« カセット・テープ | Main | Lefty・・レフティ ① »

February 23, 2005

BBキング ライヴ!

< 魅惑の?ライブ盤シリーズ その3 >

 ネタが尽ると始まるこのシリーズ?!
 御大BBキングの登場となりまぁす・・!

 BBキングのライヴ盤と言えば「 Live at The Regal 」が最も名盤として名が通っているし、他にも「 Live at The APOLLO 」等何枚もリリースされている・・・。
 が、このアルバムは他とはちょっと訳が違うのだった・・そう、録音された場所は“ Jail ”つまり刑務所なのだ!

 BB King "Live in Cook County Jail "

  bbking_live_cook1

 1970年、シカゴの悪名高き「クック・カウンティ刑務所」での慰問ライヴは、大人しい口調の女性MCから始まる。(この辺が、もう他のライヴとは全く趣を異にする)
 そして紹介された裁判官等への強烈なブーイングが、なぜか会場の雰囲気を盛り上げ、そのままライヴへ突入するのである。
 とにかく、聴衆の殆どが囚人たちである・・それもかなり重症の犯罪者たち! 現場の雰囲気はかなりの緊張感だったのではないか?
 裏ジャケでは、野外ステージで演奏するBBキングと地べたに座って聞き入る囚人オーディアンスの写真が、当日の雰囲気を伝えている。

 1970年って、日本では大阪で万博があった年だ。 三浪春夫が♪こんにっちは~、こんにちは~♪って歌ってたな・・・。 岡本太郎が大阪で爆発?してるとき、シカゴではBBキングが大爆発してたってぇ訳だ!
 
 で、演奏の方は・・・かなり良い!
 ギターの音がリアルなんだよネ、なぜか! ん、でかいよ、ギターの音が・・。 ビブラートのニュアンスなんかもバッチリ聞こえてくる。
 囚人たちを前にビビって、いつもより震えているのか?! んなこたぁ無いか!
 ボーカルもノってるし、も、最高のライブだ。
 こんなライヴをタダで観れたなんて、多少の服役なんて差し引いてもお釣りが来る?!
 
 ちなみに、ジャケット写真のBBキングの顔!
 けっこう気に入ってます・・!

|

« カセット・テープ | Main | Lefty・・レフティ ① »

Comments

今日タワレコでこのアルバムみつけたんすけど、確かにかなり良いっすね。司会のねえちゃんの白々しさがまたなんとも。
 Worr, Worryで、B.B.の"i say ladies love to hear men's 'baby i love you' ,don't you ladies?"との問いに”Yeah”と応じる女性が結構いたりして、これは一体誰なんだろうとか思いました。女看守とか例の司会のねえちゃんだったりしないよな、などなど。思うところたっぷりのアルバムであります。

Posted by: toccio | February 26, 2005 at 04:28

toccioさん、コメントありがとうございます。

確かに、あの女性たちの声はどういうスジの人たちなんでしょ?
映像でも残ってればね、良かったのに・・。

同じCDを聞いて同じように“良い”って思ってくれる人が居てくれた事が、かなり嬉しいでっす!


Posted by: ken-sann | February 26, 2005 at 23:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63833/3040805

Listed below are links to weblogs that reference BBキング ライヴ!:

» スーザン・ヘイワードの私は死にたくない! I Want to Live! [Audio-Visual Trivia for Movie & Music]
I Want to Live! スーザン・ヘイワードが主演する、処刑されるまで無罪を主張した女性死刑囚の実話映画 [Read More]

Tracked on March 05, 2005 at 09:48

» BB KINGのライヴを観に行って来た! [アベカスの《ニューヨーク直行便!》]
昨夜はBB Kingのライヴショーに行ってきた。 場所は、42丁目タイムズスクエア近くのライヴハウス、その名も「BB King」。 (さすがだよね、自分の名が付いたライヴハウスがあるなんて) BB Kingといえば、福岡時代、出版社で音楽ページを担当していた私は ブルーノート福岡で行われたショーを一度観ている。 この時点で結構なご高齢なので、一緒に行った同僚らと「(インターナショナルな長旅もそうそうできないだろう... [Read More]

Tracked on June 15, 2005 at 06:50

« カセット・テープ | Main | Lefty・・レフティ ① »