« Koko Taylor | Main | an Audience »

April 16, 2007

Beck,Page,Clapton & Billiken ?

Bpcrecord うわっ、こんなのいつ買ったんだろ? 全然覚えてないんだけど、レコード棚の中から発見。違うのを探してたんだよなぁ・・・。
 ジェフくんとジミーくん、エリックくん・・・・と、おぉ? サニー・ボーイⅡさんとのセッション音源!?
 なんとまぁ、ヤードバーズ時代の音源らしいんですが、それぞれが加入してた時期の音源の寄せ集めみたいなレコード。 オマケで、と言ってもこっちのが気になる“サニー・ボーイ・ウィリアムスンⅡ”さんとのセッション音源が収録されてるのだ。
 というわけで、どちらかと言うとブルース趣向の編集アルバムってぇ感じかな。
 そうそう、サニーさんのバックでジミーくんやエリックくんがギターを弾いてるんですね~。
 さっすがにサニーさんが入って歌ったりハープを吹いてると、一気にブルースになってく感じがします。 が、3曲しか参加してないし、ジェフくんとの対決は無し・・・・ちと寂し。

 ま、それは置いといてぇ・・・。
 今までまったく気付かなかったんだけど、このレコードのレーベルを見て、おやっ?っと思ってしまった。
 こ、これは・・・。
 どこかで見たことあるモノが・・・・!!

 Bpcrecord002

 こ、こんなところに「ビリケンはん」??

 何だか知らないけど、このレーベルのデザインは「Billiken」らしいですね。 ライセンス関係はどうなってんだ!?わはは!
 調べてみるとフランスのレーベルで、主にフリー・ジャズの音源をリリースしてるみたいです。 この時代はこういうのも出してたんですかねぇ。
 
 Bpcrecord003

 まぁ、元々はアメリカ人デザイナーの手になる作品なのではあるが、どうしても通天閣とのイメージが強いのですよね、親近感がわくなぁ(笑)
 20世紀初頭に世界でブレイクした「Billiken」さん、唄もあったらしいですね。

  「The Billiken Man」て、どうなのよ(笑)
 Billikin001

  ううむ、「Billiken Rag」ときたか・・・!
 Billikin002

 そこまで来たんなら「Billiken Blues」は無いんだろうか? 「Billiken Boogie」とかありそうだな(笑)

 あぁ・・・・ったく、なんでこのレコードからこんなハナシになってしまうんだろ。

 まてよ、「Billiken's Bolero」がいいな、ヤードバーズだし・・・ぐはは!
 
 Bpcrecord001


 参考リンク
  ※ rateyourmusic.com
  ※ Billiken
  ※ Saint Louis Billikens

|

« Koko Taylor | Main | an Audience »

Comments

でもって、この突然お出ましになったレコードは何年のものでした?昔、むか~し、私が最初に買った「洋楽」のレコードがドノバンでして、そのときのギターがべックでした。もう40年も前の話ですが…

Posted by: NOVA | April 16, 2007 at 11:13


 Biliken Rag
 うーむ あのお姿には
 やはりRag Timeがお似合いのように
 そう思うのであります
 Bind Blakeあたりがやってたらええのに


Posted by: がちゃこ | April 16, 2007 at 23:22

◆NOVAさん
ん~、すっかり忘れてたレコードなんで・・・いつ買ったのやらサッパリ思い出せません。
たぶん24~5年前だと思います・・・。
で、ドノバン&ジェフ・ベック?? キョーレツな組み合わせですねぇ、がはは!
40年前て。。。

◆がちゃこさん

ぶらいんどぶれいく
ぶらどぶれけ
ぶぃりどぶけ
ぶぃりどけん
びりけん
・・・

た、たぶんモデルはBlind Blikeです!
間違いありません。
何となく似てません?

Posted by: ken-sann | April 17, 2007 at 23:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/14696184

Listed below are links to weblogs that reference Beck,Page,Clapton & Billiken ?:

« Koko Taylor | Main | an Audience »