« November 2006 | Main | January 2007 »

December 2006

December 27, 2006

The Curry Udon

 ひとつ分からないことがある。
 大阪では、なぜこんなにブルースが聴かれ、唄われ、愛されているのか? ま、関西地区は特にその傾向にあると思うのだが、他の地域、特に関東などではこれ程ブルースに拘りを持つ人は多くないと思う。
 いったい、ナニがどうなってこうなのか?
 答えが出ずに歩き続けるうちに目的の地に着いていた・・・そう、「あさひ」である。

 Udon2

 おぉ、ついに来てしまった! これがアノ『絶対の自信 カレー天ぷらうどん』の店「あさひ」なのだ。
 暖簾をくぐると良い匂いが立ち込めている。否が応でも食欲が湧いてくるぞっ。
 といっても、たかが「カレーうどん」である、美味いといっても大体どこも同じようなもの・・・なんて、ナメてかかったのがマチガイでした、すいません。
 さ、さすが“カレーうどん改方長官”長谷川平蔵殿のお勧めのうどんである。
 う、美味い!

 ううむ、ううむ・・・これ以上コトバが出ない。
 となりを覗くと、妙齢なる女性が、やはり言葉も無く、ひたすらうどんをすすっている。

Continue reading "The Curry Udon"

| | Comments (11) | TrackBack (0)

The Elephant Meeting

  Tsuu

 大阪の街は初めてだった。
 思えば数十年前に『Expo '70』万博へ来たことがあるが、町中へは行った覚えが無い。
Tuutenkaku と、言うわけで、大阪初上陸してきました!
 「ゾウの会」という、まったくアホくさくも真面目なレディー&ジェントルマンたちの会合であります・・・?
 ま、とにかく、関西を代表するブルースに一過言ある面々にお会いするために伺ったわけです。初めて会う人たちばかりなので、ちょいと緊張しましたよ・・・あはは。
 まずは天王寺動物園のゾウの春子さん前から会合は始まる・・・。
 そして粛々と会合は進み、今年で開業50周年を迎えるという二代目『通天閣』へと歩を進める。途中スマートボールに興じるが勝てず・・・。
Billyken しかし、この新世界ってとこは面白いなぁ~。ナニが面白いって・・・全部!あはは。 「スマートボール」なんて、どうして生き残ってるのか不思議でしょーがない。
 んで、次はハリハリ鍋だ! くじらの肉だ! どて焼きだ! たこ焼きだ! と道頓堀界隈で会合はつづいたのです・・・?

 1 Kuidaore ←クリックで大

 いやしかし楽しい一日でした。
 でも、一泊二日じゃたりませんです!まだまだ行って見たいとこもあり、泣く泣く大阪をあとにしたのでした。
 おし、また行こう!そうしよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 22, 2006

trackback

 二つくらい前に書いたエントリー「Resonator」にトラックバックがついた。

 き、気功?

 そんな話題を書いた覚えはまったくないし・・・・ナニ?
 わはは、どうやら「まったくやっかいな病で、完治するには数十年の年月が~云々」って所に反応しちまったらしい。
 ほほう、そうですか、気功でこの手の病が治りますか。
 いや、べつに『気功』には何も悪いとこはありませんが、『トラックバック』っていったい何なんでしょ?
 こうなってくると何の意味も持たなくなってしまうよなぁ。
 たぶん、関連語句を含むブログが検索されて自動にトラックバックしちゃうシステムがあるんだろうな。 とうぜん、そのエントリーにはこちらのリンクは無い。
 ま、お互いに知っているブロガー同士のトラックバックはなんの問題もないと思うんですがね、こりゃどうかと・・・。
 あ、こういうのが「トラックバック・スパム」ってんですか?
 面白いからこのままにしときます・・・・あはは。

 『気功』でさ、ギターのネックの反りとか治るんだったらね・・・ボクも気功師を目指します!!がはは!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 21, 2006

gaikan-dou

 Hashi

 東京外郭環状自動車道
 首都圏を取り巻くように繋がる予定の高速道路・・・・未完成。
 なぜだか埼玉県内しか完成していない! 東京側が開通するのはいつの日になるのやら・・・・。
 現在開通している区間で、唯一外界の景色が眺められるのがこの荒川に架かる橋の上だけである。
 他のほとんどの区間は内側に倒れこむようにカーブする遮音壁に囲まれ、トンネルの中を走るような感覚でもある。 ま、一部はアクリル部があるので全く観れない訳ではないが。
 この橋(名前は忘れた、いや知らない)からは、眼下の荒川はもとより、晴れた日には新宿副都心のビル街やらも望むこともできるのだ。
 ここ以外が全くと言っていいほどソトが見えないので、外側の世界を味わえる?ここを通るときが一番気分が良い。
 まぁ、付近住民の皆さんの事を思うと、しょーがないとも思うのだが、この走っても走っても同じ景色の高速道路は何とも気分が悪くなる道なのだ。
 どーにかなんないのかなぁ? っと言っても“今さら”・・・なんですがね。
 
 こういう橋、ワイヤーで吊るしてある橋って、遠くから見てると、何だか“弾けそう”な感じがするんだよね・・?
 そうそう、このワイヤーをね、端からピックでバラ・バラ・バラっとね!
 きっとデカイ音がするんだ、きっと。
 でも、そうとう大きなピック or バチが必要だな。

 あぁ、それよりも外壁、何とかして欲しいぃ。
 

Continue reading "gaikan-dou"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 20, 2006

Resonator

 遥かオハイオから届いたアルミニウムの円盤。

 Cone

 Dobro用のリゾネイター・コーン部Assembly。
 ちょっと前にナットの交換をしてるときに発症した・・・『ちょっとココ換えたら音も変化するかもしれないから換えてみようかな?と思ったらスグに部品を注文してしまう病』である。
 まったくやっかいな病で、完治するには数十年の年月が必要とされてるらしい。治ったと思っても潜伏している可能性があるので注意が必要だ。現在、特効薬等は発見されていない・・・。

 で、今日届いたんですよね、これ。
 日本の楽器屋に頼むよか、ネットでアメリカの部品屋に直接頼んだ方がずっと早く、安く手に入れることができるんですよ、便利な世の中になったもんです。
 ん?
 そうなんですよ、"National"と"Dobro"ではコーンの形状が大きく違います。これがサウンドの違いに影響を与えてる大きな要因とも思われます。
 ま、そのへんはまた後で・・・
 まずはコレを取り付けて様子を見ることにします・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 19, 2006

Club World Cup 2006

 世界6大陸のクラブ王者決戦!
 サッカーのクラブ・チーム世界一決定戦なのだっ・・・・行ってきましたYokohama♪
 決勝戦はFC バルセロナ(欧州代表) vs SC インテルナシオナル(南米代表)・・・順当ですね。

 Yokohama3

 あ゛~さぶかった・・。
 昼間は暖ったかかったんですけど、やはり“師走”、日が沈むと冷え込んでキツかったです。
 試合の方は・・・な、な、なんと「インテル・ナシオナル(ブラジル)」が優勝してしまった!
 みごとにロナウジーニョくんやデコくんを抑えこみました。
 もちっとバルセロナの面白いサッカーが観れると思ってたので、ちょいと寒さも倍増しましたが・・・さすがに雰囲気は“決勝戦”ってなもんで、盛り上がりました。

 Yokohama5

 ↑がはは~、これはウォーミング・アップ中のロナウジーニョ君です、ホントですって!
 寒さのせいか?デジカメが調子悪くなって、このありさまです・・・涙。(手ブレもあるんすけどね)
 おかしぃなー、なんでだろ?
 光学ズーム3倍じゃやはり無理があったので、画像が粗くなっちゃうけどデジタルズームでぐりっと寄ったんですが・・・ありゃ?っとボケボケの画しか写らなくなっちゃいましたよん。
 でじたるズームのトキだけピントが合わなくなってしまった・・・。
 修理?
 買い替え?
 うわ~・・・どうすっかな・・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 12, 2006

Robert Johnson's Gibson L1

 Robert Johnsonが使用したと言われるギターが発見されて、売りに出されたらしい!!
 と言っても、今年の7月頃のハナシで、すぐに売れてしまったようだ。そしてそのお値段は・・・な、なんと$6 million dollars (USD) !!約7億円!!!・・・・マジ?
 
Rjg このギターは「Gibson L1」というモデルで、ギブソン社が1926から1930年頃にかけて製造したギターである。そう、アノ有名な写真で、スーツ姿でキめたロバート・ジョンソンが手にしていたギター。
 今回、この写真で彼が手にしていたギターその物が現存していた、と言うわけだ。
 ほ、ほんとかよ!?
 売りに出していたのは「Moments in Time」というサイトでのネット販売だったようだが、すでに売れてしまったので現在は掲載されてません。 なんか著名人のサインとか売ってる胡散臭いサイトだなぁ・・(笑)
 で、出処や買主は一切不明・・・ますますアヤシイのだ。

Continue reading "Robert Johnson's Gibson L1"

| | Comments (8) | TrackBack (1)

December 11, 2006

オロカモノ

 たしかに、今どきタバコを吸っている人は「オロカモノ」かも知れない・・・が

  Orokamono

 こ、こんなライターにまでオロカモノ呼ばわりされたくないのだ!
 
 まぁオロナミンCのパロではあるが、「オロカモノC」となると超絶の「オロカモノ」ってぇ感じだな・・・。ウルトラC級のオロカモノ・・・か?喫煙者は!
 んでも、面白いパロディだな・・・
 崑ちゃんがハゲちゃってるよ、あはは! これもニコチンの弊害か?!
 やっぱ「吸うと眼鏡が落ちるんです」って言うのかなぁ・・・ぐはは!

 こんなの買って、煙草に火を付ける回数が増えるオロカモノがワタシです・・・・あぁ。


 参考看板→ココ
 大村さんHP→ココ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 05, 2006

souvenir

 Guamのお土産・・・・。

    Guam

 たいへん失礼な事だが、もう誰に頂いたお土産だったのか思い出す事が出来ない。
 何年も部屋の片隅に置き去りにされて、ほとんど気にもされずに埃をかぶっていた。
 ボディには「Guam USA」と書かれているので、たぶんグァムのお土産である・・・でも、裏側には「made in the Philippine」と書かれたシールが貼ってある・・・ううむ。
 弦は張ってあるが、とても弾けたしろもんじゃない。 いわゆるオモチャである。
 もう存在も忘れていたウクレレもどきのこの楽器? たまたま眼に入ってしまったのが運の尽きだ。そろそろサヨナラの時がやってきたな・・・
 と思い、手に取り、ちょっと埃を払い、眺めてみる。

 ・・・・・・・・。

 なかなかキュートだ。

 などと思い・・・・何だかね、捨てられなくなってしまう。
 あぁ、これだから余計なモンが増えていくんだっつーの。
 タイのお土産の木彫りのゾウとかさ・・・・まだヘンなもんがいっぱいあるってのに!
 まぁいいか、そのうちね、ボロボロになったら捨てるんだろーなぁ。

Continue reading "souvenir"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »