« 試し撮り | Main | American Folk-Blues Festival : British Tours »

May 19, 2007

CGMB

 マルボロのボックス・・・なんでこんな物しか持ってなかったんだろ?
 今でもちょっと悔やまれる・・・。

 Gmb2

 Oct. 27 ’99 と記されている、このヘナチョコな字。 ちょっと見るとなんて書いてあるのかも判別できない。
 しかし、これは誰であろう「Clarence "Gatemouth" Brown」さんのAutograph、そう直筆サインなのであります!
 
 当時、NYに住む友人のアパートに無理やり居候していたボクは、よくビレッジ周辺をウロついてた。
 この日もいつものようにフラフラと「Bottom Line」の前を通りかかったとき、ふとサインボードが目にとまったのだ。
 ん? なになに、「今日の催しはテキサス系のブルース!」ってか? よしっ。
 つーことで、ゲイトマウスさんのライヴを眼の前で(ほんっとに真ん前)で拝んで来たのでした。

Getemouth あの皮製のピックガードが付いたファイアーバード! なんとも上手く操って素晴らしいサウンドを出していたのを思い出します。
 いやしかし、眼の前で見ると凄いですよ、この人。 貫禄、余裕、酒、煙草。 好きなようにステージを仕切ってました、あはは。
 とにかく、感動のステージも終わり、人もほとんど帰りかけたその時、彼は現れました!

 どこからかふらふらっと出てきて、バー・カウンターでウイスキーを飲み始めたのだ!
 うわぁ! どーしよう、げいとまうっさんだ!
 気が付いた他のお客が彼にサインをもらってるぞ。
 しかし、手ぶらでやって来てるボクぁ何も持ってない! しかたない、少々失礼だがこれに書いてもらおう。
 気が付くと可愛いお姉ちゃんとデレデレ話してる彼。 ええぃ、行っちゃえ!
 「あ、あの、サインくらさい・・・」っとマルボロを差し出すワタクシ。
 「ゐ? なんやオマエ。 タバコの箱やないけ、かなんなーもー。」とか何とか言いながらも書いてくれました。
 ちょっと怖い目で睨まれた気もするんですが、しっかり握手もしてもらったし、あー良かった。
 それから暫くは「日米貿易摩擦」や「人種差別」などの問題を大いに語り合い、今後のブルース界の動向など・・・あ、これはウソです。

 しかし、ちょっと手抜きです・・・とほ。
 『C G M B』ってねー、頭文字だけじゃん! しかも震えてるし(笑)
 『G』がヘンですよね。 『Oct.』もよく判らないし・・・。
 ま、タバコの箱ですから、書くスペースも余り無いしね。 文句は言えませんよ、ね。 

 まだまだ彼のパフォームを観たかったんですけどね・・・。
 クラレンス“ゲイトマウス”ブラウンさん、その節は失礼致しました。


 Bill2


|

« 試し撮り | Main | American Folk-Blues Festival : British Tours »

Comments

かっこええ話でんな
私はサンハウスに会いたいな
ぜったい無理だけど(^^♪

Posted by: 焚火音楽亭 | May 19, 2007 at 11:28

99年の事だと、もうマルボロには無粋な警告が表示されていますね。
これが、それ以前のパッケージだとカッコいいんですがね…。
いやあ、デザインだけの話です。

Gは少しカッコをつけて書こうとしたGですが、潰れてしまいましたね。
Kenn-sannに会った感動で手が震えていたか? 

学生時代、銀座の画廊で働いていた時、ジャックニコルソンにサインを貰いましたが、何処かになくした…。酒臭いオッサンでした。

オギ

Posted by: ogitetsu | May 19, 2007 at 22:25

◆焚火さん
あ、サンハウスさんね
三途リバーの向こうで待ってるそうですから
いつでも来て下さいって言ってますよ!
ま、自分から進んで行く所じゃないですよね、あはは!

◆ogitetsuさん
いや、まだ警告文は無いです。

たぶんですね、アルコールで震えてたんじゃないかと、思うわけです。
なんだか、やっとやっとで思い出しながら書いてるって感じでした。
おぉ、ジャックさん!
イージー・ライダーとかカッコーとか?シブイおっさんですよね~! やはり酒臭いんですか?
うううむ。

Posted by: ken-sann | May 20, 2007 at 01:08

おぉー凄い!!
ゲイト爺のサインですか!
それにしても、ヴィレッジは刺激の多いとこですね!!

Posted by: Yass | May 23, 2007 at 00:53

◆Yassさん
そうですよね、あの辺りはライヴクラブも多いので、楽しいです。
Yassさんもだいぶ刺激を受けたと見た!
あはは。

Posted by: ken-sann | May 23, 2007 at 23:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/15120094

Listed below are links to weblogs that reference CGMB:

« 試し撮り | Main | American Folk-Blues Festival : British Tours »