« たいわんふう | Main | メンテか・・ »

July 06, 2006

How many times, , , , , ,

 何回目なんだろう・・・?

 Strings

 あ~、面倒くさいなぁ、もうっ。
 弦交換。
 切れるか、どうしようもなく弾きづらくなってからでないと張り替えない、ズボラなわたし。
 もっとマメに交換しなきゃ、と思いつつ、いつもダメダメになってから交換してるなぁ。

 基本的には、一本切れても全部交換。一本だけ交換しても他の弦とのバランスが取れなくなっちゃうからね。
 でも、最近あまり切れないんですよね、なぜか。 だから、今回は音が死んできたので全部交換。
 ゲージは .012 からのセット。
 電気ギターでもアコギでも同じサイズ。 あ、もちろん種類は違いますよ、当然。 アコギは .013 からのセットを使うときもあるけど・・・気分?

 経験的に、弦は太い方が良い音がするのだ。 特にプレーン弦は影響大! そ、1弦~3弦はね、どうしても音が小さいから・・・振幅数や弦長の問題なんてめんどくさいハナシは抜き!・・・とにかく、太い方がちゃんと鳴ってくれるのだ。
 ストラトやレスポールは'50年代に設計されたギター、、、その当時の弦は太いのしかなかった(3弦も巻き弦)から、そういうモンでちゃんと鳴るように出来てるんですって!?
 よく、太い弦のハナシで「低音弦の音が太くなって~」云々と聞くが、それよりも高音弦に影響が大きく出ると思うよね。
 もし、弦の太さや種類を変えても「ちっとも音なんて変りゃしない!」って感じるなら・・・ご愁傷さまです、ギターが死んでます。
 ちゃんとしたギターなら、しっかりと反応してくれちゃうハズですから・・・・。ピックアップがどーのこーのより、基本はボディ、いや『ギター』の鳴りですからね。 あくまで、ピックアップはその音を確実に拾うかどうか?だけだと思います。

 それにしても、ギターを弾き始めてから今まで、いったい何回交換したんだろ?・・・・弦。
 ギターも一本だけじゃないし。
 んもうっ、何回やってもめんどくさいっ。
 「弦張替え屋」さんっていないのかな? 一本あたり10円くらいでやってくれない? ダメ? あ、そう。 はいはい、自分でやりますよ。 俺のギターだからね。

|

« たいわんふう | Main | メンテか・・ »

Comments

プレーン弦は太い方が良い音がする、と言うのは本とですね。

例えば、この間シカゴで観たライブでも、黒人のオッサンの奏でる音と、日本人のサイドギターが奏でる音ははっきりと差が出てました。指の太さや握力の違いかなと思いましたが、今思うと弦の太さの違いだと思います。
特にプレーン弦の場合は太い方がビブラートやチョーキングなどに違いが出るように思います。

私のアコギもそろそろ新しい弦を欲しがってます…。

オギ

Posted by: オギテツ | July 06, 2006 at 21:12

私がギターを教える人には、「最低でも三ヶ月に一度は弦を変えろよ」と言っといて本人は変えません。
そんなだめなギター弾き。これぞブルース←違。

昔、どこかのお店で弦交換五百円ぐらいでやってるとこがありましたよ。詐欺ですな。

Posted by: 長谷川一樹 | July 07, 2006 at 00:36

◆オギテツさん
さすが!違いの分かる男!Yeah!
外人?と日本人のプレイの違いは「パワー」もありますが、基本セッティングの違いも大きいと思われます。
特にブルースやジャズのプレイヤーは「素」の音を大事にしているように感じられるのです。
周辺機材にたよらずに、まずは基の音を確かな音色にするセッティングをしてるようです。これが弦の種類(サイズ)にも及んでいると・・・。
んで、弦とかがゴッツクなってくると、今度は本領のパワーが必要になってくる・・・と。
ま、どっちにしても、鍛えねば!

◆長谷川さん
弦交換、ご、五百円?
ぼくのお小遣いじゃ無理です・・がはは!

「ヒドイ楽器屋」と言うよりも「酷いお客」って感じですね。
ギター弾きなら、自分で出来ないと弾く資格は無いと思うんだけどね。
たぶん、もう弾いてないでしょ、そーいう人たちは!
情けないご時世になったもんだ。

Posted by: ken-sann | July 07, 2006 at 01:11

指を鍛えるのは、やはり指立て伏せでしょうか?
なんてね。

握力はある方なのですが、私の場合、ギターの腕をまず上げなければなりません。シクシク。

オギ

Posted by: ogitetsu | July 07, 2006 at 02:10

◆オギテツさん
指立てしてもダメでしょ! あはは~。
オススメは「Heavy Strings養成ギプス」!
五本の指にスプリングが付いた恐怖のマシーン。
あ、そんなもん無いか・・。
そんじゃ
夜中に十字路に立つのです!
そうするとヤツがやって来ます、そうですヤツです。
ちょっと寿命が短くなるけど、確実に指のチカラがつくそうです、ウデも上がるそうです。
トミーとロバートがね、そう言ってました。
ぼくも近いうちに行ってみようかと思ってます。埼玉県の十字路・・・。

Posted by: ken-sann | July 07, 2006 at 23:58

アコステの弦を襟草に変えてから
2〜3倍長持ちするようになりました

やっぱり半年前に張ったやつは
もう死んでます

ネックにタオルをかぶせて
ニッパーでバチバチバチ
さらの弦をだしてきて
6弦
1弦
5弦
2弦
4弦
3弦
の順番に張って
適当にチューニングして
32−20ブルースを弾いてみて
という具合です

え?
だれもそんなこときいてない?

ちゅんまてん

Posted by: inざーぎ | July 08, 2006 at 01:47

◆inざーぎさん
6、1、5、2、~これを逆に3,4,2,5ってやると、疲れます。
とっても暇なときにはオススメです。

ん?
そんなこたぁしないですよね・・はいはい。
ずみばぜん。

Posted by: ken-sann | July 08, 2006 at 10:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/10806474

Listed below are links to weblogs that reference How many times, , , , , ,:

« たいわんふう | Main | メンテか・・ »