« Tombo | Main | Swallows Nest »

June 12, 2006

10 Holes Harp / Tombo

 手に入れたのは「C」のブルース・ハープ。

 さっそく吹いてみた・・・。
 が、なーんも知らない少年「K」、一生懸命吹いてはみたが、どうにもカッコがつかない音しか出ない。
 これはどうしたことか!
 ハモニカなんてチョロいぜい!っと思っていたのだが、自分が吹くとまったくカッコ悪ぃのである。。。(汗)
 そりゃそうだ、同じキーのハモニカ使って吹いてたから、自分の吹きたいイメージとはずいぶん違う響きしか出てこなかったってわけだ。
 こんな筈じゃあなかった・・・。
 のちにクロス・ポジションやブロウ・ベンドなどのテクニックを知るまで、これを手に取ることはあまりなかった・・・のでした、、、あぁ。

 前項の写真でもお分かりのように、古い「トンボ」ハープはもろにホナーのコピーモデルって作りをしてます。ブロックも現在の「Major Boy」と違い木製で、アジのある音を出してくれちゃいます。
 なんで、このモデルを作らないんだろう?とんぼさん!(こっちのが好きだ!)
 んで、違いと言えば、単にブロックの材質だけじゃなく、吹き口穴の大きさまで違っているのじゃ。じゃ?

Harp1 これは、ホナーのハモニカも同じ。
 樹脂製の「Pro Harp」は木製の「Marine Band 」よか穴がデカイ。横幅が大きくなっているので、結果となりの穴までの間隔が狭くなっている。 つまり、となりの穴までの距離が短くなってる感覚!?で、隣の音に移動しやすいってことか・・・?
 そしてこの木製と樹脂製の差は「トンボ製」の方が大きい。 そんで、木製のブロックはどちらのメーカーも同じ大きさ(間隔)です。

 写真 : 一番上が「Pro Harp」。次が「Marine Band 」。三番目が「Major Boy」で一番下が「Tombo(古)」。
 ね、違うでしょ、アナ。
 音の方は、好みの問題かな?どれも良い音はすると思います。 問題はアナ! これがねぇ、微妙にイヤなんですよ・・・・。
 木製のブロックの間隔に慣れていると、ちょっとしたことで隣の音が出てしまう樹脂製のブロックは扱いづらく感じてしまうのだ。
 お、おれの口に合わないだけかな? いや、慣れの問題かな。
 
 でもね~、きっと達人たちは、こんな小さなコトは気にしないで、へっちゃらで吹けちゃうんだろうなぁ・・・。

 だいたいね、こんなコトいちいち言ってるヤツぁ、上手い訳ぁないんだって!!

|

« Tombo | Main | Swallows Nest »

Comments

おひさです。
ハープはS.yairiの奴(500円弱)を使ってますが鳴るからいいかなって感じです。
なるほど感覚が違うんですか。参考になります。
未だうまく吹け(吸え)ないので味のある音なんていつになったら出せるやら。ゆずみたいになりたい……

Posted by: 長谷川一樹 | June 27, 2006 at 18:05

◆長谷川さん
おひさでっす♪
「鳴るからいいかな」って・・・
正解です!
アナタが正しいブルースマンへと歩み出した証拠です。(笑)
がんばりましょー!

Posted by: ken-sann | June 27, 2006 at 22:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/10497943

Listed below are links to weblogs that reference 10 Holes Harp / Tombo:

« Tombo | Main | Swallows Nest »