« Magazine | Main | ES175 Model Refine Ⅲ »

January 29, 2008

ES175 Model Repair Ⅱ

 ふううむ。
 リペアと言っていいのか、どうなのか?
 けっきょく、電装関係総交換の巻、、、、なのだ。

 175001

 ポッド、ジャック等を、外したピックアップの穴からピックアップごと配線の付いたままごっそりと引き出す。
 こうするしか無いんですよね、フルアコの場合・・・。
 ちょっと面倒くさいけど、1PUだから、まだラクな方だ。
 んで、ピックアップも含め、もうすべて使わない、、、、使えない物なので、全部作り直し・・・あはは。
 
 175002

 上のが外したヤツ、で下のが新しく作ったもの。
 配線とか、ちょっと汚く見えるけど、これはベルデン製のビンテージ・ストックなので見かけはばっちぃが性能は良し。
 ボリューム・ポットはCTS製に・・・・とうぜんボディ側の穴サイズが違うのでリーマでゴリゴリ。
 トーン・コンデンサーは手持ちであったVitamin Qデッドストックを。
 なんだか、ボディに対してずいぶん贅沢な仕様になってきたなぁ。
 そんでもってピックアップは、引き出しで眠っていた十数年前の ダンカン JB を呼び起こすことに・・・。
 うむ、どんな音になるんだろ? ま、ノーマルよか良くなるよな、きっと。

 またねぇ、これを組み込むのが一苦労なんですよ。
 まとめてピックアップの穴から入れなきゃなんない、、、、あ~、手間がかかるなぁ。

 また明日だ。
 な。

|

« Magazine | Main | ES175 Model Refine Ⅲ »

Comments

おっ,やっときましたね。この作業。

面倒ですよねぇ。箱モノの配線交換作業は・・・

それに比べてストラトときたら。笑
Leo Fender氏の偉大さはそんなところにも感じますね。

Posted by: katoo | January 29, 2008 at 07:15

うわ
ばらすんやねー
すげー
さすがは職人さんや
ほんで
つづきは明日ですね
うむむ
あしたか...

Posted by: さーさーきんぐ | January 29, 2008 at 12:34

◆katooさん
あはは、やっときました~。
ん?
まぁ、335よかラクですよ、コイツぁ。

そうそう
フェンダーの楽しみ方のひとつは、
そういうとこにもあるんですよね。
レオさんに感謝!です。

◆さーさーきんぐさん
ばらします
ばらします
なぜなら
そこにギターがあるからサ
ここにドライバーがあるからサ

けずります
こすります
なぜなら
そこにギターがあるからサ
ここにヤスリがあるからサ

♪Mid Night Hour Blues in Saitama

Posted by: ken-G | January 29, 2008 at 21:19

ううん、拙者エレキテルの話は皆目分らない。

この間、リゾネのビスケットを好感してたのですが、少し削らなければならなかったのです。頼みにしていた糸鋸の旋盤は、良いタイミングで壊れた。仕方が無いので、ナイフで削って、紙やすりでゴシゴシしました。

持っているテレキャスのスイッチも交換したいと思ってますが、なんせエレキテルなもんで、躊躇してます。ケンサン、尊敬!

オギテツ

Posted by: ogitetsu | January 29, 2008 at 23:43

◆ogitetsuさん
好感?
あはは!

そう、ゴシゴシが基本です。
あ、スイッチですか?
それだけだったら、ハンダごてが使えれば大丈夫ですよ。
付いてたもんを外して、その順番通りに配線をハンダすれば良いのです。
なーんも考える必要が無いです。
がんばて下さい!

Posted by: ken-G | January 30, 2008 at 01:52

う~ん、時々思うんですよね。kenさんって何者なんだろうって…

Posted by: NOVA | January 30, 2008 at 02:35

◆NOVAさ~ん
ふふふ、
それはボクにも分からない・・・

Posted by: ken-G | January 30, 2008 at 12:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/17879664

Listed below are links to weblogs that reference ES175 Model Repair Ⅱ:

« Magazine | Main | ES175 Model Refine Ⅲ »