« The Polyjesters Live ! | Main | Blues Carnival 2007 »

June 11, 2007

Jimi Hendrix Strings and Picks

 ジミ・ヘンドリックス弦とピック。
 うむ、これで私もジミヘンだっ!
 ゐ? 
 きみヘン・・って。
 
 Jimi_pick

 【Strings】
 これと同じものを実際に彼が使っていた訳ではない。
 が、彼のキャリア後半に使用していたものを調べて、作り上げた仕様の弦らしい。
 "Dean Markley"製なので、まぁ悪い製品ではないでしょう。
 しかし、これを使うのか?って聞かれても・・・困る。

 【Picks】
 ペイントがジミヘン各種
 厚さ:Heavy
 絵を見て楽しむものであって、使うものではない。
 
 ま、じみへん好きは欲しいよな・・・あは、は、は。
 

 ※Dean Markley Strings
 ※Jim Dunlop Picks

|

« The Polyjesters Live ! | Main | Blues Carnival 2007 »

Comments

このひと
やっぱり
地味なわりに変です

しばらく藍歌布教の旅に出ます

Posted by: ざざぎ | June 12, 2007 at 11:55

◆ざざぎさん
ゐ?
アジア諸国に布教活動ですか?
そうですか
今回こそ藍調のしらべを叩き込んできて下さい。

それが世界を救う道なのです。
アーメン!
アッラー!
なんまいだ!

あれ?

Posted by: ken-sann | June 12, 2007 at 22:36

「ken-sann」さん、只今、穴掘って埋めてきました!有難うございます。

Elmore Jamesはレコードは”もちろん”持っていないし、ネット上に映像も見つからなかったので、気前よく何曲も音源をアップしてあったので大喜びでリンクさせて頂いた次第です。それにしても、さすが「ken-sann」さん!聴き分けが出来るなんてすごい!こっとブルースマンには私がエルヴィスとJBを聴き分けられるくらい簡単なんでしょうね。

Posted by: koukinobaaba | June 13, 2007 at 00:22

◆koukinobaabaさん
うへへ、すいません、差し出がましく・・・。

Elmore・・残念ながら彼の映像は残ってないんですよ。
まぁ彼に限らず、古いブルースマン等の映像はあまりありません。
当時としては黒人音楽なんて撮る価値も無いと思われていたんでしょうね。ほんとに残念です。

聞き分け・・て、そんなに凄くないです。
なぜなら、書いてありますって、サイトに!
あは

Posted by: ken-sann | June 13, 2007 at 21:15

ゲージが11から52ということで、少し巻き弦が太めなんでしょうね。
やはり、ブルースから入った人は、太目の弦を好むのでしょうか?
やっぱり、音の伸びが違うような気もします。

オギ

Posted by: ogitetsu | June 13, 2007 at 22:31

☆ogitetsuさん
いや、いろいろと種類があってボクが選んだのがこのセットなんです。
でも普段はエレクトリクでも0.12からのセットを使ってるんで、ちと細い。
うんうん、やはり太めの方がハリがあったりして好きです。
慣れ、ですね、太いのも・・。

昔、日本の軍隊では制服や靴のサイズをあまり選ぶ事ができず、
「足を靴に合わせろ!」
とか言われたそうです。
イイ音が出したければ、
「ウデを楽器に合わせろ!」
と言いたい!(笑)
弦メーカーも、もっと太っいのをラインナップしてもらいたいもんです。

Posted by: ken-sann | June 14, 2007 at 00:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/15390033

Listed below are links to weblogs that reference Jimi Hendrix Strings and Picks:

« The Polyjesters Live ! | Main | Blues Carnival 2007 »