« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008

October 31, 2008

Apple

 Mac

 つ、ついに この時が来た。
 Mac導入・・・!

 と、エラソーに言えるわけでもないが・・・
 ユーズドを、もらったも同然で頂いた。
 んでも、Mac はMac である。 
 まぁ、入門用としてあれこれ使ってみようと思ってる。

 で、さっそく、Mac使いの友人に手伝ってもらいOSのアップグレード。
 ちぃとCPUパワーが物足りないが、どうにか使えるみたい・・・。
 Ramもハードディスクも増設だっ!
 ええぃ、どうだっ、、、、(エバルなって!)
 
 よしよし、、と。 各種環境を再設定。。。
 おほっ、なかなか快適ですな、こりゃ。。。
 Safari でネットを・・・よし、コイツでさっそくブログを・・・
 ありゃ、写真が。。。メディア・スロットが無いので写真が取り込めない。
 ま、いいか。 次回から・・・だ。

 しかしなんだね、やっぱカッコイイな、見た目が。 あはは。

 

| | Comments (7) | TrackBack (0)

October 27, 2008

規格

 Yamahaのダンパー・ペダルをKorgで使用してみる。
 だが使えない・・・・。
 動作が逆になっちゃうんだな、こりゃ。
 
  Damper

 踏むとサスティーンが止まって、踏まないとサスティーンが付く。
 こういうのって、規格を統一して欲しいよなぁ・・・。 そうすればもっと音楽環境が良くなるのに。
 まぁ、楽器に限ったことではないが、ネジ規格とかいろいろ統一してもらいたい物が多い。
 それぞれのメーカーが色々と考えてるんだろうが、使う側にとっては不便でしょうがないのだ。
 
 よし、使ってやろうじゃないの! このペダル。
 単純に、接点を入れ替えれば動作が逆になるかな・・・なんて思って、配線をブチッと切断。 で、配線を入れ替える。
 ふふふっ、できた。 これでっと、、、プラグを差し込んで試奏・・・・
 ありゃ? ダメだな? どして? あらららららららら、以前と変わらず。
 んー、しばし考える。。。。。。。。
 あ、そーだよな、これじゃだめだ。 ナニやってんだろ、もう。 接点の動作が逆なんだから、ソコを逆にしないとイケナイのだった。 
 単純なことなのに・・・・あはは、笑っちゃいます。
 で、しょうがなく裏ブタを外し、、、作業。
 踏むと接点が繋るようにバネスイッチを改造。 ヤマハは離れるとサスティーンで、コルグはくっ付くとサスティーン、って回路なのだった。
 こんなの、どっちだって変わらないんだから、同じにしてくれってんだよ!

 あ、いけね
 Yamahaのキーボードも持ってるんだった・・・・汗。
 そっちで使えなくなっちゃた、あは、あは、あは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2008

i-pod ? walkman ?

 ミュージック・プレイヤーを買おうと思う。
 俗に言う「MP3プレイヤー」ってやつだな。 実際にはi-tuneなどはAACファイルを使うし、sonyを使ってもそうなるだろうから、mp3ファイルで音楽は聴かないだろな。 ダウンロードもしないだろうし・・・。
 ま、どっちでもいいか。 音質はもう、どうでもよいかな?
 と言うのも、イヤホン付けて聴くわけじゃなくて、車用にひとつ欲しいなぁ、と思って。
 走行中に聴くわけだから、音質はまぁそこそこであれば問題ないと思う。 もう、CDやMDをいちいち持ってくのも面倒くさくなってきたし(チェンジャーもあるんだけどね)、コピーするのもメディア代がかかる・・・(セコイ!)
 それなら、便利なモノがあるんだから、これを使わないテは無い!

 んでね、i-pod にしようか? Walkman にしようか? と本日の議題に上がったわけです(笑)
 ん~、値段もたいして違わないし。 どっちが良いんだろう?
 PCで i-tune を使ってるからなぁ・・・i-pod のほうが何かと便利か?
 しかし、なんと言ってもウォークマンです。 世界で始めて音楽を携帯させたブランドです、捨てがたいな。
 初めてウォークマン(カセット・テープの)を使ったトキの感動は忘れられない(大袈裟だっ!)
 こいつが世に出る前、NYの街角などではでっかいラジカセを担いだアフロ・ヘアーの兄ちゃんが闊歩していたものだ。 日本でも湘南海岸あたりじゃラジカセ持った兄ちゃんたちがビキニのネェちゃんたちをナンパしてたもんサ、、あはは~。
 て、いつのハナシだ? あ、俺より上の年代かな?

 どーでもいい話になってしまったが、とにかく、どっちか手に入れたいと・・・・。電気屋のポイントがだいぶ貯まってるので、これを使えば・・・ぬはは。
 
 あ、ラジヲを付けてみました。 →
 突然オトがなるので、うるさかったら切っちゃって下さい!
 切り離してチュナーとしてだけでも使えるので、聴きながら他の作業もできるようになってます。
 うるさかったら、切っちゃって下さい!


| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 16, 2008

Wave

 もちろん、電気式のチューナーも持っている。
 ライブ会場やスタジオ、騒がしい場所でのチューニングには必要だからだ。
 しかし、なんと言ってもコイツが俺にはとっては一番合わせやすいチューナーなのだ。

 Onsa

 ご存知のように「音」とは圧力の変動が空気を振動させて周波数の波となって聞こえてくるものだ。
 と、どこかに書いてあった。
 まぁ、こまかい事はいいとして、とにかくこの「波」が感じられる音叉が一番聴き取りやすい。
 電気式チューナーの発信音なんてぇのは最悪で、波がまったく感じられない。 だから、チューニングがしづらい・・・っというか、俺には出来ない。
 このテの機材でチューニングしても、一向にオトが合わないときがある。 一瞬、「とうとうこの時が来たか・・・嗚呼。」 なんてカン違いしてしまうが、なんのことは無い、音叉でやれば一発で音がとれるのであった。
 つまりナンだ、ギターの弦なんてぇのは振動が眼に見えるほどの波が感じられる楽器なので、同じ波を合わせる事が出来る「音叉」がベストなのかもしれない。
 ピアノも、言ってしまえば弦楽器(と打楽器)の一種なので、これにも合わせやすい。 が、電子楽器のキーボードとなると、これがダメなんだな、また。
 いわゆる"あこーすちっく楽器"同士・・・・これがいい。

 ピアノ で思い出したが、ピアノの場合、ピッチが440Hzで合わせてないものが多いので注意だ。
 441Hz~442Hzが多いかな? いわゆるコンサート・ピッチだ。
 国際基準でA=440Hzって決まりがあるのに、これだ。(笑)
 以前は、いやかなり昔は、コンサート会場の音響や指揮者等の好み、楽曲のイメージに合わせて、この「ピッチ」はかなり流動的なものだったらしい。 このトキの名残り、なのかな?
 17~19世紀のヨーロッパではかなり曖昧な「ピッチ」だったらしい。 もっとも、18世紀に周波数というものが知見されるまで、その基準となるものが無かったんだからしょうがないか。
 で、発見された当時の音叉を調べると、A=370Hz~560Hzもの差があったそうだ。
 ちなみに、ヘンデルの音叉はA=422.5Hz、ベートーヴェンのがA=433Hz、モーツァルトのがA=421.6Hz、だったらしいです。
 で、時代と共にどんどんと「ピッチ」が上がっていったそうです。 どーしてか?っていうと、高いほうが楽曲が華々しく聴こえたりするんですよね、微妙ですが・・・(笑)
 カラヤンとか、かなり高い「ピッチ」が好みだったようです。
 しかし、古い楽器は構造上の問題もあるようだが、低いピッチのほうが最良の音質が出せるようです。
 あのストラティヴァリウスはA=430Hzくらいが、一番良い音色を奏でてくれるらしい。
 だから、むかしの「ピッチ」のが低くかったのかな・・・。

 でね、A=440Hzってのが国際基準で決まったのが1953年なんだって! なんと、まだ50年くらいしか経ってないのだ。
 ま、アメリカではそれ以前にA=440Hzで統一してたらしいんだが、ヨーロッパでは結構アバウトだったようだ。
 んで、ヨーロッパでの戦前録音のレコードは、音源テープがマスタリング段階でA=440Hzにピッチ調整され、演奏時の音程とスピードと違う状態でプレスされた可能性が大いにあるそうです。
 べつにそのままでも良かったんじゃない? なんでソコに拘ったのか理解できないが、そういう事らしい。

 あ、
 かなり脱線した・・・
 まいいか。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 10, 2008

30Days

 ひと月ほど前に装填したフィルムがそのままだ。 

 Kxbw

 たまには写真を撮ろうと思って、Kodakを入れる。
 さて。。。と言った所で豪雨。
 その中をカメラを持って外出する気にはならなかった。
 結局、何も撮らずにそのままになってる。

 たまにはストラトの弦でも張り替えるか?っと思ってLaBellaを張る。
 よし。。。 が、夜中だったのでアンプが鳴らせない。
 音が出せないので弾く気になれず、眺めるだけ。
 結局、そのまま弾かずに弦が古くなる。

 たまには車でも洗ってやろうと思い、洗い始める。
 あ、。。。電話だ。
 なに? あらら。 どーして? なるほど。 で、、、い、今から来い?
 結局、タイヤを洗っただけで出発したまま、洗車は完了してない。

 今度の日曜には
 弾いて、撮って、洗車する。
 
 そういう予定だ。
 
 よし。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

October 05, 2008

Scarecrow

 Scarecrow - 案山子 又は "やっせぽち""みすぼらしい"という意味もあるそうだ。
 同名の映画もあったな・・・・。日本には「Scarcrow」という名のロックバンドが存在するそうだが、俺ぁ見たことも無いし聴いた事もない。
 Kakashi1
 ま、とにかく「かかし」は田んぼに立って害獣を追っ払う役目をになってるのだが、本当に役に立ってるかは疑問だ。
 特にこの様ないでたちの「かかし」くんはどうなのだろう?
 たしかに、角刈りで一見コワそうにみえるが、幼さが残る顔立ちでもある。 
 それに・・・野球のユニフォームって、どうよ?
 できればバットの一本でも持たせておけば、まだその効力に期待できる?かも知れないが。
 い、いや、これを見てビビってしまう害獣がいるのか?
 まぁ効果があるから立たせているのだろう・・・きっとそうだ。
 うむ。
 おいしいお米を作って下さい。 
 せめて米ぐらいは100%自給を保てるよう頑張ってくれ!

    て、コイツが作るわけじゃねぇか・・・・。  


| | Comments (6) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »