« テスコ < TEISCO > | Main | ロバート・ジョンソンが生きていた?? »

March 27, 2005

レフティ ③

 左利き用のピアノって・・・在ったんだ!
 つまり左側に行くほど高い音が出て、右側に行くほど低い音になるってモノ。
 何となく検索してたら見つかったんだよね、これが。
http://www.lefthandedpiano.co.uk/ 
 ん~、知らなかった、こんなモン作った人がいたなんて。

でもさ、コレって買う人いるのかなぁ? ものスゴ~くキワモノじゃん!
 で、このピアノを作った人のHPを見てみると、開発秘話みたいな話が書いてあった・・。
 英語なので詳しくは分からない・・っていうか、読むのも面倒くさいし・・分かるとこだけ眺めてたら・・・。
 んんっ!
 「利き手でメロディ・ラインを弾かないとイカン!」みたいな事が書いてあった。
 ちょっとデフォルメし過ぎたが、要するに「多くの曲では微妙なタッチを必要とするメロディ・ラインは右手のポジションであるため、左利きには都合がよろしくない」ってコトで左利き有利のピアノ・レフティ・モデルを考案したらしい。

 な、なんかヘンだぞ・・・。
 ってぇ事は、ベース・ラインや和音などの左手のポジションには微妙なタッチは必要ないってコトか!?
 そんな事ぁ無いだろっ! 各ポジションではそれぞれの技術が必要なはずだぞ・・。
 これは、自分が上手くならないのを楽器のせいにしようとしてるようなモンだ!

 ピアノやギター、その他両手を使う楽器はそれぞれの手に必要なテクニックがなければ上手く弾けないと思う。
 もうこれは、右利き左利きと言うレベルの問題ではない。
 それぞれの手に足に、それぞれの奏法を覚えてもらうしかないのだ!

 という訳で、やっぱり楽器は正規のカタチの物を使うのが正しいミュージシャンなのだ・・・かな?!

 ちょっと小耳に挟んだ情報・・。
 バイオリンという楽器は、左利きだからって反対に構えても弦を逆に張ることはできないそうだ。
 これは構造上の問題で、力木とか魂柱の関係で弦を逆に(太い弦と細い弦の位置を変える)張るとヤバイ事になるらしい。
 どうしても逆ポジションで弾きたい人は、特注するしかないのだ。

 左利きの友人3名、ギター弾きとベース・マン。
 内、正ポジションで弾くのは2名。逆ポジションで弾くのは1名。
 内、クラシック系1名、ロック系2名。
 彼らはちゃんと弾けてます・・・上手いです。

 どっちでも良いんだけどネ、ホントは!

|

« テスコ < TEISCO > | Main | ロバート・ジョンソンが生きていた?? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/3452213

Listed below are links to weblogs that reference レフティ ③:

« テスコ < TEISCO > | Main | ロバート・ジョンソンが生きていた?? »