、そういうものなのかも知れない。


 Fuku_g
  ↑送られてきた"彼の名器" 愛情こもった写真


 ※トップの写真は記事内容とは関係ありません!(笑)


|

« M for Mississippi | Main | 冬 »

Comments

ふんふん、>>やっちゃったな・・・イケないギターを手に入れたようだ。<<野辺り、その気持ち分かります。僕でも同じに感じるでしょう。
僕も楽器店にたまに行って、買う振りしてギターを弾かせてもらうんだけれど、外見の良いギターで、音量も出そうなのに、弾いてみて、<なんじゃこりゃ?>ってのが有りますよね。

大きいボディのギターに、細い弦張ったりしてると音も響かないだろうし、僕のようにフィンガーで弾く場合は、少し幅広でないと弾きにくいし。

そうそう、この間、Washburnの限定復刻版のパーラーギターを弾かせて貰いましたが、音も結構出て、弾きやすかったです。

オギ

Posted by: ogitetsu | January 17, 2009 at 03:02

高額なギター = 良いギターではありませんが、良いギター = 高額なギターである事は間違いないと思います。
が、良いギター(高額なギター) = 自分に合うギターではありませんよね?
自分が満足出来る1本を見つける事が出来れば最高だと思います。

Posted by: Sleepy | January 17, 2009 at 23:29

◆ogitetsuさん
そうそう、結局は自分に合わないとダメなんです。
おっ、Washburnは、たまに変わったギターを作るんですよね。
パーラータイプですか? 面白そうですね、それ。


◆Sleepyさん
まったく その通りでございます。
Sleepyさんに選ばれたChakiも、きっと良いオトで鳴ってくれてるのでしょう。
幸せなギターくんですね。

さあ
ギター弾こうっと!

Posted by: ken-G | January 18, 2009 at 01:28

毎日ギター弾いてるのに
ちょっともうまくならないんですけど
どうすればいいですか
やっぱり「十字路ギター教室」へ行かんと逝かんですか

Posted by: Sa. Sa. King | January 19, 2009 at 09:54

◆Sa.Sa.Kingさん
ど、どうしたらいいですか・・・て?

それは弾きすぎですね。
毎日はイケません。 せめて週イチでお願いします。
たま~に弾くとですね
 おっ、自分、上手いやんかぁ
なんて思ったりなんかしちゃったりして・・・(日本語へん?)
ま、そんくらいにしといて下さい。
無理をなされないように。
処方箋を出しときますから、帰りに薬局へ寄ってください。
お大事に・・・。

Posted by: ken-G | January 20, 2009 at 01:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/43762665

Listed below are links to weblogs that reference オト:

« M for Mississippi | Main | 冬 »