« October 2005 | Main | December 2005 »

November 2005

November 30, 2005

CDが触れない

 CDを無造作にケースから取り出すと、わし掴みにしてカーステレオのスロットに押し込むようにして挿入する。
 若い連中は何も無かったように流れ出すオトに身を躍らせてる・・・。
 もうこんな光景を何度見ただろう。
 「もうちょっと、丁寧に扱えよ!CD!」って、何回言おうと思ったか・・。

 自分が音楽を聞き始めた頃は、もちろんレコードの時代。 みんなが、少しでも「良い音」をと色々と工夫を凝らして奮闘していた時代だった。
 そんな中で、やはり音源媒体であるレコード盤自体への気の使いようったら、そりゃ結構神経質にもなった・・・でも無いかな?
 でも最低限の事として、クリーナーで清掃したり盤面には手を触れないようにはしていた。
 
 そしてCD時代・・・・、今でもCDの盤面には直接触れないのだ。
 ちょっとの汚れや指紋の跡ぐらいじゃ音質にゃぁ影響ないってのは分ってるけどさ、やっぱり触れないんですよ、これが。(でも読み込み不良の原因にもなるよね、汚れは!)
 真ん中に空いた穴に指を入れCDの外周に指の腹をあて、そっとトレイに乗せる。気分的にはターンテーブルにレコードを置く気持ち・・・? 間違ってもピカピカ光った盤面は持ちません!
 そして「PLAY」ボタンを押す。これは針を落す感覚か・・・??それにしては味気無いぞ!

Continue reading "CDが触れない"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2005

Tuner

   tu1

 うぐぐ、キー・チェーンに繋がれてるのはギター用のチューナー。
 こんな小さくても一応使える。
 底の部分にプラグを差し込むと電源が入る。あとはグリグリとペグを回して音を合わせれば良い・・・って事なのだが・・。
 どうして『E』なのか? 疑問だ!
 通常であれば『A』が楽器調律の基音になるはずなので、『A』だけあれば済むものと思うのだが・・・ん~、わからん!
 ま、あくまで「ギター用」と言うことなので、こうなったのかもしれない。つまり、『A』だと5弦一箇所でしか調整できないが『E』だと6弦と1弦の2箇所でできる?(これだけの理由なのか?) んなこたぁないよなぁ・・・、どうしてだろか??
 でもさ、『A』であっても問題なかったんじゃないかと思うけどね。用はどこか一箇所合わせられれば良いわけだからさ・・・ま、いいか。
 
 基本的には「チューナー」って、あまり好きになれない。平均率で割られた音で合わせても、ギターの場合コードによっては上手く響いてくれない事もあるからだ。もちろんギターの性格もあるしね。
 それより、音叉でチ~ンと440Hz合わせて、あとの弦は耳で合わせていった方が自分的にはシックリくるのだ。
 
 んで、このチューナー。 
 ちょっと使えるかも?っと思って手に入れたのだが、良く考えたらギター弾きに行くときゃ必ずチューナーか音叉は持っていくし、忘れても誰かに借りればその場はしのげる。
 キーに繋げておいても、ギター持ってなきゃ使う場面が無い。
 いったい何の必要があってキー・チェーンに繋げて持ち歩くのか解らない・・・。
 って事は・・・俺にはまったく必要無い!ってことじゃん!!

 あああ、、、ムダ使い・・・??

   tu2

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 19, 2005

365

 一日一歩
 三日で三歩
 三歩進んで二歩退る~っ

 なんのこっちゃ?!
 いや、365日過ぎました、ブログ初めてから・・・! と言っても、365回も書いてはないです。が、とにかく一年経ちました。
 このブログは「ココログ」でやってるんですけど、バックナンバーの表示が10ヶ月分しか表示されない仕様になってるみたいです。
 今頃気付くなっ!てんですが、ちょいと焦りました・・以前のはどこ行った~!てね。
 あ、「バックナンバー」って文字をクリックすると全てのバックナンバーが出てきました。「プロフィール」と同じようです。 あ~良かった・・汗。
 ま、そんな事ぁはどうでも良いんですが・・・。

 ん~、一年かぁ・・・長いようで短いですねぇ・・・。
 旅行を機に始めたこのブログ。旅行記が終わったら何も書かなくなってしまうんだろな~、なんて思いながら始めたのですが、意外にも続いてしまいました。
 とにかく面倒くさがりやの私が、どうにかこうにか一年間続いたのも『コメント』や『トラックバック』をして下さった皆様方のおかげだと思っております。
 そんな皆様方と数少ないアクセス者の方々へ、この場を借りてお礼申し上げます。
 「ありがとうございました!」
 それではまた、いつかどこかで会える日を・・さようなら~。
 ぢゃないぃ!

 「もう、いいかげんにしろ!」との声もありますが、
 すいません、もうちょっと続けてみようかな~、なんて思ってます。
 ので、これからも宜しくお願い致しまする・・・。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

November 16, 2005

Blues Land

Good Music!Good Price!シリーズ ブルース・ランド/ブルースの誕生

b_land なんと長ったらしいタイトルのDVD??
 以前VHSやLDで発売されてて、DVD化されたのは知っていたが、ちとお値段が・・・。
 しかぁし、今回廉価版DVDとして再発される・・・あ、もう売ってるんだな。でした。
 で、今回の「お安くなってますよ~」攻撃の情報を探ってみた。
 なになに、Amazonでは今まで3990円だったものが2940円・・・び、ビミョーだっ。1000円安くなったと言っても約3000円。
 デジタル・リマスター映像になってる訳じゃないし、ボーナス・トラックのオマケも無し。ちっ、半額くらいにしろよ!
 1500円だったら間違いなく購入ボタンを押してただろうに・・・??無理。

 ま、このビデオ映像は持ってるからいいか~。でも、ン年前に誰かにダビングして貰ったテープなので画質もいまいちになってきた。そう、たまには見たいしなぁ・・・。
  
 このビデオは当時けっこう話題になってたもんで(ウチらだけかな?)、サン・ハウスやブッカ・ホワイト、ロニー・ジョンソン、レッド・ベリー、Tボーン・ウォーカーらの動く映像を始めて見たのはこれだった。
 お~し、と言うわけで、久しぶりにこのテープを引っ張り出してきて見てみた・・。
 が、あり?
 自分では勝手にイメージが広がり過ぎてたのか?こんなもんだったかな?な~んかつまらいドキュメント・フィルムって感じのものだった。
 初めてみた映像に、当時は興奮し過大なイメージを残していたのかもしれない。

 演奏の映像が短いんだよな~、全部見たいのに! 
 でも、ブルース入門的なビデオとしては良い作品だと思います。
 と、言っとこう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2005

Scratch'n Twist

 やっと届いたCD!!

 Scratch 'N Twist / Wild Jimmy Spruill
 
wild 以前「 Cafesolog 」さんで紹介されてた、Y.N.のセッション・ミュージシャン(ギタリスト)の“ワイルド・ジミー・スプルーイル”さんのCD。
 興味津々の変てこギターを構えたジャケット写真につられ、購入ボタンを押したは良いがいつまで経っても送られて来ない!
 で、一ヶ月近くたって、忘れかけた頃にやっと届いたのでした、何でだろ?
 うひひっ、さっそく聞いてみました!
 ん~、さすが「WILD」と言うだけあって、かなり野性的?なソロなどなど、かなりソリッドな音色でせまりまくります。
 ソロ・プレイも良いことは良いのだが、この人の最大の持ち味はバッキング、つまり歌物の曲などで後ろに下がった時のプレイにあると見た!
 切れ味鋭く突っ込んでくるカッティングや単音で刻まれるフレーズなど、そのどれを取っても個性的なサウンドで興味を惹かれるのだ。タイトル通り『Scrach'n』(引っ掻く・削る)してるような音色・・実にワイルドなサウンドだっ。
 写真を見ると彼は指弾きで、サム・ピックと人差し指にフィンガー・ピックを装着している。主にこの二本の指でプレイしてると思われ、この辺りもあのサウンドの要因の一つになっているものと思われる。
 実際にプレイしてる姿を見たわけじゃ無いので確証は無いのだが・・・一度見てみたかったなぁ、彼のプレイ!どこかに映像でも残ってないのかなぁ・・?
 んでもって、最も気になるがジャケットに映し出されてる・・・ぎたぁ!

Continue reading "Scratch'n Twist"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 07, 2005

ばらばら

 リゾネイターがやってきた♪・・・ドブロ社製。
 多少問題あり!・・・で、ばらばらにしてみた。
 ん~。

   dobro1

 うん~。
 ギター弾くより、こんな事してる方が多いなぁ、最近。
 イカンな、これじゃ!
 と、己の性分を憾みつつも作業はすすむ。
 イカンな、これじゃ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 03, 2005

Wah ! Mod. 其の二

 基板とハンダゴテと格闘しながら、やっと完成いたしました“Cry Baby 改”。
 命名・「My Baby 」!・・・わはは。

 改良箇所は・・・。
 まず、ポット交換。こいつは定評のある「フルトーン」製に変更。これは良い、あきらかにトーン・カーブの違いが感じられ、操作感が良くなった。
 んで、次にコンデンサー(小さい方)をオリジナル同様アルミ・スチコンのに変えてみる・・・おっ、ペダルを踏み切ったトキのいやな高音が優しくなった!
 さらにトランジスターもオリジナル同等品へと変更。おおっ、なんか艶っぽくなってきた・・・全体的に優しい感じのトーンになってきたみたいだ。
 と、ひとつ部品を変えるたびにサウンド・チェックを繰り返しながら作業はさらに続いたのだ、あ~しんど。

Continue reading "Wah ! Mod. 其の二"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »