« Fuzz sono2 | Main | ゆっくり走ろう彩の国 »

February 06, 2006

Long Life "Cat's Eyes"

 直せば使える、直せば良くなる

 だ~いぶ古い付き合いになるアコースティック・ギターがある。
 暫くの間、ナイロン弦の『古賀ギター』以外でアコギと言えばこれしか持ってなかった一本。つまり、アコギを弾く必要がある場合は、これしか弾いてなかった。
 ま、安いモデルの「キャッツ・アイ」つーやつなんですけどね、なんでだか「腐れ縁」状態。
 んで、こいつが長い間病に掛かっていた。
 病状はあまり良くない。歳を追うごとに病状は悪化していく・・・。医者からは大手術をしないと元のカラダには戻れない、と宣告されていた。
 それでも、だましだまし、どうにか誤魔化しながら使っていたのだ。
 その病名は「長いこと使ってるとブリッジの裏側の弦のボールエンドを押さえてる板が削れて弦の収まりが悪くなる病」 ・・・・進行性の病なのでタチが悪い。

 このキャッツアイくんの場合、かなり木材がバリバリに削れてしまい、弦がズルズルっと出てきてしまったりして、なかなか手強い状態だったのです。

 結論を言うと、完全に治すにはボディの内側から新しい椹木を付けて補修するしかないと思う。

 でも、見つけちゃったんですよね、コレ!↓

 piate1

 このプレートを内側からペトって貼るだけで、あ~ら治っちゃいました!
 材質はブラス。思ったより軽く、音への影響はほとんど感じられない。と言うか、むしろ良くなった気もするぞ?
 パッケージ裏の能書きをみると「ボールエンドからのダメージを防ぎ、サウンドも向上させるよん!」なんて書いてある。
 ダメージを受けてしまった補修にも、受ける前の保護のためにも良いって事らしいし、音も良くなるらしいのだ。
 検索してみたら、海外のアコースティック楽器サイトでは中々の評判を得ているみたいだ。
 そう言われれば、余計に『鳴り』が良くなったような気がしないでもない・・・し、変わらない気もするし・・・ま、悪くはなってない。

 まぁ、金属を生楽器に組み込む事自体に抵抗がある人もいるだろうが、修理費を考えたらこの値段にはかなわない。
 それにウチの「猫の目」君なんか、まともに修理したら買った値段より高くなってしまうじゃないかぁ!これで充分です。
 あ~良かったぁ、長年の病があっという間に治ってしまった。
 これでまた数十年は使えるな! ははは!

 ここでも売ってます↓
 Little Mountain Music,Inc

|

« Fuzz sono2 | Main | ゆっくり走ろう彩の国 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/8541193

Listed below are links to weblogs that reference Long Life "Cat's Eyes":

« Fuzz sono2 | Main | ゆっくり走ろう彩の国 »