« January 2005 | Main | March 2005 »

February 2005

February 23, 2005

BBキング ライヴ!

< 魅惑の?ライブ盤シリーズ その3 >

 ネタが尽ると始まるこのシリーズ?!
 御大BBキングの登場となりまぁす・・!

 BBキングのライヴ盤と言えば「 Live at The Regal 」が最も名盤として名が通っているし、他にも「 Live at The APOLLO 」等何枚もリリースされている・・・。
 が、このアルバムは他とはちょっと訳が違うのだった・・そう、録音された場所は“ Jail ”つまり刑務所なのだ!

 BB King "Live in Cook County Jail "

  bbking_live_cook1

Continue reading "BBキング ライヴ!"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

February 16, 2005

カセット・テープ

 おぉ、そうだったの・・・!
 そんな裏事情があったんだぁ・・・。
 ちょっと感動?してしまいましたよ。

 今日、プロジェクトXってNHKの番組で、TDKのカセット・テープ開発秘話みたいなコトを放送していた。
 悲しいかな、もう姿を消しつつある「カセット・テープ」。
 思えば随分とお世話になったもんです・・。

 レコードなんか頻繁に変えなかった頃は、友達どうしで借り合って録音してたっけナ・・カセット・テープに・・。
 音楽用カセット・テープが在ったから、ウォーク・マンが出来たようなもんだしね。
 街なかで、電車の中で、車の中でも、好きな音楽が聴けることの嬉しさを知ったのもカセット・テープのおかげだったのだ・・・たぶん。
 やばっ、歳がバレる・・・!?
 
 走る車の中でレコードは聴けないもんねぇ・・。うむ、そう考えるとCDは物凄い事をやってのけてるのだ。
 MDも凄いよね、音がイマイチって言ったって車の中や電車じゃ、まったく問題無いしサ。 音を気にする方がおかしいよ。 カセット・テープ時代を思い出せってんだ!

 伸びるし・・絡まるし・・劣化するし・・。
 あ~、夏場の車内でケースごと変形していたカセット・テープが懐かしい!?

 でもやっぱ、アナログは良いよね。
 何かデジタルは聞いてて疲れるヨ、ホントに。
 特に音楽(楽器等)には不必要な音なんて無いんだから、聞こえないからと言ったってデジタルでカットしてはイカン!
 
 久しぶりにレコードでも聞こうかなっ・・・今宵は・・。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

February 13, 2005

プレシジョン・ベース ③

プレベ 再生状況 ③

 こ、このベース・・。
 フレットレスのくせしやがって、と言うか、フレットレスっぽさを残しつつもブリブリいってくれる!

 そうです・・スタジオに行って、大きなアンプで音出してきました!

pre_pickup2

 うぅむ、何がどう間違ったのか?期待以上にブリブリのプレベ・サウンドを出してくれるのだった。
 ま、フレットレス仕様にしちゃったからね、もうちょっと大人しくても良かったんだけど・・彼は許しちゃぁくれなかった!
 こ、こんなに立派になりやがって・・直した甲斐があるってぇモンだ・・くくっ。
 今まで、フレットレスと言えばジャズ・ベースくらいしか弾いた事が無かったからね、余計にブリブリを感じちゃうのかも知れない。
 やっぱ、プレベはプレベ。どんな仕様になろうとも自己主張しちゃうんだろうナ・・。
 けっこう気に入っちゃいました。

 しかしこのオトは・・一体・・どんな音楽に合うのだろう?
 いや、逆に何にでも合うかも知れないぞっっっ。
 実に将来が楽しみなベースの誕生なのだ! あぁ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2005

プレシジョン・ベース ②

プレシジョン・ベース 再生状況 ②
 さてさて、このプレベ。
 ネック関係はどうにかなったが次の問題がピックアップだった。
 このベースに付いていたのはアクティブ・ピックアップの「EMG」! 個人的にはダメなんだよね~、こういうヤツは・・。
 まぁね、音も悪くはないし、なんと言ってもノイズが少ない。でもね、「ノイズもギターの音のウチ」って思ってるくらいだからサ、この何となく整った感じの音がどうしても好きになれないのだ。
 ましてや“ プレベ ”だぜっ! ワイルドな音してなきゃぁ“ プレベ ”じゃない!
 ボディの中に乾電池を入れてるってのがさらに許せない! なんかエフェクターでも内蔵してるみたいでサ、男らしくないぞっ! それに、電池が切れたらダメじゃん!

Continue reading "プレシジョン・ベース ②"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2005

プレシジョン・ベース

prebass1
 なぜだかウチには変なギターたちが集まってくる気がする・・。
 別に探している訳でもないし、「くれっ!」って言ってる訳でもないけど、なぜだか彼らはやって来るのだ。
 とにかく、使わなくなった物や壊れたシロモノなど「どうにかしてくれ~!」って具合のものが多い・・。
 ま、見るに見かねて持って帰って来るってのが実情なのであるが・・。でも、ヘンだ。 んで、このプレシジョン・ベースも、ある日ウチにやってきた。
 このベース、あきらかにフェンダー社製の物ではないし、状態もイマイチだったが何となく気に入ってしまった・・・ので“ギター再生工場「Trouble Traveler」?”の出動と相成ったのだ・・ジャーン!?

Continue reading "プレシジョン・ベース"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2005

ロイ・ブキャナン

< 魅惑のライヴ盤シリーズ!? #2 >
 ちょっとテレキャスターつながりでライヴ盤を・・。
 久々にテレキャスターを弾いてたら、思い出した人がいた・・そう、あのテレ名人ロイ・ブキャナンさんを・・。

< Roy Buchanan "Live Stock" >

 と言うことで、彼のCDと言えば真っ先に思い浮かぶのがコレ、このライヴ・アルバムだっ。
 1974年にニューヨークのタウン・ホールってとこで録音されたこの名盤。
 世間から、すっかり忘れ去られた感があるが、テレキャスター弾きにとっては一家に一枚?のブツである。

roy_b

Continue reading "ロイ・ブキャナン"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2005

テレキャスター #2

フェンダー・テレキャスター 再生状況 その2

tele_studio1 さてと、ピックアップの装着は無事に済んだのだが、こんどはポット関係がヤバイって事になってきた。
 ポットって言うのは、ボリューム調整するときクルクル廻すとこです。日本語で言うと「可変抵抗器」って言うのだそうだ。
 ま、そんなこたぁどうでも良いんだが、奇跡的に残ってた唯一のオリジナル電気パーツ“ナイロン・シャフトのポット”一個も相当ガリってたので、この辺も総交換となってしまった。

Continue reading "テレキャスター #2"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »