« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

November 30, 2007

New Orleans  到着!

 ヒューストン乗り継ぎでニューオリンズへ、やっと到着!
 いんにゃ長かったぁ・・・。 もう飛行機だけで疲れきってる、、、歳だな。
 ヒューストンへも寄って来たかったんだけどね、次回のお楽しみにとっておきます。

 001

 002

 ニューオリンズ国際空港は、その名も「Louis Armstrong New Orleans International Airport」というのが正式なのだそうだ。 さっすがJazzの街!
 到着ゲートを抜けて、とりあえず我慢していたタバコを吸いに外に出ると・・・どこからともなくトランペットの音が聞こえてきたんだな~、これがっ♪ どこで吹いていたんだろ?謎です。

 おしっ。 はやる気持ちを抑えつつ、いざレンタカーで街へ・・・・っと行きたいトコでしたが、まずはモーテルにチェックイン。 ちょっと休んで体制を整え・・・行ってきましたよん。

 003

 ボーリング場! あはは!

Continue reading "New Orleans  到着!"

| | Comments (5) | TrackBack (1)

November 29, 2007

to Big Easy

  Mm
             Pentax KX  SMC Takumar 55/f1.8 PRESTO


 ふう、やっと、どうにか用意が出来た。
 ったく、直前にならなきゃナニもしないんだから、、、困ったもんだ。 反省。

 てぇわけで、明日からちょいとニューオリンズへ行ってきます。
 なにもこんなオフシーズンに!って言わないでね~。 やっと都合が付いたんだからさ!(笑)
 あ、もう今日になっちゃった、、あはは。 (Now on 0:15 am)
 いつっも誰か誘っても、「はぁ~?ミシシッピィ?」とか「オースティンて、どこ?」なんて言われて、一人で行くのが常なのです。 が、今回はナニを勘違いしたのか、付いてくるという男がいる。
 音楽とはまったく無縁、飛行機も初めてというヤツなので、ニューオリンズがいったいどんなトコなのかも知らないと思う。 あぁ、どうなることやら・・・。

 まとりあえず、パソコン持って行きますので、ネット環境が良ければ現地からブログもアップしたいと思ってます。
 では
 ちょっと行てきます。。。。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

November 25, 2007

A Streetcar Named Desire

 「欲望という名の電車 (a Streetcar Named Desire)」という映画を観た。
 ニューオリンズを舞台に、ビビアン・リー、マーロン・ブランドという名優が競演する、、、古い映画だ。もちろん白黒。
 テネシー・ウィリアムズという人の戯曲を映画化したもの、だそうだ。
 タイトルが意味有りげで、興味を惹きますよね。 で、かなり昔のことだが、戯曲作品とは知らず、この本を読もうとしたことがある。
 中身も見ずに文庫本を買ってきて読み始めたが・・・・半分も、いや1/3も、いや1/4も読まないうちに、このセリフやらなんにゃらの構成に疲れてしまい、それ以上読む気が失せてしまったのだ。
 今回、やっと映画を観て内容が分かったのでした・・・汗。 んで、映画の方は、イギリス女優のビビアン・リーと、もろアメリカン(笑)のマーロン・ブランドとの対比が非常に面白かった。 が、ニューオリンズの街の様子がイマイチ伝わってこない。 もうちょっとニューオリンズらしさを演出して欲しかったな。これじゃニューオリンズを舞台にする意味が無い。
 あそうか、このタイトルにしたかったから、舞台をニューオリンズにしたんだな・・・きっと。

 自分がこの作品に興味を持ったそもそもが、そのタイトルにあったのは間違いない。
 "欲望という名の電車"ってナニ電? である。
 物語はアメリカ、ルイジアナ州のニューオリンズ、フレンチ・クォーター近くのElysian Fields Ave.にあるアパートが主な舞台になっている。
 ニューオリンズのユニオン・ステーションに列車で到着したブランチ(ビビアン・リー)は、Desire(欲望行き)の市電(路面電車)に乗って妹の住むElysian Fields Ave.(極楽通り)へ向かう。
 うへへ、面白いですよね。

Continue reading "A Streetcar Named Desire"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 22, 2007

MAZDA T2000

 Sanrin


 見事にレストアされたマツダT2000 通称、オート三輪。のひとつ。
 ん~、すヴぁらしい!
 たかがトラックである、しかし、ソレだけではすまされない、なにかこう、気品さ漂うデザイン。 ううむ、なんて個性的な車なんだろう。 ちょっと見とれてしまう・・・。
 思わず写真を撮らせていただきましたよ、、、無断で掲載。(謝)
 しかし良くレストアしたよな~、部品も無いだろうし・・・。
 
 排気ガス規制やらなんやらで、古い車を維持するのが大変な昨今。
 現役で走らすことの難しさは分かっているが、なんとか一台でも多く生き残ってもらいたいもんだ。
 オーナーさん、がんばてね~。

 しかしね、日本の自動車関連の法律って、ちょっとキビシイよな。
 もちっと自由に、車を楽しめるようにしてもらいたいもんだ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

November 19, 2007

MINOLTA TC-1

 Tc1001

 スイッチを入れると、不恰好なレンズが"ジジー"っといって顔を出す。
 なにやら主張がありそうで、無さそうで・・・。
 こいつはミノルタの銀塩コンパクト・カメラ最高峰モデルなんだそうだ。
 なるほど、チタンボディが美しい。 いかにもヤリそうだ。

 「お、兄貴、最近フィルムカメラで撮ってるんだって?」
 「あぁ、まぁな。」
 「あそ。 んじゃコレ使ってみる? あげるよ」
 「ん? ナニこれ?」 
 「ナニ?じゃないよ! けっこう良いカメラなんだぜぃ、、、もうっ」
 「あそー。 じゃ、貰っとくよ」
 とか言いながら、久しぶりに会った弟からこんなカメラを貰ってしまった・・・。
 後で知ったのだが、けっこうどころか、かなり贅沢なカメラなんだなー、これ。 アリガト。弟よ!
 う~ん、俺にゃぁもったいないなぁ・・・。 なにしろ基準がペンだからな・・・あはは。
 ナニナニ? 絞り羽根が無い? なるほど、丸いのが出てくるだけだ。 ペンは真四角だってぇのに・・・。
 こりゃ面白そうだ。

 またひとつ、遊び道具が増えてしまったよな・・・・。


 Tc1002


 いあや、今回はバラしませんよ、あはは。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 17, 2007

ES-175....モデル

 175bw
             Pentax KX  SMC Takumar 55/f1.8 PRESTO

 フルアコ。
 セミアコ。
 何も知らない人が聴いたら、なんの事だか分かんねぇだろうな。
 ましてや、日本だけで通用するギター用語でもある。 ま、エレクトリック・ギターのバリエーションのひとつ、、、かな。
 ようするにボディが中空のギター二種。 フル(Full)にホロー(中空)ボディ と センター・ブロックの入ったセミ(Semi)ホロー・ボディってこと。 厚さが薄くってもセンター・ブロックが無いとフルアコって言ったり。 ・・・そんな感じ。 ・・・アバウトだな(笑)

 んで、最近フルアコ・ボディのギターが欲しくて、なんか良いのがあればいいなー、って探してた。 別にギブソンやグレッチじゃなくても良いんですよ。 いや、かえって変なカッコのが欲しかったりして・・・。
 そしたら、知人の方が安く譲ってくれるって! ・・・あぁ、神の恵みか!
 BurnyのES-175モデル。 ま、ギブソンのコピーモデルですね、こりゃ。 
 でも、なかなかフルアコの音がしますよ、あはは。 調子に乗って数週間弾き続けたんですが、まぁ、元々がリーズナブルなギターなんでアレですね。ぼちぼち直したいトコはあります、あります、あります。
 ピックアップ等の電装系は総交換になるでしょう。 あと、やはりナットは交換調整したいな、そしてブリッジはウッドにしたいし・・・っと、思案を重ねる日々なのです。
 でもねぇ、塗装が、、、イマイチなんだな。
 厚~い塗装でぎラギタしてる。。。こりゃそうとうオトを殺してそうだ。
 薄~くラッカー塗装で仕上げれば、もっと生音が生きてくると思うなー。
 う~ん、でも塗装まではちょっとやれないなぁ・・・。
 ま、それよりも弾こう! とにかく。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

November 15, 2007

ACL Winner !

 Aclwin002jpg

 うひゃひゃはひゃ~!
 サッカー・アジア・クラブ No.1 は浦和レッズに決まった!
 どーだ、思い知ったか!
 開催国枠なんて必要ねぇんだよ!
 自力で『クラブ・ワールド・カップ』出場をもぎ取ったぞ~。
 まだまだ世界で通用するレベルではないと思うけど、とにかく出場するからには全力で戦って欲しい。
 なにしろアジアの代表なんだからね、恥しくない試合をしてもらいたいのだ。
 そしていつの日か
 6大陸の頂点に・・・・アジアのチームが上り詰めることを願う。(できれば浦和レッズ)
 長~い目で待ってます。


 Aclwin001

| | Comments (5) | TrackBack (0)

November 09, 2007

回線

 Densen_2 
                  Olympus PEN-EE / CENTURIA


 ついこの間までダイアルアップで、あ~もうっ、開かないっ。
 とか、電話料金も気にしながらイライラしてたインターネット回線。
 いや、これからはデジタルの時代ですよ! 
 とか囁かれ ISDN 回線に。 それでもまだ煙草の吸殻は山となる。
 いや~、これからは大容量のADSLでWebもサックサクですよ。
 なんて言われりゃぁ、つい変えたくなってしまう。
 それでもまだ基地局から距離の問題もあった。 思うような速度は出ない始末で、サックサクとは言いがたい。
 いやいや、光ですよ。 これからはね、動画もダウンロードもバンバンできるしね、ぶろーどばんどですよ、あ~た。
 
 と言うわけで、我が家に光回線がやってきた。
 次々と新しいテクノロジーが開発され、一般化する事は嬉しいが、なんだかんだ言って、NTTにすっかり振り回されてる気がする・・・。
 もうあと3年もすれば、新しいブロードバンド・システムが今の回線に取って代わるのだろう。
 そしてまた
 いやいやいや~、時代は○○○ですよ! 今変えると工事費タダ! 2ヶ月無料!
 とかね、言われちゃってさ・・・・
 
 きっと、ずっとこれの繰り返しだな 。 。 。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 06, 2007

Elmore's Guitar

The Classic Early Recordings 1951 - 1956

 そー言やぁ、エルモア・ジェイムスのコンプリートCDが出るって、誰か言ってたな・・・。
 あ、もう発売されてたっ。
Ej うん、コンプリートじゃなくて "The Classic Early Recordings 1951 - 1956" なんだな。 あ、そう、以前でてた三枚組みと同じ内容? 
 てぇわけで、絶版になっていたCDの再版らしい。 ま、輸入盤だったら手に入ったと思うけどね、日本語ライナーノーツ付きなんで欲しい人も多かったんでしょう。 これは良いことです!
 でも、持ってるんだよなぁ、コレ。 ちょっと変わったのも期待してたんだけどね、無理だよな、あはは。 もう新発見テイクなんて出てこないだろうしな~。 彼の映像もまったく無いらしいし・・・み、観たいっ!けどね。
 でもって、久しぶりに聴いてみました、これ。
 う~ん、さすがに三枚続けて聴くのは、、、ツライかも!(笑)
 いや、彼のパフォーマンスはどの時代のものでも大好きなんだけどね。 うん、誰が何と言おうと彼はすヴぁらしいヴォーカリストであり、ギタリストなのである。
 でもね、同一曲の別テイクなんかを、ただ並べられたら、、、ちと、、、疲れる、、、かも。

 で、いつも思うのだが、ジャケット写真などでお馴染みの彼のアノ、ギター! これがくせ者なんだな~、ねぇ!
 レコードに収められたあのサウンドは本当にあのギターのオトなんだろうか? という疑問が毎度々々アタマをよぎるのだ。
 トランペット・レーベルに吹き込まれた一番最初の音源は、ちょっとソレっぽい感じがしないでもない。 が、それ以外の全ての音源はアコースティックっぽさが感じられないんだよなぁ・・・。
 あ、悪い意味では無いですよ、そういう音がしねぇなってだけです。
 ま、亡くなるちょっと前のセッションでは「ギブソンを使ってた」なんてぇハナシもある事はあるが・・・・。

Continue reading "Elmore's Guitar"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »