« Beck,Page,Clapton & Billiken ? | Main | Twilight »

April 19, 2007

an Audience

  Jazzday1

 オンガクを聴いている
 ちょっと疲れた大人たちの隙間で
 ひとり聴き入る子供がいた
 そんなに真面目に聴くほどのもんでもないと思うが・・・
 ただただ、じっと見つめてる
 あきれるほど同じ格好で
 じっとじっと聴いている
 ナニかを感じてしまったのだろうか?
 しかし、明日には忘れてしまうんだろう
 でも、この日聴いた音のひとつが
 何十年かの時を経た日に、突然思い出されるかもしれない
 いや、
 明日から口ずさんでいるかも知れない
 とにかく、聴いている

 あぁ、良い天気だ

|

« Beck,Page,Clapton & Billiken ? | Main | Twilight »

Comments

Jazzですか?
うむむ
これぐらいの子供が
3分以上あるインストルメンタルを
最後まで聴くのは珍しい
きっと
性根の入った子供なのでしょう
5年後には
「サキソフォン吹いてる」に500クルゼーロ!

Posted by: ささき | April 22, 2007 at 10:01

◆ささきさん
まつたくその通りでして、
おとなしく聴いているのが不思議でした

5年後に500クルゼーロ!
思い切り良くでましたねぇ(笑)
ではボクは
6年後に150ペセタ!

つーても
両方とももう使われてない通貨だし・・・
がはは!

Posted by: ken-sann | April 22, 2007 at 21:19

 娘達がまだ幼稚園に行っていた頃、家族で夏祭りに行きました。
イベントで民謡やバンド演奏などが行われ、暑いのでボーと観ていたのです。YMCAの曲でダンスが始ると、ボーとしていた長女が真剣になっていました。そのうち一緒に踊りだしたのです。
 次に、ジャズバンドの演奏があり、次女が楽器に興味を示しました。
「あれ!な~に?」と、サックスやコントラバスの名前を聞いて、きました。
 今は、長女が高校二年になりダンス部に入りヒップホップやブレイクダンスを踊ってます。次女は中学二年で吹奏楽部なので、幼い時に興味をもったものは、大きくなっても影響があると実感しています。

Posted by: ミッチ | April 23, 2007 at 10:49

◆ミッチさん
純粋なる小さなココロで受けた感銘は、一生ココロから離れないもの・・
と、ココロの親分も言ってました。
きっとケムンパスもそう思っています。
あ、
ウナギイヌですか?
彼のココロは「鰻」なのでしょうか?「犬」なのでしょうか?
ベシは一体何と言う生き物なのでしょうか?
疑問ばかりの毎日です。

Posted by: ken-sann | April 23, 2007 at 21:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/14779783

Listed below are links to weblogs that reference an Audience:

« Beck,Page,Clapton & Billiken ? | Main | Twilight »