« February 2007 | Main | April 2007 »

March 2007

March 29, 2007

Sakura

  Sakura002

  八分咲きってとこでしょうか・・・
  日曜日くらいには満開かなぁ?

| | Comments (8) | TrackBack (0)

March 26, 2007

Augustine Strings

 久しぶりにガットギターを取り出して弾いてみた。
 何本もギターを持ってると、ほとんど弾かないギターもあるわけで・・・。 この古賀ギターさんも殆ど弾く機会が無いのである。 が、やはりガットギターもたまにはポロロン~♪と鳴らしたい気分の時もあったりして・・・。
 まぁ、たまに取り出してフキフキしたり、遊んでやらないとギターも拗ねるってぇもんです。 メンテナンスも兼ねてね、弾いてやらないとね・・・。
 ついでに弦交換っと。

  Nastrings

 「AUGUSTINE Blue」
 ナイロン弦メーカーの老舗である。 と言うか、ナイロン弦を作り出した最初のメーカーなんですよね、「オーガスチン」って。
  スチール弦に慣れてるせいか、どうもナイロン弦の勝手が良く分からない。そいでもって、つい名のある弦を使って様子を見る、という行動です・・・あは。
 まぁ、ナイロン弦に関しては、まだ色々と試してる・・・というのが正直なところなんです。

Continue reading "Augustine Strings"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 23, 2007

三日月

  Mikatukijpg
       a Crescent


 昨日はキレイな細い三日月が見えていた。
 一月ほど前、赤城の山奥で見ていたのと同じ月だ。
 もう一ヶ月経ってしまったのか、はやいな。
 _t_a_l_k_t_o_m_y_s_e_l_f_ という釣り名人ブルースマン、inざーぎさんのブログを覗いてみると、同じような写真が掲載されていた。
 文章? ちょっとパクりました・・・あはは。

 関東でも関西でも、同じように見えていたんですね。
 あぁ、小さいと思っていても意外に大きい日本、広いなと思っていても案外と狭い日本、である。
 どっちだっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 22, 2007

四分休符

 Sibu


 四分休符 ・・・・ に見えなくもない
 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 20, 2007

ゲゲゲ

Youkai1 「妖怪珈琲」
 高速道路SA限定販売らしい
 妖怪風味のコーヒーなのか? 妖怪が好む味付けなのか?
 買ったは良いがまだ飲んでない。 
 ううむ・・・。

 他にも「妖怪汁」?・・・め、「目玉のおやじ汁」!
 Oh ! my god ~ ! 「ねずみ男汁」、、、なんてぇのもあった。
 こりゃネーミングがキツぃよ、、、あはは。
 ねずみ男の「汁」なんて、ちょっと飲む気になれないぞ!
 ま、中味は普通のジュースなんだけどね、きっと。
 目玉のおやじ汁が「ゆず」ジュースってのが笑える。
 いろいろ考えますねぇ・・・・あはは!
 
 ゲ、ゲ、ゲゲゲのげ~ ♪

Continue reading "ゲゲゲ"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

March 17, 2007

Scott Joplin

 680円?
 タワレコで売ってた「Scott Joplin」のCD。
 うむ、22曲入り、、安いぞっ、こりゃ・・・って、思わず買ってしまいまひた。

 Scott_joplin

 で、ブログしようと思い、ウチに帰ってネットしてみたら・・・なんと、オンライン・セールで496円! どーなんってんだっよっもうっぅ! →たわれこ

 さ、気を取り直していきましょう・・・・。
 スコット・ジョプリンのCDと言っても、本人が演奏しているわけじゃないんですよね、これ。
 というのも、彼の活躍した時代は音楽を発表する手段は楽譜出版という形態がふつうだったようです。つまり、演奏を記録する装置がまだ普及してなかったんですね。
 ま、時代的に蓄音機はあったはずだが、一般の音楽の記録をするようになったのは円盤式レコードが発明されてから以降のことだと思うので、ちょっと時代が早かったのか・・。
 んが、もうひとつの記録方式があったのでした・・・よ。
 それはピアノ奏者に限っての事だと思いますが、一般に「ピアノ・ロール」と呼ばれる自動演奏装置付きピアノ用のシートである。

Continue reading "Scott Joplin"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

March 12, 2007

Waverly Tuner 

 
 Waverly1

 古くは"Martin"や"Gibson"にも使われていた『Waverly Tuner』。
 保護のためのカバーなど、鬱陶しいものは付いてない。
 きちんとチューニングできればさ、何も問題は無い。
 メンテナンス・フリーなんて言葉は「忘れろ!」と言っているようだ。
 この剥き出しのギアが男心をクスグルのである。

 「Since 1918」
 便利なものや過剰な精度や装飾の製品。
 たしかに良い物もあるが、本分を見逃してるものも多い。
 最終的にはシンプルなものに帰っていく気がする・・・。
 

 WAVERLY Tuners

| | Comments (13) | TrackBack (1)

March 05, 2007

1/f ゆらぎ

 もう3月ですね、早いなぁ・・・。
 このまま、関東地方は雪が一回も降らないで「冬」を終わってしまいそうです。 こんなのは記憶にない暖冬だな。 ヤバイっすね、本当に地球温暖化のことを真面目に考えなくては・・・とも思うのですが、一説によれば「もう遅い!手遅れ!」なのだそうです。 どうすりゃ良いのさ・・・・っ。
 ハナシは変わりますが、今日見たTV番組で面白い内容のものがあったので、ちょっと考えてしまった・・・そりは・・・。
 
 『1/f ゆらぎ』と言うものがある。
 “えふぶんのいちゆらぎ”と読むこの“ゆらぎ”とは、音に含まれるノイズ(雑音)の一種でもあるのだそうだ。
 これは自然界で発生する音に多く含まれる“音”で、一定間隔の持続音の周波数に対して、不定期の間隔で繰り返される音の波、って感じかな? 
 う~ん、何だか説明してるのに訳がわからなくなってきちまうな・・・あはは。
 とにかく、この“音”は人間には気持ち良く聴こえる“音”なんです。
 たとえば、「川のせせらぎ」とか「風のそよぐ音」、「寄せては返す波の音」「虫の音」などに含まれる音、と思えば理解し易いですね。 
 この振動が鼓膜を揺らして脳に届くと、なぜか気分を良くし、リラックス効果も発するのだそうです。 不思議な音ですねぇ。
 人間の「声」にもこの成分が含まれているそうですが、これが歌声に多く含まれてる人がイワユル「売れてる人」に多いそうです。 あ、統計的にみて、って事ですけどね。

 で、問題はココから・・・。
 この『1/f ゆらぎ』は万国共通で人々が「快感」をおぼえる“音”だってのが判ってるらしい。
 が、モノによっては不快に感じる人たちもいるのだそうだ・・・どうしてだろ?

Continue reading "1/f ゆらぎ"

| | TrackBack (1)

« February 2007 | Main | April 2007 »