« November 2004 | Main | January 2005 »

December 2004

December 29, 2004

今年の時間

 もう、今年もあと少しで終わってしまう。
 年々一年を短く感じるようになってきた・・、これは地球の自転スピードが速くなってるのか?! きっとそうだ!俺の感覚のせいじゃない!
 一年一年の時間が以前より短くなるってぇ事だから、歳の取りかたも変わってくる。だから平均寿命も延びてきてるんだ、きっと。
 あっという間に一年が過ぎると言うことは、あっと言う間に桜が散り、あっと言う間に猛暑が終わり、あっと言う間に枯葉は積もり、あっと言う間にお正月。 と、なってしまう。 四季の風情を楽しむ時間が無くなる・・?
 いや、四季なんて無くなってしまうかも知れないのだ?! 
 な~んてコトは無いよね!

●コメントさんたちへ
 ん~、ギャンブル欄ね、確かにそれもありですね。
 競馬、競輪、オートレース・・・などなど、そうなると一般紙では記事が多くなり過ぎてちょっと無理っぽいですね~。
んで、totoもやっぱりギャンブル? ロト6とか宝くじもギャンブルっぽい気がしてきた・・。
 
 お問い合わせ?の写真。
 「 Highway 61 」
 上記バックナンバー記事中の「 “ツーリスト・インフォのオネェちゃん”の写真が見たい 」ってリクエストがありましたが、すいません・・撮ってないです。
 その他にも「もっと写真が見たい」リクエストがありますが・・・機会があれば又、掲載したいと思ってます。とりあえず、予定ナシですけど・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2004

買ったのに・・。

 やっぱり・・ダメだった。「デルタ・ブルース」よ! どこの生まれだかぁ知らねぇが、そんな名前しやがって、ミシシッピィのブルース・マンたちに申し訳ないと思いなさーい!
 ったく、誰が名前をつけたんだ! つい買ってしまうじゃないかぁ・・・! まぁ、いいんだけどね、そんなに買ってないから・・。
 そういえば、ちょっと気になったんだけど・・。競馬ってスポーツなの? 新聞では間違いなくスポーツ欄に載ってるし、ウェブサイト等でもスポーツ関係の項に入っている事が多い。何でだ?
 オレ的には、スポーツとは人間がカラダ動かして、勝負して、初めてスポーツと呼ばれるようになる、と思うのだが。 (語源はどうだか知らないが)
 たしかに騎手は人間だ、だけど彼らが走る訳じゃない。騎手だって大変なのは分かるが、ちょっとスポーツって言葉を使うのには抵抗があるのだ。 まぁ、馬のスポーツって事なのかなぁ・・、でもちょっと変な感じだ。
 でも、スポーツ欄以外に競馬を載せる項目が他に無いよね。だから、しょうがなくスポーツなんだ、たぶん。
 うむっ、そうだ。人が操る自動車レースは「モーター・スポーツ」ってカテゴリーなのだから、同じく人が操る競馬は「ホース・スポーツ」ってカテゴリーにすりゃ良いんだ。
 でも、語呂がわるいね!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 26, 2004

デルタ・ブルース

 「デルタ・ブルース買わないの?」って聞かれた・・・友人に。
 何のことかと思ったら、有馬記念の出走馬の名前だった。ミシシッピィに行っていた事を知っていた彼は、きっと興味があると思ったんだろう。
 でもね、競馬ってほとんどやったことが無いんだよねぇ・・。違うな・・馬券を買ったことが、ほとんど無い・・。
 だが、こんな名前を聞いて黙って引き下がる訳には行かない。 名前の由来は分からないが、デルタ帰りの俺としては買わずにはおけないのだ!?
 そして、買うからには一山当てたい!?とヨコシマな考えが頭に浮かんでくるのであった。
 しかし、競馬の事はまったくと言っていいほど分からない。とりあえずスポーツ新聞を見ながら作戦を練るが、理解できない情報が入ってきてしまい余計わからなくなってきた。 詳しい友人に電話して聞いてみるが、彼の情報もまた混乱を招くだけになってきた。
 いろいろな考え方や買い方があるんだな~、けっこう“深い”かも・・。
 結局、新聞の情報も何もかも白紙に戻し、何も考えずに“名前”で買うことにした。もちろん、「デルタ・ブルース」絡みでね!
 さあ、あとは運を“ Mojo ”にまかせて祈るだけだ! たのむぜ「デルタ・ブルース」!ミシシッピィ・デルタ・ブルースマンの名を汚さぬように走るのだっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2004

ガンボ

 まだ片付いてない・・そう、帰ってきて一ヶ月近く経つというのに、スーツケースの中や部屋には貰ってきたパンフレットや地図、旅行グッズなどが産卵、いや散乱しているのだ。
 もうそろそろ、片付けないとヤバイかな・・よし、今日・・やろう・・と思う。

 で、ハンバーガー以外で今回食したモノは・・・。
 まずはナマズ、鯰とも書くらしい。マーク・トウェインの冒険小説でトム・ソーヤーやハックルベリィ・フィンが食べていたやつ。
 そう、ミシシッピー川流域での物語だったので、当時からこの辺りでもポピュラーな食べ物だったのだろう。(彼らは、もうちょっと北のミズーリ州で冒険してた)
 メンフィスやミシシッピー州では「 Cat fish 」のメニューは良く見かけた。ホントに多かったのだ。
 ロバート・ジョンソンやミシシッピー・ジョン・ハートたちのブルースマンも、このナマズを食べていたんだろうか?

Continue reading "ガンボ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 18, 2004

ハンバーガー

 先日、友人に聞かれた。
 「向こうに(アメリカ)いる時って、なに食ってるの?」って。それも嫌そーな顔をして。
 しかし、なに食ってるのって言われてもさぁ・・・。
 「ハンバーガー!」って答えて・・・友人は「げげっ」って顔してたけど、ハンバーガーばかり食ってたわけじゃぁナイよ!
 聞くところによると、どーやら彼がアメリカに行ったとき食べ物が口に合わなかったらしいのだ(なに食ったか知らんが・・)。
 幸か不幸か、俺はほとんど好き嫌いがない。昆虫料理以外は大体おいしく頂けるのだ。と言うか、食ったこと無いモノは、食ってみたくなる性分らしいので、とりあえず口にしてみることになってる。

Continue reading "ハンバーガー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2004

ハイウェイのレスト・エリア

 もうすっかり元の状態、生活ペースに戻っている。 で、やっぱり予想通りWeblog更新は滞っているのだ。スイィマセン。
 でも、渡米ネタがもうちょっとあるので、今月一杯くらいはこのネタで何とか乗り切ろうかと画策しているのである・・? でも、どれだけイケるか分からない・・。

miss_border
 
 今回の走行距離、約1,000マイル。1,000マイルまでは確認してたのだが、返す時にメーター見るのを忘れたので正確には分からない・・でも1,000マイル以上だって事は確かなのだ。
 1,000マイルってことは1,600キロ。相変わらずマイルってのがどうもピンとこないでいるので、キロに換算して初めて納得できるってのはやはりしょーが無いのか?

Continue reading "ハイウェイのレスト・エリア"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2004

時差ボケ~

 やっと時差ボケも解消してきた・・・歳と共に時差ボケ解消スピードが鈍ってきてるような気がする、うーむっ。
 でも、まだジジイのように早朝に眼が覚めてしまうのだ。ま、一日を有効に使えるって思えばいいか!(ぜんっぜん有効に使ってない!)
 アメリカから、びゅっと飛んで10数時間、その間にも地球は回ってる。着いてみると、そこはもう次の日になっているのだ。午前中に出発して、飛行機乗って、次の日の夕方に日本に着く・・・飛行時間を計算して、時差をかんがえてぇ・・なんて言ってると頭がこんがらがって来るのだ。これじゃやっぱり体も混乱するでしょう。

Continue reading "時差ボケ~"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 03, 2004

The Sky is Crying

 なんか、ミシシッピィに入ってからはお墓参りばっかりしてたような気がする・・まぁそれもしょうがないか・・・。観光するような場所は少ないし、シーズンでもない。
 でも、この辺りには、その時代の精鋭ブルースマンたちが、いかに多かったかって事の証拠でもある。てぇか、この辺りにしか居なかったのかな?
 しかし、ずいぶん悪いシーズンに来てしまったらしい。シーズンと言うか、間が悪かったと言うのか・・・。 とにかく、ミシシッピィに来た時から雨。そして南部地域一帯に大雨・洪水・暴風・雷警報が出てしまい、モーテルから出られず! ついにはトルネード注意報まで発令されてしまったのだ!

Continue reading "The Sky is Crying"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2004

Charley Patton のお墓

 おっとっと・・、日本に帰ってきてしまったのだが、もうちょっとハナシを続けさせてもらいまっす! んー、ちょっと新鮮味に欠けるかな?
 まず、もういっちょ。行ってきたのはチャーリー・パットン様のお墓参り! この人は、サン・ハウスと共にローバート・ジョンソンたちの師匠と言われるカントリー・ブルースのシンガー、ギター・プレイヤーなのである。だからして・・近くにあるのなら、行かねばならぬ、のであった。

Continue reading "Charley Patton のお墓"

| | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »