« Tuner | Main | Off Beat Cafe 2nd »

November 30, 2005

CDが触れない

 CDを無造作にケースから取り出すと、わし掴みにしてカーステレオのスロットに押し込むようにして挿入する。
 若い連中は何も無かったように流れ出すオトに身を躍らせてる・・・。
 もうこんな光景を何度見ただろう。
 「もうちょっと、丁寧に扱えよ!CD!」って、何回言おうと思ったか・・。

 自分が音楽を聞き始めた頃は、もちろんレコードの時代。 みんなが、少しでも「良い音」をと色々と工夫を凝らして奮闘していた時代だった。
 そんな中で、やはり音源媒体であるレコード盤自体への気の使いようったら、そりゃ結構神経質にもなった・・・でも無いかな?
 でも最低限の事として、クリーナーで清掃したり盤面には手を触れないようにはしていた。
 
 そしてCD時代・・・・、今でもCDの盤面には直接触れないのだ。
 ちょっとの汚れや指紋の跡ぐらいじゃ音質にゃぁ影響ないってのは分ってるけどさ、やっぱり触れないんですよ、これが。(でも読み込み不良の原因にもなるよね、汚れは!)
 真ん中に空いた穴に指を入れCDの外周に指の腹をあて、そっとトレイに乗せる。気分的にはターンテーブルにレコードを置く気持ち・・・? 間違ってもピカピカ光った盤面は持ちません!
 そして「PLAY」ボタンを押す。これは針を落す感覚か・・・??それにしては味気無いぞ!

 話はちょっとズレるが、当時のレコードの値段と今のCDの値段って大差無いんだよなぁ。
 自分が本格的にレコードを買い始めた中学生の頃にゃ、LP一枚が大体1800円から2500円くらいだった。何ヶ月かお小遣いためて、やっと一枚のレコードにありつけるって感じだったかな。
 んで、こんな物価が上がった現在でも、同じような値段でCDが手に入るってのはどーいう訳?
 中高生のお小遣いも当時とは比べ物にならない位上がっているはずだ。たぶん一ヶ月の小遣いでCD一~二枚買ってもお釣りがくるんじゃないか?
 てぇことは、物の価値自体が下がっちまったのか! きっとシングル盤買う感覚なんだろなぁ・・。
 そう思えば、昨今の少年たちの暴虐も納得いく・・・かな?

 ま、人の事を言えた義理ではない。
 気儘に買い込んだCD等で、殆ど聞いて無いものが結構あるのだった。 これこそCDへの暴虐なのかもしれない・・・。
 
 「もうちっと丁寧に扱えよ!」っと
 自分に言い聞かせつつ、夜は更ける・・・。

|

« Tuner | Main | Off Beat Cafe 2nd »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/7402750

Listed below are links to weblogs that reference CDが触れない:

« Tuner | Main | Off Beat Cafe 2nd »