« Museum Guitars | Main | 柴又 »

May 18, 2008

In Concert 1970 / Howlin' Wolf

 遅ればせながら、、、観ました、、、このDVD、、、すごっ。

In Concert 1970 / Howlin' wolf

Wolf 1970年のワシントンCDでのライブ・・・らしい。 あぁ、もちろんハウリン・ウルフさんの映像でございます!
 らしい・・・てのは、ま、他の記録では「'73 シカゴ・ライヴ」って記述もあるそうなのです。 ま、どっちでもいいや、ね。
 とにかく裏切りませんねウルフさん! わはは!
 登場の仕方から、もう、イっちゃてます。 気合入ってるなー、ってな感じがびしびし伝わってきます。 ・・・いつもこうだったのかな?
 ウルフさんも、もう60歳ぐらいだってのに、パワフルですねぇ。 まぁほとんど座ってる?けど、その威圧感ったら、もー、他に類を見ない程きょーれつ! さっすがです。 
 で、たまにウロウロとステージを歩き廻る・・・そして止まる、睨む、微笑む。 こ、これだけの動きでも、また迫力あるんだな。
 時折みせるアクション?も唸らせます。
 唄もいい感じですね。 ん~っ、オリジナル録音版とは違ったアレンジで攻めてきますヨ、、、うはは。
 そうそう、ウルフさん後のほうでぇ、あまり映ってないのが残念だけど、ヒューバート・サムリンさん! やっぱこの人のギターって、いいんだよなぁ・・・!
 ボーナス・トラックはどっかのクラブでのギグ。
 おっ、カラー映像だよ。
 んっ? 一曲だけ?
 なんだよー、ホントはもっとあるんだろ?
 観してくれよぉ、、、もー!


    


|

« Museum Guitars | Main | 柴又 »

Comments

そりゃ、そうでしょう。
この人だったら、つっ立ってるだけで、絵になりますもん。まあ、歌って踊って、演技や見得も切れるお役者さんというところですね。

オギ

Posted by: ogitetsu | May 18, 2008 at 23:01

あ、間違ってもステージの上から客席に睨みを
きかす様な真似はしないでくださいね。
「やるんか?おー?!」ちゅうて、いらぬ誤解を
招いてしまいかねません。
ところで、下の「ウィジェット」なかなか面白いですね。ボタン押し続けたら回るわ回る。
目ぇがくらくらしてしまいました。

Posted by: バビロン | May 19, 2008 at 00:08

◆ogitetsuさん
立ってるだけで絵になる・・
ったく、仰せのとおりで!
音声無くても楽しめるかも。 いや、そりゃ無いか、あはは。
ブルースのパフォーマーたちは本当に素晴らしいデス!


◆バビロンさん
あ、ボクですか?
ワタクシの場合ですね、もっぱら客の方から睨まれることが多いので・・・汗。

クルクル回るの・・・面白いのでウルフさん集めて作ってみました♪
あら、くらくらしちゃいましたか?
では反対に回して戻して・・・
も、もどるか~! て
はい、すいません、も一回くらくらして下さい(笑)

Posted by: ken-G | May 19, 2008 at 20:51

私もついこの前撮ってきました!ハウリンさんのライブ…のポスター…すんません、つまらんこと言って…

Posted by: NOVA | May 20, 2008 at 06:05


 私が心から願うことは

  動くエルモアが見たい

 ただそれだけです


Posted by: がちゃこ | May 20, 2008 at 21:37

◆NOVAさん
え?
ライブのポスター?
ほ、欲しい~な~!それ。
写真撮ったんですか? こんどブログで見せてください。
よろしくです!!


◆がちゃこさん
そろそろ誰かがCG合成で作っちゃいそうですね?
そんで、エルモアの映像、世紀の大発見!てね
巷ではもー大騒ぎサ。

ま、あれですよ、
ロバート・ジョンソンの写真と同じように
あったらあったで、、、ね。

自分の描く素晴らしきエルモアを、ココロの中で映像再生させましょう!

Posted by: ken-G | May 21, 2008 at 00:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/41250147

Listed below are links to weblogs that reference In Concert 1970 / Howlin' Wolf:

« Museum Guitars | Main | 柴又 »