« Gibson J-45 partⅡ | Main | 密西西比三角州藍調 »

September 30, 2005

Gibson J-45 PartⅢ

 改良計画 その1 < ブリッジ・サドルの交換 >

 とりあえず、牛骨製のサドルに交換終了。
 ちょっと材自体にムラがあったが、かまわず製作。(鳴りには影響ないでしょ)

   j_bri4
      ↑ コレを

     こうした ↓
   j_bri2
 
 写真じゃ「どこがどー変わったの?」って感じで、変化が良くわかんないなぁ・・・でも、けっこう大変なんだよねぇ・・・。
 なにしろ、四角い板状のホネから削り出して作るので時間がかかる。
 そして手作業でみがく、みがく。
 
 こんな小っちゃな部品なんだけど、これがまた大事なパーツなんですお。
 材質なんて「何でも変わらないんじゃ?」
 とも思うでしょうが、全然違います、材が違うと・・!
 やっぱ「象牙」が一番かな・・・。次がホネ。。だと思います。人骨?は使った事が無いんですけんど(笑)、今のところ牛骨がベストと思われます。
 トラとかライオンの骨ってのも使ってみたいな!どうやれば手に入るんだろ??
 ヤバっ、動物愛護団体から抗議がきそうだっ。
 
 で、音ですよね。
 変わりました、確実に。
 低音弦のコモリ感が解消できました。
 高音弦のキラキラ感が増しました。
 おし、あとちょっと弦高調整して終了としよう!

 次はナットを「ホネ」に交換だ。

 つづく・・・・

|

« Gibson J-45 partⅡ | Main | 密西西比三角州藍調 »

Comments

牛骨はどこで入手するのですか
楽器屋さんですか
牛骨スープのラーメンは食べたことあるんですが‥‥‥

Posted by: sasaki | September 30, 2005 at 05:29

らーめん屋では手に入らないと思いまふ。

アコースティック・ギターを取り扱ってる楽器屋なら置いてあると思いますよ。
いわゆる「Bone製」であれば殆どが牛骨だと思います。

スープで煮込まれてダシの抜けきった「ホネ」は使えませんので、お気を付けて!
あと、BSE感染してる「ホネ」には注意!?

netではココ↓で購入できます。
http://stewmac.com/

Posted by: ken-sann | September 30, 2005 at 21:39

そうですか
やっぱり楽器屋さんですね
わかりました
stewmac.com
ニッポン語ではないのであきらめました
情報おおきにべりまっち

Posted by: sasaki | October 01, 2005 at 17:40

いえいえ、たいしてお役に立てなくてスイマセンです。
で、例のL-00のを交換ですか?
充分ご承知のことと思いますが、材質だけでなくカタチでも音が変化しますので、いろいろ試してみてはいかがでしょうか?
ルアー等の作成より簡単だと思いますよ!きっとスんバラシいのが出来ることでしょう!

Posted by: ken-sann | October 02, 2005 at 01:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/6178957

Listed below are links to weblogs that reference Gibson J-45 PartⅢ:

« Gibson J-45 partⅡ | Main | 密西西比三角州藍調 »