« January 2007 | Main | March 2007 »

February 2007

February 24, 2007

穴釣り・・・

  Hole

 釣れない、まったく釣れない。
 まだ薄暗い朝一番から始めたのに、いつの間にか陽は昇りきっている。
 いったいどの位の時間が経ったのだろう? もう、あきれる位同じ場所で、同じように糸を垂らしてるのだ・・・。
 周りを見てみると、地元の常連さんたちはそこそこ釣っているようではあるが、ボクらはまったく釣れてない。
 今回は「Best Cast !」と言う釣人ブログを書いているYouさんにご一緒してもらっている。そして共通の友人であり、前回のワカサギ・ツアーで坊主だったKumaも雪辱に燃えているのだ!
 よしっ、これで釣れない訳ぁ無い?!

 Akagi005

 だが・・・・
 あまりにも釣れないドシロートたちを見かねて、周りの名人たちもあきれ果て、色々と教えてくれ始める始末・・・。
 でも嬉しいです・・・ちょっと口は悪いですけどね。色々教えてもらいました、感謝!
 へぇ・・・。名人の方々は自作の竿に自作のしかけ・・・各自のデータを駆使して釣っているのです。市販の竿で格闘するぼく達を一笑。
 「それじゃ釣れねぇよ、あはは。 “さそい”もダメだね、がはは!」、と・・・。
 そのうちkumaが名人の竿を借り一匹を釣り上げる! おぉ、やっぱ道具も工夫しないとダメなのか?
 ううむ、奥が深いですねぇ・・・。
 とまぁ、こんな感じで、あ、っと言う間にお昼になりまして、ちょいと休憩です・・・。

Continue reading "穴釣り・・・"

| | Comments (17) | TrackBack (1)

February 21, 2007

リベンジ

 5年ほど前・・・いやもっと前だったろうか? とにかく真冬であったことは間違いない。
 群馬県は赤城山、大沼の凍てついた湖の上に、ぼく達は立っていた。
 そう、関東地方では榛名山にならぶ「ワカサギ釣り」の名所である。 もちろん「釣り」に行ったのである・・・。
 おし!っと、意気込んで挑戦してみたのだが、ワカサギどころか「釣り」自体ほとんどやった事ぁ無いってドシロートなのである、簡単に釣れる訳ぁない・・・。
 思えば自然の魚を相手にしての「釣り」は人生初・・・。そして極寒の湖上で釣り続けることの大変さ、身にしみました(泣)
 かくして超ドシロートの二人組は“ワカサギ”に無視され続け、最後まで一匹も釣れずに大沼を後にしたのであった・・・あぁ。 ぐ、ぐやじい・・・。
 
 Akagi_22
  元気が良いのは初めのうちだけ・・のダイエイ・クマ

Continue reading "リベンジ"

| | Comments (11) | TrackBack (0)

February 17, 2007

上を向いて歩こう

 カーラジオから意表を突いて流れてきたのは『上を向いて歩こう』だった。 聴取者からのリクエストに答えたものだったが、若者中心にしているFM局にしてはめずらしい選曲?なのだ。
 こっちとしてもラジオを聴く機会は多くは無いし、突然流れ出した素朴なそのサウンドに、ちょっとドキリとしてしまったのだ。
 いつもなら聞き流してしまうとこだが、なんとなく気になって、ちょうど目の前にあったコニビニの駐車場に車を停めて聴き入ってしまった。

 いたってシンプルなメロディと歌詞、無駄の無いアレンジ、そして九ちゃんの声だ・・・あらためて聴いてみると、中々良い曲だね、コレ(笑)
 しかしだ、良く聴くとけっこう物悲しい歌詞だな・・・けど、なんで九ちゃんは楽しそうに唄ってたんだろ?
 →YouTube


 『上を向いて歩こう』  詞:永 六輔  曲:中村八大

 アメリカでは『Sukiyaki』(スキヤキ)という、とんでもないタイトルだったにも係わらず(笑)No,1ヒットになっている名曲でもある。もっとも、外国人には意味なんて分からないから、タイトルなんて何でも良かったんだろうな・・・。
 しかし、英語で『I Look Up When I Walk Down』というブルースっぽいタイトルで訳されてもいるらしい。
 ココで→“上を向いて歩こう

 でもって、調べてみたらカバー曲もけっこうあるのサ! わはは。
 ココで→“ SUKIYAKI

Continue reading "上を向いて歩こう"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

February 09, 2007

R. Crumb's Heroes of Blues, Jazz, & Country

 先日、所用で渋谷へ出かけてきた。
 早く着いてしまったのでフラフラとタワレコを覗きに行ってきたんです。 特に面白いトコは無いんで、レコード屋か楽器屋くらいしか行くとこ無いなぁ・・・渋谷。 あはは。
 で、ブルースのコーナーで発売されてましたよ、アレ!
 そう、YazooのRobert Crumbアートコレクション・シリーズ! でもね、それと一緒に置かれてた一冊の本がどーしても気になっちゃて・・・・。

 Rcrumbbook

 → R. Crumb's Heroes of Blues, Jazz, & Country

 うひひ、Robert Crumbさんのイラストたっぷりの本です!
 内容はブルース、ジャズ、カントリーの偉人たち(含グループ)のイラスト集なのであります。 し、しかも、“Cannon's Jug Stompers”“Jelly Roll Morton”らクラムさんの選曲による21曲の入ったCDまでオマケに付いている!
 こんなの出てたんですね~、知りませんでしたよ。
 ブルース系のイラストは既にトレーディング・カードでお馴染みのものなんですが、大きくプリントされてるので迫力がありますね。 ま、カードは持ってないんですけど、これがあれば“良し”とします(笑)

Continue reading "R. Crumb's Heroes of Blues, Jazz, & Country"

| | Comments (7)

February 06, 2007

Mississippi Fred McDowell

   

       Mississippi Fred McDowell - John Henry


 「Blues」のカテゴリーに絞った動画を集めたサイトを見つけて、うおっ!っと喜んでみた・・・・けど。
 なんだかねぇ、いろいろ混じっちゃってやんの・・・あはは。
 でも、このミシシッピ・フレッド・マクダウェルさんとか、ちょっとキモチいいのも発見しちまいました。
 You Tubeからの映像ってぇわけなんだけど、こんな風に貼り付けちゃっていいの?
 ま、コードソースが出ちゃってるんだから、大丈夫だよね?
 
 Blues ミュージックビデオ 週間チャート100[1-10]

 やはり、音だけじゃなく映像も見れると面白い。 
 いろいろと語ってくれますねぇ、映像が・・・。

 

| | Comments (7)

February 05, 2007

Illumination

    Lightup

 温室栽培の野菜や果物は温度や日照時間を操作して擬似季節を作り出し、収穫時期を調整する。
 つまり、植物を騙して育成し、都合の良い時期に収穫する。
 ま、そのおかげで一年中新鮮な(季節はずれの)野菜や果物がいただけるのだが・・・。

 年々ハデになってる気がする樹木の電飾ライトアップ・・・。
 これもまた日照時間の調整に等しいんじゃないかぃ? と言うか、一晩中点いてたら夜が無いじゃん!
 このままじゃ季節ボケどころか長生き出来ないぞ・・・。
 まぁ温度の変化は通常だから大丈夫なのかな?
 にしてもだ、ちとやり過ぎの気がする・・・今日この頃。

| | Comments (2)

« January 2007 | Main | March 2007 »