August 12, 2016

Conversation with the Blues

 邦題 : ブルースと話し込む

 泣く大人も黙るポール・オリバー氏の1965年の著書。
 新邦訳版が再販となったので、さっそく。。。
 ルーツ系の音楽史本などは、手に入る限り目を通すようにしているが、これはまだだった。

 Conversation_blues

 なかなか翻訳本が無かったりするんですよね。
 出版されてもすぐに絶版になったり。
 手に入るうちに買っとかなきゃ(笑)
 
 これは、まぁイタンビュー集ですね、ブルースマンたちの。
 でも、今となっては大変貴重なお言葉が・・・当時はご存命だったブルーズマンの方々。
 まー良くこれだけ話し込んできたもんです、感心します。

 信頼を寄せる某ブログでも話題になって?ましたが、ブルースマンたちの喋りが、なぜか方言が多い、と。
 Cafesolog
 いや、マンス・リプスカムのとこか?
 
 でも、こういう翻訳って、そこが面白みでもある。
 たしかに読みづらい部分はあったけど(笑)
 
 たまに自分でも英語の歌詞を和訳してみるんですよ。
 そのときに思うのは、作った人や歌ってる人の事・・・。
 たとえば ” I ” (私)をどう訳すか。
 もちろん女性と男性では違うし、年齢のこともある。
 この人ぁ「ボク」とは言わないよなぁ、やっぱ「俺」か?
 「わたくし」じゃ語呂が悪いし、「あたし」? 「おら」? 「拙者」はないよなー。
 とかね、見た目とか、色んな情報による人柄、そして出身地など・・・。
 
 あ、あと思い出したけど、昔「コンバット」ってアメリカの戦争モノTVドラマ。
 あれの登場人物、出身地によって訛りがあった。
 これが秀逸で、ほんとに違和感無く楽しめた。
 口の動きにも合わせなくちゃならないでしょ? よく考えられて翻訳されてました。 
 訳者はきっと大変だったろうなぁ。 いやきっとスゴイ人に違いない。

 あれ?
 話がずれた?
 でもま、気になってた本だったので、面白かったです。
 あー、まだ読みたいのがあるんだよなぁ。。。
 


| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 10, 2016

まつり

 昨晩、夏祭りだった。
 ここに来てから、初めて地元の夏祭りってぇのに行った。
 思った以上の人出だ。
 神輿が威勢よく繰り出してる。
 老若男女、楽しそうだった。

 Matsuri

 
 今朝、選挙の投票に行った。
 初めてではないが、近所の小学校にある投票場へ到着。
 思った以上、人がいなかった。
 投票箱が寂しそうに佇んでる。
 係りの人は暇そうだった。

 
 昨日のまつりには、道に溢れんばかりの人が来ていたのに。
 半分は子供だとしても、半分は大人だったはずだ。
 
 そして今日も まつり は続く。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 04, 2016

Effects

 性懲りもなく、またやってみた。
 といっても、以前にやったときから、ずいぶんと経っているが。

 たまたま手に入れた古い「Cry Baby」、おなじみのペダル・エフェクトであった。
 んでも、ちょっと、なんだか、気に入らない。

 手持ちのコンデンサーやら、キャパシタ、抵抗など探してみたら、なんとかイケそうな!
 で、ちまたで言われる「モデファイ」・・・ま、つまり改造した。

 Wah

 ん~、なかなか良い具合にワウってきました。
 いいね。
 茶色い Fasel のインダクターって、初めて見たなぁ。
 でもま、いつもの感じになったのでヨシ!です。

 まぁ思うんですけどね。
 この”音”ってヤツですか?

 ワウにしろ他のエフェクトだったり、ギターのピックアップだったり。
 交換しても、概ねお客さんには気づいてもらえない。
 へたすりゃバンド・メンバーだって気づかなかったり・・・。

 そんなモンなんですよ。
 それでもイイんですよ。

 あくまで弾き手側の問題なんです。
 ちょっとした変化、これが大事だったりするんです。

 たとえば、エフェクトだったら、ほんの少しの抜けの良さ、だったり。
 ちょっとだけ増えた低音、倍音成分、だったり。
 ワウ・ペダルの踏み代の加減だったり。

 たとえば、楽器本体だったら、アタックの立ち上がりだったり。
 減衰の仕方だったり。
 タッチ、ピッキングのニュアンスだったり。

 もうこれは、弾いてる本人しか判断できない変化なんです。
 でも、キモチ良く弾くためには、これが非常に大事なことなんですよね。

 気持ちよく弾けてれば、ミスも少なくなるし、ミスもミスで無くなる場合もある。
 アドリブなどでは、思いもよらない展開にいってしまう事もある。
 弾きながらも、色々と刺激を受けちゃうわけなんです。

 たぶん、聴いてる人には、以前と変わらぬ音だったりするわけで(笑)
 判ってくれるのは、そういう経験をしたことがある、自身も弾き手の人くらいかな?
 
 んでも、いいんです。
 少しづつ、自分のオトができれば良いなと思うわけです、ハイ。

 それでは
 ごきげんよう。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

May 29, 2016

電気

 東京の気象条件が思わしくなく、関西空港から舞い上がったときは定刻から2時間ちかくディレイしていた。
 ちょうど夕刻の時間帯だと思っていたが、おかげで大阪上空はすっかり夜の明かりが瞬く景色に。
 不幸中の幸いと言うか、美しい夜の大阪上空を見ることができた。
 
 Osaka

 うっわー、光ってるな~!
 どんんだけ電気を使ってるんだろ?
 いいやいや、東京はもっとすごいな・・・。
 これじゃいくら発電したって、すぐに足りなくなるんだろうな(笑)
 しかしこんなに電気を使っても停電などが起きない日本て、やっぱスゴイんだろうか?

 ちょっと過剰な使い方してる気もするな。
 発電システムがどうのこうの以前に、もうちょっと使い方を考えた方がいいんじゃないか?
 需要自体が減ることになれば、当然ながら供給側も過剰にならないようにバランスをとることになる。
 必要以上の発電システムも不要になるハズである。。。か?
 とにかく、後処理もまともに出来ない危険極まりない発電所などは、即刻停止したほうが良い。

 今の世の中、電気がないと、確かに不便だが。
 たまには停電したって良いかな? なんても思う、今日この頃である。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 31, 2015

 大晦日である。
 そう、一年の節目、〆、365日目なのである。
 今日で一区切りになる。
 うむ、考えてみればコレがないと、相当ツライな。
 つまり、太陽暦でも太陰暦でもいいが、暦が無いとなると、ただ日時がづーっと続くだけになってしまうわけだ。
 とりとめもない一日一日の連続。
 こりゃ、拷問に近い。
 一週間があって、ひと月がある。
 ひと月があって、一年がある。
 ながーい人生にあって、この区切りは結構大切なものだ。
 生まれてから何ヶ月経った?
 何年生きてきた?
 余命○ヶ月です。。
 とか、ちょっとした指針にもなる。
 歳とは関係ない経験を積み重ねた年月。
 ボクにはまだその年月が、薄い積み重ねでしかない。
 さて、新しい積み重ねを始める節目なのだ。

 なーんて、大晦日ってるのであります。。

 みなさま、良いお年をお迎え下さい。

 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 07, 2015

Match Box Blues

 Match


 その喫茶店に入ると、三階の部屋に案内された。
 すこし古びた哀愁あるテーブルに着き、アイス珈琲を注文する。
 水出しの珈琲だ。
 友人はツウなので梅酒で割る珈琲を注文してる。
 そしてとにかく、煙草に火を点ける。
 ちょうど一本吸い終った頃に、感じの良いウエイトレスのお姉さんが珈琲をもってやってきた。
 そういえば、さっき階段を登ってるときにすれ違ったな。
 友人は『やぁ、久しぶり・・・・。』なんて、気軽に声をかけてた、あの娘だ。
 本当に以前会った事があるのか怪しいものだが・・・(笑)
 いやしかし、彼女のほうも少し憶えがあったらしく、いや思い出そうとして、と言った感じで珈琲を置いたあとボクらに話しかけてきた。
 友人と彼女は、他愛も無い話だが楽しそうに話してる。
 ボクは煙草の煙をゆっくり吐き出しながら、黙ってそのやり取りを聴いている。
 以前に会ったことが確認できたようなので、彼女は安心して仕事に戻っていった。
 友人も嬉しそうにし、また梅酒の入った珈琲をすすり、煙草に火を灯す。
 ほどなくして、また彼女が階段を駆け上がってやってきた。
 そしてボクらのテーブルに近づくと
 「マッチ、、、使いますか?」
 といって、二人にマッチを手渡してくれた。
 ま、マッチ?
 それは、懐かしい匂いが感じられるデザインのお店のマッチだった。
 そうだよね、かつては何処のお店でも意匠を凝らしたマッチを持っていたものだ。
 「さんきゅう べりー マッチ」
 と言ったかどうかは想像にまかせるが、ボクらはありがたくそのマッチをいただいた。
 実に気の利いた良い娘だった。
 
 昔ながらの喫茶店。
 外資系やらナンやらのコーヒー・ショップばかりが増えてしまって、こういう店が減ってしまったなぁ。
 今日はマッチで煙草に火を点ける。。
  
 浅草の老舗喫茶店にて、つい最近の出来事であった。。。



 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 23, 2015

Machine Head

 Machine Head (マシーン・ヘッド)
 主にギターなどのヘッド部、チューニング・ギアなどの事を指す。
 この部分は調律の精度だけでなく、その材質、重さなどにより音質への影響も多大である。
 そしてなりより、見た目のカッコ良さが一番のメンタル的効果で、演奏に大きな変化をもたらすものである(笑)

 そうなのだ、確かに良くも悪くも音の感じは変わる。
 が、それよりもね、ほら、やっぱ、見えるとこじゃん。
 好みもあるけどさ、安っぽいチューナーより、ちゃんとしたヤツに交換すると、気分が良いのですよ。
 で、コイツ。。
 元々はGrover社製のロトマチック・タイプが付いてたんです。
 これ、ちょっと重いんですよ。
 自分好みとしては、ヘッド側は軽くしたい。。。
 たしかに、それはそれで悪くないんですけどねぇ。
 そんで、Grover のオープンバックがたまたま手に入ったんで、さっそく交換。
 いや実はその前にクルーソンを付けたんですが、やっぱこのオープンが、、、良いぃっ。

 Grover

 ね、やっぱカッコイイ。
 あ、ギターはTaylorのアコースティックです。

 重いペグと軽いペグ。
 それぞれ特徴があって、一概にはどちらがベスト!とは言えませんよね。
 まぁ、好みですか?
 あとは弾き手が特徴を上手く生かして弾くだけです。。。
 んが、これが・・・・(汗)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 25, 2015

ブログ

 ふと気づいたら、このブログを始めて10年以上経っていた。
 Archives をクリックすると、ズラズラっと過去の記録が現れた。。
 あららぁ、November 2004 が初投稿か。
 なるほどね。。
 自分で書いたものを改めて読んでみるのも面白いもんですね。
 けっこうくだらない事も投稿してるなぁ(笑)
 でもまぁ俺にしちゃぁマメに書いてる気がする。
 ここ何年かは、年に数回しか投稿してないアリ様なので・・・。
 というか、Facebook もやっちゃってるからなぁ。
 そっちへの投稿も多くなってるのは確かだ。
 まぁ、とりあえず生かしておきますか?
 
 あ、そうそう、色んな方々からのコメントも嬉しかったなぁ。
 いや、別に閉めるわけじゃないし!
 気まぐれに投稿すると思いますので、気まぐれに訪れた皆様。
 気まぐれにコメント等を入れてくれると嬉しいです。
 ではでは。


 20150705_14_31_28


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«夏まつり