« My Stratocaster 2 | Main | Illumination »

January 30, 2007

Spirits of Rhythm

 - Spirits of Rhythm -

Spirits_of_rhythm_1 Jive・・・
 ナニがジャイヴでどれがジャンプなんだか良く分からないワタクシではるが、風のウワサで聞いたハナシでは「楽しい」のがジャイヴだ!ってぇ事らしいのだ。
 うむ、たしかにそーいう意味ではこの『スピリッツ・オブ・リズム』は間違いなく“Jive”だと思う。
 しっかしこのオッサンたち、楽しいです。いや、たぶん本人たちが一番楽しんで演ってるんじゃないかと思いますね。
 まずパーカッション!
 全ての曲では無いんですが、ドラムじゃないんですね。 なんと“スーツケース”を引っ叩いてドラムの代わりにリズムを刻んでるんです、がはは!
 ジャケット写真にも写ってますが、手箒でブラシしてます(笑) でもね、これがまた良いアジ出してるんですよ、ホントに。
 そんでボーカルは“Leo Watson”さんである。 す、スキャットなのか? ♪ズデュび・ダ・ダ・ダ~ ずダダンダ~♪て・・・書いたらちっとも面白くないんだけど、聞けば楽しい笑えます!
 またね~、ギターが良いのさ! “Teddy Bunn”さん、ステキなギターを弾きますよねぇ。
 リズム隊の楽器も「ティプレ」って言う10弦ウクレレみたいなものらしいですね、本物を見たことが無いので良く分かりませんが。
 でもって、このバンドとしてのノリが最高にグルーブしてるんですよ、ばっちり一つになってる感じです。 コーラスもクールファイヴ以上にイカしてます・・・・あ、例えが悪いですか? ま、いいか。

 この時期の音楽(バンド等)のレコーディングを考えると、色々な光景が想像できて面白いもんだ。
 つまり、技術的にはまだマイク一本だけのレコーディングだったはずなので、各パートのバランスはマイクに近付いたり離れたりしてとっていたわけですね。
 そしてヴォーカルやソロ楽器の出番になると、その人だけがマイクに近付いて録音する・・・という移動しながらの録音。
 よし、次は俺だ! とばかりにマイクに近寄っていく様などが音に溢れ出ていますよねぇ。 スタジオ内はまるでステージのような活気にあふれていたんだと思う。
 現代では中々こーいうレコーディングって無いんだろうなぁ・・・。

 あくまで試聴用→The Spirits Of Rhythm
 Amazonではメチャクチャな値段が付いてますがタワーなどでは普通に買えますので・・・。
 どーしたってんでしょうねぇ、まったく・・・・。

 タワーレコード→ [ Spirits of Rhythm ]

|

« My Stratocaster 2 | Main | Illumination »

Comments

死んだおじさん達のCDで銭儲けはいただけませんね(^^♪
guitar in hightやったかな私が欲しいのは
でもプレミアがついて買えません(>_<)

Posted by: 焚火音楽亭 | January 31, 2007 at 01:04

この時代ってのが1930年代から40年代にかけてなわけですね?その頃って日本じゃまだ「洋楽」が珍しい時代だったんでしょうねえ。ところでkenさんはこの手の音源はどこでチェックして、どんな風に手に入れてるんですか?昔あった中古レコードショップでまだ健在ですか?

Posted by: NOVA | January 31, 2007 at 06:38

◆焚火さん
ほんとにね、もうっ!
多少はしょうがないとしても、法外過ぎる値段ですよね。
ま、こういうもんは絶対に買わないようにしなくては・・!
ね、そゆことです。

◆NOVAさん
うううむ。
どこでチェックして・・・と言われても・・・これだ!っとはっきり言える物がないです、すいません。
知らず知らずのうちに、なだかんだと言いながら、いつの間にやら、好きになって・・っと、まぁ恋愛みたいな・・・あはは! 俺が言っても真実味がナイ!ってのが寂し~い!

ま、雑誌やらなんやらですよ。
こなのは?→http://www.bls-act.co.jp/bm/detail.php?wpid=5707&ltid=41&mgid=422
これはBlogリンクさせていただいてる「Cafesolog」のyamaさんも寄稿されている雑誌です。
そうそう、Blogリンクの皆様方にも色々と教えていただいて、参考にしています♪
中古ショップも、もちろん活用です(笑)

Posted by: ken-sann | February 01, 2007 at 00:23

こんにちわ スーツケースがドラム代わりですか。
日本にも ノコギリを使って演奏される偉大なバンドがありますね!
関西では 良くお見かけしたんですが(苦笑)というか一緒に仕事させていただいたこともありました。 また生で聴きたいなぁ

Posted by: 窯元 | February 01, 2007 at 16:09

◆窯元さん
うううむ
ノコギリ・バンドて・・・
http://www.ka-pro.com/profile/yokoyama_hot_brothers/index.html
↑この人たちでしょうか? あはは!
で、一緒にお仕事! うらやましいなぁ。
やっぱこういうのは“生”で聞きたいですよね!
よし、今度行ってみよう! そうします!
↓この人も気になってます
http://www.h3.dion.ne.jp/~utaroku/
まだ他にいたら、教えて下さーい! がはっ!

Posted by: ken-sann | February 02, 2007 at 00:16

まさしく 横山ホットブラザ~ズぅっすよぉ(涙)
コミックバンドと あなどるなかれ!って感じです。 これは是非ご覧になってみてくださいませ(笑)

関西では 老若男女ノコギリを見せるだけで、「お~まぁ~え~は~あ~ほかぁ~~」と言うハズです。

Posted by: 窯元 | February 02, 2007 at 18:23

◆窯元さん
がはは!
やはり横山さんですか!
いやぁ、コミックバンドって、すんごい実力がないと出来ないと思うんですよね。
ボクは密かに彼らを尊敬してます。
芸の世界は奥が深い!
あ、
ホントに関西の人たちは「ノコギリ」にそう反応するんですか?あはは~!

Posted by: ken-sann | February 03, 2007 at 01:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« My Stratocaster 2 | Main | Illumination »