« 12月8日・・・ | Main | 初恋の味カルピス・ボトル・ネック »

December 16, 2005

Bottle Neck Bar

bar

 写真でお分かりのように、ボトル・ネックと言ったってビンの首ではない。
 いわゆる「スライド・バー」である。
 元はと言えばビンの首部分やナイフの背を使って演奏されてたギター奏法の必需品。
 今日ではこのようなカタチで奏法用のために市販品として売られている・・・なんて説明するほどのモンでもねぇか!
 以前に内田勘太郎氏のマネをして「カルピス」のびんで作ってみたが、まったく使いこなせなかった。
 そして市販品を色々と試してみたのだが、これもなかなか上手くいかない。
 結局、ウデが悪いってことが確実に分ってしまうはめになる・・・・。
 たぶん、達人たちはナニ使ってもちゃんと出来ちゃうんだろうな。

 それにしても、このスライド奏法ってやつ!
 なんと豊かな表現を奏でさせてくれるのだろう。
 奏法自体の考え方としてはもの凄く単純。オープン・チューニングも実に理にかなった発想だ。
 しかし、単純だからこそまた難しいのかもしれない。
 こんな奏法を考え出した人たちに畏敬の念を感じずにはいられないのだ。

 で、写真の一番左にある「バー」。
 これは水道管の補修に使うパイプらしい。ホーム・センターなどで発見したのだが、これが一番のお気に入り「ば~」。(内径に秘密あり!)
 でも、ちっとも上手くできないんですよぉ・・・・くっそ~!

|

« 12月8日・・・ | Main | 初恋の味カルピス・ボトル・ネック »

Comments

スライドって奥深いですよね~
スライドに限られる訳でもないですが(笑)
滑らす材質や肉厚,重さによっても表情変わりますよね~
そして何よりプレイヤー(滝汗)によって..
これにとりつかれて、永い事経ちますが、未だに素晴らしいフレーズやartistに出会った感動はたまらんもんがあります。
勘太郎さんのチャキシングスもたまりませんよね~
一回ぐらいは、近所の小さいハコでやってるんで、生でカルピス・スライド(笑)みとかんとと思ってる次第です。

Posted by: Yass | December 18, 2005 at 16:56

☆ Yass さん
そうなんですよね~、奥深すぎです!(笑)

僕もまだ「生カルピス・スライド」は見たことないんで、一度は見たいなと思ってますです。
憂歌団の頃はこっちの方にもよく来てくれてたんですけどね~
あんとき観ときゃ良かった×××!
て、死んだ人みたいに言っちゃイカンですね・・・あはは!

Posted by: ken-sann | December 18, 2005 at 21:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/7645202

Listed below are links to weblogs that reference Bottle Neck Bar:

« 12月8日・・・ | Main | 初恋の味カルピス・ボトル・ネック »