« ES175 Model Repair Ⅱ | Main | Wakasagi Challenge 2008 »

February 01, 2008

ES175 Model Refine Ⅲ

 前回配線を終えたアッセンブリーを取り付ける。
 ピックアップ取り付け穴から、そっくりそのままズルズルと・・・。 ポットやジャック穴からひも状のガイドを予め通しておいて、ソレをひっぱりつつボディ内側に引き込んでく。
 各自が穴に納まってくれれば、あとはナットを取り付け、締め込み・・・終了。 ま、ある意味「簡単」。

 175_004

 弦を張って、かるくチューニング、、、、アンプにプラグイン!
 をををっ!
 なかなか良いんじゃない?!
 ハコ物なのであまりシャープさは感じないが、ハムバッカー特有のアジは随所で感じられる。 ちょっとパワフルにもなっちゃたかな?
 やっぱ「P90」系のシングルコイル・ピックアップのほうが相性が良いかな?
 でもまぁ、自分としては久々のハムバッカー・サウンドだぁ~。 ってな感じで、上出来!
 
 さぁ
 次はナニやる・・・?
 あ
 ナットだ・・・。

 いつやる?

|

« ES175 Model Repair Ⅱ | Main | Wakasagi Challenge 2008 »

Comments

ふ~ん、ふ~ん、ふ~ん、こうやって電気ギターって作られていくのねって、ギター職人さんのところに社会見学に来た小学生の気分を味わいました。

Posted by: NOVA | February 02, 2008 at 07:27


おひっさー!!

こんなことが 好きなヒトって・・、
       出きるヒトって・・尊敬。

あ、わては昔 テキスタイルの仕事ちょびっとしてたので、
ポスターカラーひととおりあれば、どんな色でも作れます。
(って、その道のヒトなら誰にでもできる事やけど、
 その道じゃないヒトには びっくりらしいで。)

Posted by: わてダ。 | February 02, 2008 at 19:38

◆NOVAさん
いやいや、自分で出来るトコぐらいは自分でやりたいな~。って、それだけなんですよ。
で、ちょっとでも良くなればね、ウレシイじゃないですか!
ま、そんな感じで修行の日々を送ってます。
あはは

◆わてダ。さん
そ、尊敬て・・。
んな、ギター弾きなら一度は誰でもやりますって。
ただ、壊すか治るかの差だけです(笑)
ここが分かれ目です。

で、テキサススタイルってなんですか?

てきすたいる?
同じようなもん?
やっぱ
ライトニン爺やレモン爺みたいいなこと?
ほー、そりゃスゴイです。

い、いい加減にしろ?

すんません・・・。

Posted by: ken-G | February 02, 2008 at 21:46

そらもー尊敬尊敬
電気いらえる(触れるの関西バージョン)ひとて
ごっつ(とてもの関西バージョン)尊敬します
なんせ
関西では
電気のことは関西電気保安協会
ゆうぐらいやからね

ほんで
テキスタイルというのは
タイル職人のことではないでしょうか
銭湯の壁とかナニするひと
え?
ちゃう?(ちがう?の関西バージョン)

Posted by: さーさーきんぐ | February 03, 2008 at 01:31

◆さーさーきんぐさん
あらら、そんな、ハズカシです。

あれ?
タイル職人のことでしたか?
そーですか。
いやボクもそうじゃないかと、思ってたんですよ。
間違いないですね。
ね。
残る疑問は テキス ですね?
テキ・ス・タイル・・?
テ・キス・タイル・・?
ん~
ん~


Posted by: ken-G | February 03, 2008 at 02:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/17922116

Listed below are links to weblogs that reference ES175 Model Refine Ⅲ:

« ES175 Model Repair Ⅱ | Main | Wakasagi Challenge 2008 »