« レフティ ④ | Main | スキャナー »

April 27, 2005

フェンダー プロ・リバーブ

 愛用のフェンダー・アンプが鳴らなくなった・・ぁぁ。
 70年代の「Fender Pro Reverb」。そ、シルバー・パネルのやつ。
 見た目は同じだが、ツイン・リヴァーブじゃないってのが“ 通 ”?だかどうだか分からんが、ツインよか出力が低いモデルなので、場合によっちゃぁ使いやすいと言える・・・ホントか?!

 んで、症状は・・・ビブラート・チャンネルのインプット1が死亡しているみたいだ。インプット2の方にプラグを差し込むと、ちゃんと音は出る。
 ん~、困ったぞっ。ノーマル・チャンネルはリヴァーブが使えないので、リヴァーブを使う俺としては、このままでは使い物にならない!このアンプっ!
 と言うわけで、「アンプ再生工場?Trouble Traveler」、出動しました・・。

 まずはアンプ部をキャビネットから引っ張り出す。真空管はちゃんと抜いておきましょう・・ぶつけて壊すおそれがあります。
 おぉ、出てきました心臓部!

Amp1

 いいねぇ、この年代のモノは基盤を使ってないボイント・トゥ・ポイントの配線だ。 しなったベーク板が哀愁を漂わせている・・?!
 
 音の出ない原因は、すぐに解決。
 イン1とイン2ジャックのリンク結線に問題があった。 ま、他は正常だったんだから、そこしかないよね。
 リンク結線って言ったって、端子と端子をハンダで止めてあるだけなので、ハンダが割れたらアウト!ってコトになっていたのだ。
 本来なら、リンク間にあるコンデンサーの足を利用して繋ぎ、ハンダ止めするようなのだが、足が短かったようで届いてない!
 んでも、直接くっ付いてちゃ無理がある。これじゃ、割れやすいよなぁ・・・まぁまぁまぁ・・・これがアメリカンなのですよ・・!?

 なので、再生は二度とハンダ割れしないようにと、端子間をワイアリングで結線。これで多少の衝撃にも耐えられる!?
 ついでに悪そうなハンダやヤバそうな配線等も補修して完了・・!
 でも、ちゃんと組付けて音を確認するまでは、まだ安心できないのだ。

 うひっ、オト出ましたよ・・ちゃんとね!
 ん~、フェンダーのチューブ・アンプっていいよね!
 できれば60年代のブラック・パネルも欲しいんだけど、高いしねぇ。
 まぁ、コイツもお気に入りのアンプなので、これからも長い付き合いになりそうだ・・・ね。

|

« レフティ ④ | Main | スキャナー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/3873718

Listed below are links to weblogs that reference フェンダー プロ・リバーブ:

« レフティ ④ | Main | スキャナー »