« Flyi'n on a V-Disc | Main | Scarecrow »

September 27, 2008

One day 

 ある日の夕方、騒がしく部屋に入ってきたヤツらが、俺のギターに狼藉を働いていった。
 弾き方などあったもんじゃない。ただ次々と音を鳴らして、自分なりのやり方で楽しんでいる。
 もっとも、あえてこっちから弾いて聞かせた事もほとんど無いので、彼(彼女)らは正しい弾き方なんて知らないのだ。
 自分のやりたいように弾く・・・楽しければ良い。 これで良いのだ、やらせておけ。
 そのうち 「ドの音はどこだ?」 とか 「ピックはどう使うんだ?」 とか聞いてくる。 そんな事をしながら徐々に弾くようになるのかも知れない。 ま、どっちでも良い。
 なかでも二歳児の甥は、そうとう気に入ったようである。
 自分の背丈より大きいギターを床に転がし、何度も何度も弦をハジいて遊ぶ。 その真剣な表情が笑える。
 
   Kidswguitar

 あー、しかしね、キミが横倒しにしてバシバシひっぱたいてるのは"Gibson"っつーてね、けっこう頑張って買ったギターなんだよ。
 あぁー、そんなにムキになって叩かなくても・・・・。
 あぁぁー、ヨダレがたれてるから・・・・。
 も、もうそろそろ終わりにしねぇか? え?
 まだやる?
 あ、そー。

 ・・・・・。


 ・・・・・・。


 しくしく。


 

|

« Flyi'n on a V-Disc | Main | Scarecrow »

Comments

うわ
45ですか?
よだれべとべとで使えなくなったら
ボクにくださいね
乾かして弾きますから

おしっこついててもオッケイです


Posted by: sa-sa-king | September 27, 2008 at 07:57

ケンさんて寛大なんスねェ、
この"Gibson"が僕のモノなら
(この子 バシバシしばいたるねン)

あ、間違ってもウッド・ストックの
ピート・タンジェントとかモンタレイのジミ、「欲望」って映画のジェフ・ベック、
ああいう映像は子ども達には見せないように・・(チト旧い?)。

Posted by: ドクター | September 27, 2008 at 08:28

うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ。
ネックは折れてないすか?

Posted by: Sleepy | September 27, 2008 at 10:09


はははsmilesmile
おもろすぎー!!
もっと やったれー!!

Posted by: わてダ。 | September 27, 2008 at 12:42


 私ならば
 シバキあげます
 

Posted by: がちゃこ | September 27, 2008 at 23:11

ギブソンって・・・・

ネックが・・・・

折れやすい・・・・のに・・・・

Posted by: srvyao | September 28, 2008 at 01:32

◆Sa.Sa.Kingさん
よだれ・・ベトベトですよ~。
ぼくも乾かして弾くつもりです(笑)か?

まだオムツしてますので、おしっこもウンチもセーフでした。


◆ドクターさん
ぼくには二人の弟がいます。
が、彼らはギターも弾きませんし音楽もあまり興味がありません。
それはガキの頃、兄が自分のギターやレコードに触れることを許さなかったから。。。かもしれません。
もっと楽器などに触れていれば、すこし違った思いも出来たかも・・・とも思ってます。
だから、彼らの子供たちには自由に触れさせてあげよう。
と、思う大人になったken-Gなのです。
寛大などではないのです・・・・。

あ、
旧すぎです・・・が、ぼくは全部観てます。あはは~。(これでいい?)


◆Sleepyさん
ネックは大丈夫です。
ま、そのへんは眼を光らせていましたから・・・うはは。


◆わてダ。さん
も、もっとやったれー!! って?
なにを期待してるんすかぁ?
もーたいへんだったんですから。
これから清掃作業です・・・はぁぁ。


◆がちゃこ さん
んな、シバキあげる、て (笑)
ま、いいんですよ
こうしてギターも鍛えられていくんです。
多少の粘液も栄養になることでしょう、わはは。


◆srvyaoさん
確かに、ネックは折れやすいですよね。
でも、ぶっ倒したわけではないので・・・大丈夫です。
ヨダレ被害だけで助かりました、あはは。


Posted by: ken-G | September 28, 2008 at 02:13

ケンさん、太っ腹!
パチパチパチ!

彼らにはシガーボックスギターでも作ってあげたら良いのでは? まあ、昭和のテンプラ油の缶を使っても良いかも。

Posted by: ogitetsu | September 28, 2008 at 10:24

やっぱりブルースマンの血ですかね。ちゃんとギターを楽器として扱っていますから。我が家のこう君たちは武器として使用しております。

Posted by: koukinobaaba | September 28, 2008 at 19:09

がはは、でもまだ2歳児のボクちゃんでよかったわ。これがニャンコだったらガリガリのボロボロに…でも子どもたちって無限の興味で全身でぶつかってくるから面白いよね!

Posted by: NOVA | September 29, 2008 at 00:27

◆ogitetsuさん
天ぷら油の缶・・・。
いっとかんで作るか?
そういえば、ミシシッピではポリタンクでギター作って弾いてるブルースマンがいますねぇ。
自作ギター・・・一度やってみたいっす(笑)


◆koukinobaabaさん
いやいや、まだ楽器という認識もないですよ。
ただ音がなるから興味をもっただけだと思います。
ヨダレという武器で攻撃してました・・・とほほ。


◆NOVAさん
そーそー、なんでも興味を示して飛びつきます。
ま、一時期だけですかね?
ちゃんと弾くことに興味をもつのはいつの日か・・・。

猫でなくて良かった・・・あはは。


Posted by: ken-G | September 29, 2008 at 01:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/42605522

Listed below are links to weblogs that reference One day :

« Flyi'n on a V-Disc | Main | Scarecrow »